掲示板
投稿は会員のみ。画像をクリックすると拡大されます。
| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 |
お名前
メール
タイトル
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

雪谷旅人の旅ブログ 「チロルからドロミテへ」 雪谷旅人 投稿日:2018年09月19日 14:58:10 No.137 【返信】

雪谷旅人の旅ブログ「チロルからドロミテへ」をアップしました。
http://www.currentec.jp/Blog/Tirol/contents_html/Tirol_00.html

「旅だより」の記事に現地情報などを追加しました。





Re:「チロル+ドロミテ」の旅 ゆい 投稿日:2018年09月18日 23:22:16 No.136 【返信】

前半後半通してご参加の皆様お疲れ様でした。

 最近は軽いハイキング程度でしたので、一体どうなることかと心配しましたが、
ケーブルカーやロープウェイも使い、前半のみでしたが何とか2000m以上の山に
登って絶景や氷河も、景色を楽しむ事ができました。ドロミテの旅も写真を見て
雄大な岸壁に感動。中々得難い経験でした。

 又後半一人で、ロマンチック街道の旅も雪谷さんに鉄道バスも手配して頂いて
楽しく過ごせました。感謝です。
 お勧めのフッセン テーゲルベルクは道を探すのに時間がかかって行けません
でした。残念!!





「チロル+ドロミテ」の旅 (15) まとめ 雪谷旅人 投稿日:2018年09月11日 09:42:09 No.130 【返信】

15日間の旅を終えて,参加の皆様ほっとしておられると思います。皆様のご協力で,大変楽しい旅になったことを心より感謝いたします。

今回は個人旅行やグループ旅行が初めての方もおられましたが,ツアーでは得られない,ゆったりとした旅程,フレキシビリティーや楽しさを味わって頂けたかと存じます。また途中参加や離脱の方もおられ,「初めての一人旅」の方もしっかりと旅程をこなされました。とてもよかったと思います。

全般的には天気は「半分,青い」でしたが,悪天候でも和気藹々とした雰囲気で旅を続けることができました。これも皆様のお人柄によるものです。

私にとっても,かねて一度は挑戦したかったオーバーグルグルからメラーノへの国境越え,ドロミテ横断など,これまでにない多くの経験をあり,とても有意義な旅でした。チロルの山々と氷河,「アイスマン」の博物館での詳しい説明,マルモラーダ,悪天候のトレチーメなど,多くの思い出があります。オーバーグルグルやサンタクリスティーナのホテルでのフルコースもおいしい思い出です。

また機会がありましたら,皆様とご一緒できることを楽しみにしています。

なお,近く「雪谷旅人の旅ブログ チロル+ドロミテ」をアップしますので,詳しい現地情報などはそちらをご覧下さい。


Re: 「チロル+ドロミテ」の旅 (15) まとめ すみれ 投稿日:2018年09月12日 09:09:17 No.132
ミュンヘン到着日は小雨が降る冬のような冷たい日でした。

フリースを持ってこなかった事を後悔し、慌てて現地調達しようにも既に店はクローズして、寒さ対策において先が思いやられるスタートでした。

でもそんな事は取り越し苦労になり、旅行中は暑いくらいの良い天気に恵まれ素晴らしい旅ができました。

念願のアイスマンにも会え、憧れのトレチーメも霧雨の中3つの峰をしっかり目にする事ができました。

最後の日にミュンヘンのスーパーで買い物予定が、あいにく日曜日だったためどこもお休みで残念でした。

キリスト教の国に行く時は、この点を考慮に入れなければと思った次第です。

細かく計画を立ててくださった雪谷さんはじめ同行の皆様ありがとうございました。
Re: 「チロル+ドロミテ」の旅 (15) まとめ あいまる 投稿日:2018年09月17日 14:31:20 No.135
雪谷様 、同行の皆様お世話になりました。そしてありがとうございました。
30代からほとんど一人旅をしてきましたが体力的にだんだん無理に思うようになり友人の紹介でシニアトラベラーの会があるのを知り急遽入会と同時に今回の旅に参加しました。
今までと違ったとても楽しい旅でした。ドロミテはとても広いのでこの会に参加できてよかったです。又仲間たちは楽しい方ばかりで仲良く旅が出来たこと大変嬉しかったです。疲れもようやく取れ今は思い出に浸っています。
列車が不通になったりホテルまで雨の坂道を重いスーツケースを引いて歩いたり、何もない奥多摩のような道を3時間ぐらい歩いたり色々アクシデントもありました。それら全てが旅の醍醐味、楽しい思い出となっています。

一つ驚いたことがあります。
雪谷さんのフットワークの良さ、頭脳明晰、PCの達人、決して怒らない人柄すごいですね。
私からの提案
シニアのグループなので10人ぐらいのパーティーで旅行するときは会計とかサポーターをする人もいたほうがいいと思います。何か起きても安心です。

南アフリカ、ジョージアの旅行宜しくお願いします。



「チロル+ドロミテ」の旅 (13) コルチナ~ミュンヘン 雪谷旅人 投稿日:2018年09月09日 14:22:29 No.127 【返信】

9月8日(土) 晴れ

何と!帰る段になってドロミテ晴れ。昨日までの悪天候はウソのよう。

この日はコルチナからバスでドビアーコDobbiacoへ。そこから鉄道でミュンヘンに向かうことにしていたが,コルチナからミュンヘンまでのバスがあることが分かり,Cortina Expressを利用することにした。鉄道の旅もいいけど,駅の階段や荷物の上げ下ろしがきつく,乗継も大変。

Cortina ExpressはFlix Busと提携し,今はミラノ~ベネチア~コルチナ~インスブルック~ミュンヘン~モナコの「ゴールデンルート」を結んでいる。しかも料金は格安。コルチナからミュンヘンまで12Euro。鉄道の8分の1だ。(今回は別々にチケットを買ったため20Euro)。

コルチナを11:50に出発し,18:30にミュンヘンに着いた。ホテルにチェックイン後,ミュンヘンの街を散策。最後の晩はドイツ・ビールで乾杯。


Re: 「チロル+ドロミテ」の旅 (13) コルチナ~ミュンヘン Funride 投稿日:2018年09月16日 11:50:02 No.133
お帰りなさい!今回も楽しい旅だったようですね。Cortina Expressのミラノ~ベネチア~コルチナ~インスブルック~ミュンヘン~モナコ バスの話題に目が止まりました。これは良いサービスですね。きっと途中の車窓からの景色も美しかったことでしょうね。もし次回機会があればぜひ利用してみたいものです。情報ありがとうございました。
Re: 「チロル+ドロミテ」の旅 (13) コルチナ~ミュンヘン 雪谷旅人 投稿日:2018年09月16日 19:43:32 No.134
絶景ですね。ミュンヘンからインスブルックへの行きはガルミッシュパルテンキルヘンを通って行きました。ツークシュピッツェがはっきり見えました。なつかしかったです。帰りは高速道路でした。めずらしく検問がありました。どうやら行きは路線バス,帰りはCortina Expressのようです。同じFlix Bus(米国系らしい)でも色々あるようです。



「チロル+ドロミテ」の旅 ドール 投稿日:2018年09月11日 12:41:58 No.131 【返信】

後半からの10日間に参加しました。
ドロミテの情報は少なく、雪谷さんの「素晴らしい」の言葉を頼りについて行った雄大な山々は、登った者にしかわからない感動があり、美味しい料理、華やかな異国の街歩き…日々の些細な悩みや、振り回されるSNSなど、どうでもいいと思える有意義な非日常を過ごすことができました!

ハプニングも少々ありましたが、それもまた、旅を引きたてる思い出♪
残念といえば、最後のミュンヘンが土日のため、店はほとんどお休み、女性の旅の楽しみでもあるショッピングが出来なかった事くらいです。

後半はお天気に恵まれ、自称「晴れ女」は役目を果たしたような気分ですが(笑)海外経験が少ない私に、サポートして下さった個性豊かな楽しい皆様、そして何より計画から雑務、女性のお喋りにお付き合いして下さった、男性お二人に感謝いたします。
またの機会、宜しくお願い致します!





チロル+ドロミテの旅・お先に帰ってきました すーさん 投稿日:2018年09月10日 23:52:10 No.129 【返信】

 旅程最後までご参加の皆様、お帰りなさいませ。

仕事の都合で、後半ドロミテ地域のみの参加、しかもサンタクリスティーナからミュンヘンにとんぼ返りの旅でしたが、十分にドロミテ地域の絶景を楽しませていただきました。
ロープウェイを降りて、マルモラーダを望める地点に立っているとき、サクローさんが、「神様のお庭だね」とおっしゃったのが、本当にその通り!

現地では、欧米のシニアの方々がたくさん訪れて賑わっていましたが、日本の観光客は見かけず、知る人ぞ知る、ヨーロッパの名所なのだな、と思いました。

雪谷様には、1月のプランチームの話し合いの時から、様々な助言や情報をいただき、装備や自分の旅程(途中離脱のため)の準備をすることができました。
先にサンタクリスティーナから出発するときにもバス停までお送りいただき、感謝感謝です。

今回の旅でご一緒してくださり、写真も撮ってくださった皆様、ありがとうございました。

P.S.
せっかく今回の旅で装備を少しそろえたので、これからまた、どこか近場の山行きに挑戦しようかな、と目論んでいます(^^)





「チロル+ドロミテ」の旅 (14) シュターンベルク湖 雪谷旅人 投稿日:2018年09月10日 06:49:20 No.128 【返信】

9月9日(日) 晴れ

今日夕方の便で帰国だが,午前中は時間があるのでミュンヘン近郊のシュターンベルク湖Starnbergerseeへ行くことにした。ここはノイシュバンシュタイン城を作ったルートヴィッヒ3世が投身自殺したとされる。

ミュンヘンからS-Bahnで30分,Starnbergに着いた。すぐ前に湖があり(写真1),船乗場があった。湖周遊の遊覧船があり,1時間コースと3時間コースがある。丁度10:35発の3時間コースがあり,これはS-Bahnの終点Tutzingに立ち寄るというのでこれに乗船することにした。大きな船で,1階はビュッフェで多数の客が食事。2階は客室,3階はデッキ(写真2)だった。

途中,BergとKeoniの間,Votivkopelleにはルートヴィッヒ3世を偲ぶ十字架と教会があるという。ドイツ語で説明があったが,よく分からない。みんな左岸を見ているので,多分これがその教会だろう(写真4)。十字架は見えなかった。

湖岸はどこもとてもきれい(写真3)。ホテルやレストランもいくつか見えた。高級保養地だ。帰路はTutzungから準急RGでミュンヘンへ。次回ミュンヘンで時間があればぜひ立ち寄って頂きたい,お勧めの湖だ。

なお,今回はミュンヘンXXLチケットを買ってStarnbergに向かった。これはZone 5用でStarnbergまで。Tutzingに行くことが分かっていいればZone 6のチケットを買うべきだ。

ミュンヘン16:50発のカタール機でドーハへ。明日夕方成田着。





再々度掲示板投稿につて あるきはじめ 投稿日:2018年09月02日 11:14:50 No.107 【返信】

以前にも要望したのですが、同一旅日記は同一スレッドでお願いします。やっぱしとても見づらいです。当時雪谷さんから以下の反論がありましたが、投稿多の影に隠れて間に挟まった記事を探すのがとてもめんどくさいのです。

雪谷さんから当時以下の反論がありました。
ーーー掲示板の旅日記は,いわば「速報」であり,時として「誤報」もあります。詳細でさらに正確なブログは「雪谷旅人の旅ブログ」に体系的にまとめることにしています。後日参考として頂くなら,こちらをご覧頂きたいと思いますーーー

貴重な数少ない日記を書いてくれる会員の方々のためにもぜひ再考をお願いしたいものです。

一言:以前、投稿写真が逆さまになるという話がありました。私は写真の画素数を落として回避したことがあります。


逆さま修正 あるきはじめ 投稿日:2018年09月02日 11:25:03 No.108
一言:左写真が逆さまになってしまったので、画素1024x1024に修正してみました。

Re: 再々度掲示板投稿につて 雪谷旅人 投稿日:2018年09月03日 04:52:45 No.109
連続の旅日記をレスにつけるか独立のスレにするかは得失があります。レスにつけた場合は時系列になるので分かりやすいですが,非常に長くなり,新しい投稿を見るため延々とスクロールする必要があります。他の方の新しいスレも,ずっと下の方に隠れていまいます。独立のスレの場合,常に新しいスレがトップに来て分かりやすいです。他の方のスレもトップかその下にあるので見つけやすい。なので,私は独立の方がよいと思います。
Re: 再々度掲示板投稿につて Yuki 投稿日:2018年09月03日 08:36:38 No.111
雪谷旅人さん、アンケートで決めたらいかがですか。無記名OKで。
私はあるきはじめさんの意見に一票!
Re: 再々度掲示板投稿につて 雪谷旅人 投稿日:2018年09月03日 13:40:47 No.112
連続投稿のレスを新着順にすることは可能です。この場合,記事は新着順の時系列になって読みやすくなります。トップに来るのですぐに見つかります。しかし「単発投稿」はず~~と下の方に隠れて,見つけるのが困難になります。多分だれもスクロールしないでしょう。「少数投稿者」にとってはかなり不利になります。

連続投稿のもう一つの問題は,他の方のコメントや質問がどの投稿に対するものかが分からなくなるということです。それに対する回答もつながりがなく,とても読みづらくなります。「地球の歩き方」掲示板ではレスに対するレスが可能ですが,この掲示板はそれが不可能です。やはり一つのテーマ(1日分の日記)は単独とし,それに対するコメントや質問もまとめるべきでしょう。
Re: 再々度掲示板投稿につて あるきはじめ 投稿日:2018年09月04日 15:49:38 No.115
旅日記がこちらの「旅便り」に移ったおかげで、もう一つの掲示板「ひろば」はとても見やすくなりました。

両掲示板を作成して頂いた雪谷氏に感謝します。

「ひろば」はスレッド表示、一覧表示、トピック表示が使えるので、とても見やすく、どの方がどんな旅をしているかも整理されてよく分かります。

一方、こちらの「旅便り」では、いわゆる「掲示板書き散らかし」(ブツ切れ旅日記)状態になっています。。

雪谷氏には、掲示板を作り、管理していただいていることに感謝してはいますが、掲示板は雪谷氏個人のものではなく、会員みんなのものであるとも思っていますので、雪谷氏の再考をお願いいたします。
Re: 再々度掲示板投稿につて 雪谷旅人 投稿日:2018年09月05日 03:51:45 No.116
掲示板は「みんなのもの」であるがゆえに,私は個別投稿をお勧めします。少数投稿者が無視されていいとは思いません。

この件は役員会で相談の上,必要ならアンケートを取りましょう。
Re: 再々度掲示板投稿につて mithy- 投稿日:2018年09月05日 13:28:49 No.118
掲示板の投稿について
私は雪谷さんの意見に賛成です。同一旅日記を個別にすると少数派の投稿が直ぐ分らなくなってしまう。見る方も同一旅日記は同一スレでの方が流れも見いるし探し易いと思います。
自分も以前は個別にして投稿した事も有りましたが、いざ自分が他人の投稿した目的記事を探すの段になって見つけ難くい事が分かりました。
 それと、意見が分かれた時アンケートで決めるのは良いのですが、例会でのアンケートは参加して頂いた人に対して時間の浪費になってしまう。少ない時間で旅仲間と有効に話し合いたいと参加されているのに、例会でアンケート調査で時間を潰す事はして欲しく有りません。議論は当然有って然るべき、旅の議論として例会で述べて討議して欲しいと思いますが如何ですか?。
Re: 再々度掲示板投稿につて あるきはじめ 投稿日:2018年09月06日 20:34:48 No.120
ああ言えばこう言う、こういえばああ言う、、。困ったものです

これは雪谷さんだけが、「書き散らかし」をやってる、、。

雪谷さんがスレッド投稿にすれば、問題解決、、するんですが、、。

その10ですか、、。

この次のその1からはスレッドでお願いします。
Re: 再々度掲示板投稿につて 雪谷旅人 投稿日:2018年09月07日 02:57:05 No.121
役員会で相談の上,必要ならメールでアンケートを取ります。
Re: 再々度掲示板投稿につて あるきはじめ 投稿日:2018年09月07日 06:14:55 No.123
役員会とかアンケートで取り上げる類の問題ではないと思います、、。

雪谷さんがスレッドに投稿にすれば済む問題です。

役員会ではもっと有意義な議論をしていただきたい。
Re: 再々度掲示板投稿につて 雪谷旅人 投稿日:2018年09月07日 12:02:20 No.124
「旅だより」は毎日毎日,現場から新鮮な便りときれいな写真を送り,皆さんに楽しんで頂くために作りました。まさに「お便り」です。お便りは1通ずつです。系統的なレポートはブログにすればよいし,過去の記事を探したければ検索すればいいです。

世の中には旅のお便りに関するSNSがいろいろありますが,それらはすべて単独投稿です。スレッドはありません。それが普通だし,「お便り」としてはそれがベストだと思います。「ひろば」はスレッドなので,Q&Aや情報交換に向いています。スレッドにしたければ,そちらをご利用下さい。

私たちは楽しい旅を続けているので,この話はこれまでにして下さい。これ以上はご返事しません。
Re: 再々度掲示板投稿につて あるきはじめ 投稿日:2018年09月08日 10:45:05 No.126
あるきはじめです。雪谷さんの旅日記に度々お邪魔します。

「旅だより」は毎日毎日,現場から新鮮な便りときれいな写真を送り,皆さんに楽しんで頂くために作りました。まさに「お便り」です。お便りは1通ずつです。系統的なレポートはブログにすればよいし,過去の記事を探したければ検索すればいいです。

ーーー「旅日記」を「旅だより」(表題通りですね)と言い換え、、つまり私の投稿は「日記」ではなく「お便り」である、、、、お便りだから一通づつでいいのだ、、という論理ですか。」」」
毎日、毎日、、投稿ということ、、それこそ日記だと思いますが

(私も、ああいえば、こういうっていうことのようなコメントで申し訳ありません、ハイ)


世の中には旅のお便りに関するSNSがいろいろありますが,それらはすべて単独投稿です。スレッドはありません。それが普通だし,「お便り」としてはそれがベストだと思います。「ひろば」はスレッドなので,Q&Aや情報交換に向いています。スレッドにしたければ,そちらをご利用下さい。

ーーーということかもしれませんね。使い分けるしかことにしましょう。今後、雪谷さんの「書き散らかし」のない「ひろば」を利用させていただきます。

私たちは楽しい旅を続けているので,この話はこれまでにして下さい。これ以上はご返事しません。

ーーーええ、返事はいただかなくていいです。

私も時々旅日記を投稿しますが、スレッドにしています。日記に対する会員からのコメントはとても嬉しいし、一人旅の時などはとても励みになります。そういう会員同士のコミュニケーションを大切に思うから旅日記はスレッド投稿にしています。

余談ですが、この一連の議論をしている中で、
雪谷さんの10を超える旅日記をスレッドにするとその長さのあまり、他の旅便りがホント余計に埋没しそうです。それも困るなーと、、、

個人的な感想ですが、コメントのつかないブツ切れの「旅だより」は読む側にとってはあんまり面白くありません、、会員同士のコメント、台湾が楽しめるスレッド投稿の方が、他の会員の個性や考えがわかってとても興味深いですね。



「チロル+ドロミテ」の旅 (12) トレチーメ 雪谷旅人 投稿日:2018年09月08日 09:59:03 No.125 【返信】

9月7日(金) 曇り時々雨

天気予報はあまりよくないが,トレチーメ行きを決行することにした。

朝8:38発のバスでRif. Aurenzoへ。途中,ミズリナ湖(写真1, 2)で乗換え。ここは日本からのツアーでよく来るところだ。ツアーの広告では「ドロミテの真珠」とか「トレチーメが見える」とか書いてあるが,まったくのでたらめ。確かにきれいな湖ではあるが。

小雨の中をRif. Aurenzoから101トレイルを歩く。緩やかな上り。右肩は絶壁。荒々しい岩山が見える(写真3)。約1時間でRif Ravaredoに着いた。その後はややきつい上りになった。11:30ごろ展望台に到着。トレチーメTre Cime(三つの峰)は手前から次の名前で呼ばれている(イタリア語/ドイツ語)。
Cima Piccola / Kleine Zinne ("little peak")
Cima Grande / Große Zinne ("big peak")
Cima Ovest / Westliche Zinne ("western peak").

雲の動きによって第一が見えたり第三が見えたり。全貌を現すことはなかったが,何とか全貌を掴むことはできた。この悪天候でこれだけ見えるのはラッキーというほかにない(写真5)。北西方面にの絶壁の上にはRif. Locatelli(写真4)が見えた。帰路は雨になった。

私は2011年7月にトレチーメを周遊したことがあるが,このときはトレチーメがくっきり見えた(写真6)。





「チロル+ドロミテ」の旅 (11) ドロミテ横断 雪谷旅人 投稿日:2018年09月07日 02:59:45 No.122 【返信】

9月6日(木)曇り

今日はサンタクリスティーナ(西)からコルティナ・ダンペッツォCortina d’Ampezzo(東)へ。ドロミテを東西に結ぶバス路線は今はない(6年前にはあった)。今回は中型バスをチャーターして横断することにした。バスはベンツのスプリンター14人乗りだ。

9:30ホテル出発。途中,ガルデナ峠,ラ・ヴィッラを通り,11:30にコルチナ到着。途中,巨大な岩山が多数。雲が多く,全貌が見えないのが残念。峠から谷へ,1000m近い高低差を何度も繰り返す。そのたびに耳がツンツン。険しい道だ。

コルチナは冬季オリンピックで有名な町だ。ドロミテと言えばコルチナ。有名なのでツアーによく組まれている。そのため,日本人が多く,日本語のインフォメも多い。午後は自由時間。各自街歩きなど楽しんだ。





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -