掲示板
[トップに戻る] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

お名前
Eメール
タイトル
URL
画像添付 ( 3MB以内 )
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

  徳島の山へ 仙岳 投稿日:2016年07月21日 16:05:51 No.237 【返信】
【7/20(水)】徳島の深山へ行って来た。
その周辺で、唯一、行きそびれていた山:【熊谷 ③ H=1010.8m】
一般的なコースで、モノレールに沿って 登るルート。
登り:ちょうど 2時間、 下り:50分で、バッチリ!
……[写真:左]……

ついでに【西俣山 ③ H=853.5m】……[写真:右]
思った所に、思った通りの尾根道があり、10分ほどで 上り下りできた。
他にも登った‥‥。途中から、にわか雨に降られて‥‥


Re:   西俣山の時間 仙岳 投稿日:2016年07月22日 03:05:30 No.238
『西俣山』へは、登りだけが 10分だった。
支障木もなく、歩きやすい尾根道だった。



 花の百名山 : 東赤石山へ 仙岳 投稿日:2016年07月17日 06:08:25 No.223 【返信】
【7/14(木)】梅雨の時期、天候不良で 延び延びになっていた【東赤石山 ③ H=1706.0m】へ行ってきた。
山友とのタイミングもあり、"日"を決めるも、雨模様で流れたりの繰り返し。
『山は 待ってくれるが、花は 待ってくれない』なので、意を決して "単独行動"を思い立った。
しかし、ちょうど、いいタイミングで 山友から誘いのメールが入り、「決行」が決まった。

当日の天候は、「雲の多い晴れ状態。陽射しは少なく、弱く、時々 雲の切れ目から弱い陽射しがある」状態で、お花見山行には、もってこいの状態だった。
「花」はと 言えば、当然 時季を過ぎていた。
(畑の草引きに追われて)写真の整理が遅れているので、出来次第、載せます。
差し当たって、山頂写真を‥‥


Re:  花の百名山 : 東赤石山へ 仙岳 投稿日:2016年07月17日 10:54:24 No.224
歩いたコースは、こうでした。
赤:登り(最初がとぎれている)
青:下り


Re:   ヤマアジサイ 仙岳 投稿日:2016年07月18日 10:12:33 No.225
大幅に 出遅れた山行だったが、今後の山行の参考にするため、強いて、"老花" を提示しよう……。

先ずは、【ヤマアジサイ】
登りでは 青色が多く、下りは、赤色が多かったように思う。



Re:   シコクギボウシ 仙岳 投稿日:2016年07月18日 10:14:24 No.226
【シコクギボウシ】
登山道の あちこちに 咲いていた
ピンク っぽいのもあった


Re:   ウバタケニンジン 仙岳 投稿日:2016年07月18日 10:16:06 No.227
【ウバタケニンジン】
これも あちこちに咲いていた


Re:   コウスユキソウ 仙岳 投稿日:2016年07月18日 10:17:34 No.228
【コウスユキソウ 】
「エーデルワイス」より 見応えがあるように思うが……


Re:   タカネバラ 仙岳 投稿日:2016年07月18日 10:19:14 No.229
【タカネバラ】
花期を終え、すでに実を付けているのがほとんど…
満開を過ぎても、待っていてくれているのもあった


Re:  オトメシャジン 仙岳 投稿日:2016年07月18日 10:21:02 No.230
【オトメシャジン】
思ったより 小さい花だった


Re:    シモツケソウ 仙岳 投稿日:2016年07月18日 10:22:14 No.231
【シモツケソウ】
実際は、もっと ピンク っぽかった


Re:  ホソバシュロソウ   仙岳 投稿日:2016年07月18日 10:23:24 No.232
【ホソバシュロソウ】
これは、初めて お目にかかる 花だった


Re:  【マツカゼソウ   仙岳 投稿日:2016年07月18日 10:24:42 No.233
【マツカゼソウ】
匂いは知っていたが、花は 初めて‥‥


Re:  イチヤクソウ   仙岳 投稿日:2016年07月18日 10:26:12 No.234
【イチヤクソウ】
あちこちにあるが、ここは 白花が 叢がっていた


Re:   ヤマツツジ 仙岳 投稿日:2016年07月18日 10:31:23 No.236
【ヤマツツジ】
満開状態で、若木も、老木も、鮮やかに咲いて、見応えがあった

-- 今回は これで お終い --






梅雨の中休み ギッチャン 投稿日:2016年07月06日 22:51:35 No.218 【Home】 【返信】
こんばんは。
ちょっとご無沙汰しています。
梅雨の中休みに町道瓶ヶ森線一帯を、じっくり周られましたね。
子持権現にまで登られたとは・・・!!

熊の爪痕も見られたとの事。
何年か前の高知新聞に、寺川地区での熊の目撃情報が載っていましたが、やはりあの界隈に生息しているのでしょうか?

私は昨日は東赤石に行って来ました。
三角点手前でタカネバラを写していましたら、思いがけずその後ろに何と何と!!
ゴゼンタチバナが咲いていました。
あんな所にあったとは・・・。(他にもあるとは思いますが)

そのタカネバラとゴゼンタチバナです


Re:  情報ありがとう 仙岳 投稿日:2016年07月07日 11:53:32 No.219
ハ~イ、情報ありがとう。
東赤石山の「ゴゼンタチバナ」を見たいという人がいて、また、そこの「タカネバラ」を見た事のない人(私のこと!)もいて、この機会に見に行ってみようと思う。

それこそ、梅雨の晴れ間、台風一過の、ひょっとしたら"梅雨明け"をねらって、行ってみよう……。
Re:  クマの爪跡 仙岳 投稿日:2016年07月08日 05:34:57 No.220
クマの爪跡は、古いものでした。
標識をもたせかけた「ダケカンバ」で、おそらく、10年以上 昔に付けられたものだろうと思われます。
右手か、左手か判らないが、3段の痕跡が写っている。
木の裏側に廻って、『反対の手の痕跡』を確認したら良かったと思っている。
今度行ったら、見てみよう。





 梅雨の中休み 仙岳 投稿日:2016年07月06日 06:31:21 No.208 【返信】
梅雨の中休み。
朝から 畑の草引きばかりでは 面白くもなければ、楽しくもない。
雨が降らない事を確認して……、、簡単、容易、ヤブの無い所で、面白く、"タメになる"山へ…
何じゃ? こりゃぁ……

先ずは寒風山登山口:「寒風茶屋」へ。
営業中だ。
中に入って、何やかや 尋ねて、何やかや 確認してきた。(連絡先の電話番号も…)
要は、「瓶ヶ森道路」のゲートが開いている内は、毎日"営業"する。平日も、朝9時頃から…との事。


Re:  熊のツメ跡らしき 仙岳 投稿日:2016年07月06日 06:34:33 No.209
「瓶ヶ森道路」を走って、「鷹ノ巣山、潰ヶ谷山」登山口の調査。
鷹ノ巣山……http://maps.gsi.go.jp/#16/33.786727/133.270544
潰ヶ谷山……http://maps.gsi.go.jp/#16/33.777935/133.295285

ここで、熊の(古い)ツメ跡らしきを発見。(多分、間違いない)
写真撮影する。


Re:  先ずは 自然子ノ頭 へ 仙岳 投稿日:2016年07月06日 08:12:35 No.212
先ずは、【自念子ノ頭 ③ H=1701.8m】に登ってみる。
[写真:左]……山頂三角点
[写真:右]……山頂近くで見つけた "オオヤマレンゲ"
(咲いてた証拠に、"実"が残っていた)


Re:  瓶ヶ森 仙岳 投稿日:2016年07月06日 08:16:02 No.213
ついでに、瓶ヶ森にも行ってみた。
誰かさんが言っていた "オオヤマレンゲ"を観るために……
[写真:左]……山頂三角点
[写真:右]……咲いていた"オオヤマレンゲ"


Re:  展望の丘 三角点 仙岳 投稿日:2016年07月06日 08:20:14 No.214
これまた、事のついでに、ここまで来たんだから、
【展望の丘 ④ H=1710.0m】に行かない手はない…とばかり行ってみる。
[写真:左]……山頂三角点(背景は、瓶ヶ森:男山)
[写真:右]……梅雨空の展望


Re:  子持権現山 仙岳 投稿日:2016年07月06日 08:24:04 No.215
よっしゃぁ、これもついでよ……とばかり、
【子持権現山 H=1677m】にも登ってみる。
[写真:左]……本当の登り口に、こんな横断幕が張られていた。ピークが見えている。
[写真:中]……山頂の看板
[写真:右]……山頂の "権現"様


Re:  最終は、 伊吹山 仙岳 投稿日:2016年07月06日 08:32:06 No.217
このまま、まっすぐ、帰るつもりだったが、プラドが、ひとり止まった。
そこは、【伊吹山 ③ H=1503.1m】登山口だった。
[写真:左]……山頂三角点(背景の "瓶ヶ森"は、雲の中)
[写真:右]……まだまだ きれいに咲いていた "ヤマツツジ"
(そうよ。畑で花の終わった"ヤマツツジ"。挿木をして増やそう…)






三角点日記 7月 タメやん 投稿日:2016年07月02日 11:56:46 No.205 【返信】
何か、雨の日が多い様な気がする。
6月は、ひとっつも行ってない。


Re:  梅雨明けはまだか…? 仙岳 投稿日:2016年07月04日 04:14:34 No.206
ここ数日、梅雨明けのような天気が続いている。
昨日は、夕刻、"さだち"が来た。ほんの一時だったが…。

週末には雨が降って、次には明けるかも知れない。
是非そうあって欲しいものだ……。
Re: 梅雨の中休みに… 仙岳 投稿日:2016年07月06日 06:37:17 No.210
梅雨の中休みに… ちょっと出かけてみた。
本川の道路は、通行止めが 多かった。





法皇山地へ 仙岳 投稿日:2016年06月22日 14:10:53 No.198 【返信】
【6/18(土)】久し振りに『二ツ岳~権現越 間』を 縦走してきた。
山友など 全5名で 歩いた。
先ず マイカーを下山口となる「床鍋」に置く。

[写真:左]… そこで準備を調え、タクシーで「肉淵登山口」へ。
[写真:右]…歩き始めて 1時間45分。 「峨蔵越」に着く。


Re:  二ツ岳 仙岳 投稿日:2016年06月22日 14:14:11 No.199
「鯛ノ頭」を経て【二ツ岳 ③ H=1647.3m】へ。
[写真:左]…鯛ノ頭
[写真:右]…三角点


Re:  二ツ岳で…   仙岳 投稿日:2016年06月22日 14:17:02 No.200
「二ツ岳」の標石(写真:左)と 西方の眺望(写真:右)


Re:   エビラ山   仙岳 投稿日:2016年06月22日 14:21:00 No.201
「イワガガミ山」なるピークを越え、【エビラ山 H=1677m】へ。
標高点まで足を伸ばし、昼食タイム。
[写真:左]……東から見た "エビラ山"
[写真:右]……西から見た "エビラ山"


Re:   黒岳   仙岳 投稿日:2016年06月22日 14:23:36 No.202
次に、西に向かうと【黒岳 ③ H=1635.9m】
[写真:左]…山頂三角点から、東方を振り返る(遠く "二ツ岳"が霞む)
[写真:右]…山頂三角点から、西方を見る(権現山~赤石連山が見える)


Re:   権現山   仙岳 投稿日:2016年06月22日 14:25:46 No.203
更に 西方に向かうと【権現山 ④ H=1593.7m】
(眺望は 乏しい)


Re:  やっと 権現越え 到着 仙岳 投稿日:2016年06月22日 14:27:50 No.204
もっと、西に向かうと「権現越」だが、その途中の「鉄塔分岐」から 下山を始める。
このルートは 地形図で観る以上に厳しく、岩峰を大きく(深く)巻くなどするため、
Up-Downがひどく、想定以上に時間と体力を浪費する事になる。
このことを 十分念頭に置いて 行動すべきである事を痛感した。
[写真:左]…鉄塔真下から見る「権現越」
[写真:右]…こんな岩峰は、下を巻く。





 6月の山行 仙岳 投稿日:2016年06月14日 10:07:42 No.192 【返信】
【6/11(土)】、四万十川の支流・梼原川の「下道ダム」の堰堤を渡った。
そこは四万十町下道地区。ヤイロチョウが多く生存する地域だ。
ひょっとしたら、その彼女に会えるかもしれない…の思いもあり、登り残った三角点を求めて車を走らせた。
結果は、彼女に会えず、その声すら 聴こえてこなかった。
が、一方 三角点探訪はスムーズに進行し、快適な 四国電力の鉄塔巡視路を歩く 山旅となった。

まず最初は【大平山 ④ H=618.8m】
№31鉄塔に近い 幅広の巡視路脇にあった。


Re:  下道 引地山 仙岳 投稿日:2016年06月14日 10:10:32 No.193
巡視路から離れて【下道引地山 ③ H=817.8m】
ここも落ち葉を敷き詰めたような広~い三角点。


Re:  次は 小屋の畝山 仙岳 投稿日:2016年06月14日 10:12:56 No.194
ここも巡視路を離れ、林班界を下がって行って【小屋の畝山 ④ H=648.3m】


Re:  四つ目は 椎尾山 仙岳 投稿日:2016年06月14日 10:15:01 No.195
最後に【椎尾山 ④ H=650.3m】   
ここは ヒノキ植林の混じる 自然林風な所。


Re:  費用は かさむ 仙岳 投稿日:2016年06月14日 10:17:04 No.196
電力の鉄塔間の樹木(自然林)が伸びすぎて、電線に接触するのを防ぐため、樹が大量に、整然と、伐採されていた。
"自然"が豊かになっても、膨大な労力と、維持費が嵩むものだと痛感した。


Re:  ヤイロチョウは 何処に… 仙岳 投稿日:2016年06月14日 10:19:03 No.197
彼女「ヤイロチョウ」を求めて、谷筋や湿気の追い箇所を歩いた。
そんな時、こんな風景に出会わせた。
山では よく見かける「ヒノキ植林内の汢場」だ。
この辺に多いイノシシと、今日探し求めて歩いた「ヤイロチョウ」だったが、"泥"を好み、"ミミズ"を好む両者が、上手に棲み分ける事が 出来ているのだろうか……と。





<< | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -