掲示板
[トップに戻る] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

 早春の雰囲気   仙岳  投稿日:2018年02月09日 15:08:04 No.828 【返信】

雪山の次は、早春の雰囲気の山へ・・・
行き先は、四万十町興津峠 から・・・

【興津峠山 ④ H=394.8m】


 加治荒山   仙岳  投稿日:2018年02月09日 15:10:44 No.829
そこから 1.5Kmほど歩いて、【加治荒山 ④ H=402.7m】
こんな 斜面に ある。


  六川山   仙岳  投稿日:2018年02月09日 15:15:04 No.831
【六川山 ② H=507.7m】


 更に 進んで・・・   仙岳  投稿日:2018年02月09日 15:18:52 No.832
【夏焼山 ④ H=461.6m】

★ ここのピークにだけ 雪 が残ってました。


Re:  早春の雰囲気  タメやん 投稿日:2018年02月09日 23:07:22 No.834
御在所山もそうだが、凄い走行距離だなあ…。
 快適だった・・・    仙岳  投稿日:2018年02月14日 08:17:24 No.837
今回の歩行距離は、地形図で直線的に測ったら、6Kmを超えている。
が、日頃の鍛錬のせいか、普通に歩く事が出来た。
当日は、残雪もなく、快適な山歩きだった。

将来的には、観光協会の賛同を得て、登山道を確立していきたいと思っている。



三角点日記 2月 タメやん 投稿日:2018年02月04日 23:40:40 No.813 【返信】

しょうひやいがちがう。

4(日) 近場探訪

https://www.google.co.jp/maps/@33.5626896,133.5040134,17z?hl=ja-JP

ペグマンで点の道
軽四も通っているらしく、ビビル。


https://blogs.yahoo.co.jp/shgogoshgogo/35525262.html

バイオハザードっぽかった。


Re: 三角点日記 2月  仙岳  投稿日:2018年02月06日 09:46:34 No.814
⒌日、 強烈な 北風の吹く中、越知町の 「五在所山」周辺、約10Kmの山道を歩いてきた。
総勢10人で、クロス方式。

眺望は 少しあった。
積雪は、0(ゼロ)から、最深は、20センチほど・・・。
(登頂写真等は、整理中)



無題  仙岳  投稿日:2018年02月03日 15:35:38 No.811 【返信】

無題

Re: 無題  仙岳  投稿日:2018年02月03日 15:59:49 No.812
無題-2




 御在所山へ    仙岳  投稿日:2018年01月17日 12:01:26 No.784 【返信】

【1/12(金)】 旧:香北町の【御在所山 ③ H=1079.3m】へ登った。
登山口は、木馬茶屋。
この看板から 車道を歩いた。・・・・・写真:左

「韮生山祗神社」まで登ってくと、立派な林道が通じている。
これには、おったまげ。 前回は、無かったぞ~~(思えば 14年振りだ。)・・写真:中

鳥居をくぐり、石段を登っていくと、杉の大木が出てくる。
中でも、立派で、たくさんの手を広げたような(名付けて) "千手杉"・・・・写真:右


 御在所山へ -2   仙岳  投稿日:2018年01月17日 12:05:04 No.786
山頂に着き、奥に進むと三角点。・・・・・写真:左
近寄って 捉える。      ・・・・・・・写真:中

更にちょっと進むと 展望所。
奥の方「三嶺方面」は、雲の中。
右手の方「剣山・次郎笈」は「降雪中」だった。・・写真:右



  大束三角点へ    仙岳  投稿日:2018年01月17日 12:08:06 No.787
下山の途中、「韮生山祗神社」から、南の尾根を歩いた。
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.688692/133.823433/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
【大束 ④ H=723.8m】
ヒノキ植林の中に 三角点。


Re:  御在所山へ   タメやん 投稿日:2018年01月28日 12:37:09 No.804
登山口~御在所山~大束④
大分前に同じコースで行った事がある。
山頂が遠かった(中々着かない)記憶がある。
 大束山 へは・・    仙岳  投稿日:2018年01月29日 16:07:46 No.810
いやいや、近いと思って行ったろ・・・。
だいぶ、歩かないかんと思って歩いたので、近く感じた。
山道は、そんなもんだろう。



 近場の山巡り   仙岳  投稿日:2018年01月19日 16:28:53 No.788 【返信】

【1/15(月)】 近場の山へ行ってきた。
遍路道で有名な 『焼坂峠』 を通るルートを縦走してきた。
縦走といっても、鉄塔巡視路を伝い、三角点巡りをした、という事です。

先ずは、【倉隅 ④ H=265.8m】
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.352022/133.230257/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

この三角点は、6年前に訪問したが、強烈なシダの猛威に阻まれて 「標石」を見つけるには 至っていない。
今回、 「Garmin」持参で行ってみた。

駐車場所は、高速道路の見えるこの場所・・・・写真:左
15、16、17鉄塔を通過し、三角点を伺うと、今回は簡単、容易に標石を見つけた・・・・写真:中
(国調のため、周辺のシダを 除けてくれていた! ラッキー だった。)
標石も、この通り・・・・・・・写真:右


 役場設置の 三角点   仙岳  投稿日:2018年01月19日 16:40:13 No.789
次は、鉄塔巡視路を離れ、尾根道を北上した。
途中、中土佐町設置の、【地積図根三角点】を見つける。・・・・・写真:左
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.355812/133.231158/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

標石は、(イノシシのせい・・? で、 )土に埋もれていたが、掘り出した・・・・写真:中

正面には、水谷山、三角塔 が よく見えていた・・・・写真:右


 道ノ川    仙岳  投稿日:2018年01月19日 16:51:41 No.790
更に 北上し、【道ノ川 ④ H=384.6m】
ここも 6年前に 訪れていた。
今回は、かなりの範囲伐開されていた・・・・写真:左・中

6年前は、ここの三角点もシダの猛威だった(伐開前)・・・・写真:右


 補点 発見   仙岳  投稿日:2018年01月19日 17:01:59 No.791
更に北上し、標高点 425m に到着。
「何かありそうな・・」気配だったので、探していると、森林管理署の『図根点』を発見。
写真:左 山頂の状況(標石発見後、伐開した)
写真:中 「図根」の標石
写真:右 標石裏側を少し掘ってみると・・須崎の「須」と、「3」の文字


  焼坂峠    仙岳  投稿日:2018年01月19日 17:08:24 No.792
縦走は ここまでとし、東に向かい、「焼坂峠」に下り着く。
ここには、13鉄塔が立ち、(写真・・左)
変なダブルの電柱もあり、(写真・・中)
「安和」の 海 がきれい。(写真・・右)


  百笑山    仙岳  投稿日:2018年01月19日 17:35:31 No.793
下山後、これまた近くの未登頂【百笑山(点名:雨ノ森) ③ H=339.9m】を目指した。
この山は、やはり 6年前、登ろうと思って 下の林道で探ったが、登り口の斜面はきつそうで、シダも元気に繁茂していた。
怖じ気付いたように 退散した事だった。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.356655/133.212662/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

今回は、「是非とも、登ってやろう・・・」なんて、そんな気は 無く、「行ける所まで言ったらいい・・」、「シダの猛威を感じたら、撤退もありよ・・」くらいの 気軽な気持ちで臨んだ。
(結果、これが "功を奏した" のか・・・)難なく、 登頂できた。

最初は (水の少ない)空谷を歩く。山手に "山道"を見つけ、それに従う。
それも消えたので、歩きやすい所を歩いていると、獣道となった。
その道はあちこちに向かうが、Garminと相談しながら、シダを避け、高度を稼いでいく。
結果、シダに触れる事もなく、1時間5分で、標高差 300mを登り切る事ができた。

山頂は 広く、眺望は樹間。 MH-2さん、YYさんの表札(日付不明)が確認できた。


 双名島 の "ブツ"    仙岳  投稿日:2018年01月19日 17:45:47 No.794
「双名島」にこんな物があった。
明らかに、国土地理院の「一等水準点」である事は 間違いない。
が、国土地理院のHPで調べてみるに、「点の記」などの資料は無い。
しかし、 "ブツ" は、水準点標石に 間違いはない。


  標石を掲載    仙岳  投稿日:2018年01月19日 17:50:14 No.795
--- 文言なし ---

Re:  近場の山巡り  タメやん 投稿日:2018年01月22日 22:07:18 No.796
ズボラマンYY氏も、かなりの三角点に登頂板があるなあ。
(キティよりも多い?)
Re:  近場の山巡り  タメやん 投稿日:2018年01月28日 12:31:05 No.803
安和から焼坂峠まで車で行って、大峰川山③と水谷山には行った事がある。
峠から西は当時は通行不能だったらしいが、遍路道の整備で現在は通行可か?
Re:  近場の山巡り   仙岳  投稿日:2018年01月29日 16:04:44 No.809
少々 崩れている所も あったが、歩くには 支障はない程度だった。
確かに、役場が、業者に手を入れさせている形跡は あった。
『遍路道』の標札もたくさん 見受けられた。



 干支の山・・・山犬嶽へ   仙岳  投稿日:2018年01月24日 15:44:44 No.797 【返信】

『1/21(日)』干支の山に因んで【山犬嶽 ③ H=997.4m】へ行ってきた。
道順は、R195号~R193号(写真:左/大轟の滝)~八重地トンネル~樫原棚田。
ここが登山口。
歩き始めると すぐに「コケ園」・・・・写真:中
そして、「龍王山 東光寺」  ・・・・写真:右


 山犬嶽 到着   仙岳  投稿日:2018年01月24日 15:49:43 No.798
歩き始めて 1時間弱。山頂の祠が 見えてきた。
祠の裏に回り込むと、ちょっと広い目の 三角点。
標石には、お馴染みの "表札"が 並んでいました。


 樫原 三角点   仙岳  投稿日:2018年01月24日 15:56:16 No.799
そこから 西方向に行動を起こす。
40分ほど歩くと、三角点。【樫原 ④ H=942.6m】
縦走路のピークではなく、ヒノキ植林に囲まれた ちょっとした "コル"部にあった。

標石を しっかりと撮っておこう。


 山犬嶽を 振り返る   仙岳  投稿日:2018年01月24日 16:00:27 No.800
次の三角点を目指す。 急登だ。
振り返ると、冬の樹間から、「山犬嶽」の 先っとが見えている。

望遠で、引き寄せてみる。


 萱の原 到着   仙岳  投稿日:2018年01月24日 16:08:15 No.801
「山犬嶽」から歩くこと 1時間30分ほどで【萱の原 (点名:徳山) ④ H=1108.4m】到着。
眺望開発された広場だ。
こっちから、そして 向こうから、三角点を撮る。
次に、眺望箇所を撮る。
人道丸、亀田ヶ丸 が両脇の "木"に掛かっている。


 秋葉神社    仙岳  投稿日:2018年01月24日 16:16:59 No.802
「萱の原」で昼食を取り、帰路につく。
里道を伝って下山し、登山口脇に 荷を置いて、【秋葉神社 ④ H=694.8m】に向かう。

神社で、今日の御礼と これからの「安全登山」を祈念した。
もちろん、三角点にも 参上した。





 河後森城跡    仙岳  投稿日:2018年01月17日 11:08:08 No.781 【返信】

【1/10(水)】 愛媛県松野町に 出かけてきた。

「河後森(かごもり)城跡」を訪ねた。
当然のことながら、松野町の公式HPもあるが、こちらが判りやすい。
http://angelcyfer.web.fc2.com/kagomori/index.html

目的は いろいろあろうが、「HP」に出てくる『基準点』に興味を持っていた。
基準点は、本郭(蓋が開かない)と、新城(中を観察できた)にあった。
写真・・・左 「本郭」の基準点(画面中央)
写真・・・中 「新城」の蓋を開いた状態
写真・・・右 標石には、「河後森基準点  新城  松野町教育委員会」と刻印されている


Re:  河後森城跡    仙岳  投稿日:2018年01月17日 11:21:49 No.782
その帰り道、愛媛県境の三角点【蔵王 ④ H=251.2m】へ行ってみた。
県境を走る R381号から 高低差にして 250m、 歩く事 25分、ほどで到着。
"県境道" という事もあり、踏み跡も しっかりしていて、容易に到達できた。

写真・・右は、県境近くに架かる橋から、 三角点方向を見る。


  四万十町でも・・・    仙岳  投稿日:2018年01月17日 11:29:21 No.783
更に その帰路、四万十町十和地区の【茅吹手 ④ H=374.0m】にも行ってきた。
http://maps.gsi.go.jp/#14/33.209573/132.927618/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

ヒノキ植林の中、 シダに包まれていたが、よく手入れされ、悩まされること無く、自由に探索できた。





<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -