掲示板
[トップに戻る] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

お名前
Eメール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

 滝下の天狗塚へ    仙岳  投稿日:2017年06月17日 15:01:13 No.608 【返信】
【6/09(金)】滝下の「天狗塚」を目指した。
丸見谷林道から まず最初に、【切禿山 ④ H=1449.8m】に登った。
そして 下って、登り返して【滝下の天狗塚 H=1445m】に到着。
山頂からの眺望はよく、正面には、三嶺~西熊山~天狗塚(本物の・・)が よく見えていた。


 北山~大野山へ  仙岳  投稿日:2017年06月17日 15:25:58 No.610
その足で 【北山 ④ H=1424.8m】に向かい、
更に 【大野山 ③ H=1419.4m】まで歩いた。
大野山では、樹間から 三嶺(は何とか・・)~西熊山~天狗塚 を眺める事ができた。





 中国地方の山へ   仙岳  投稿日:2017年06月03日 05:49:51 No.585 【返信】
【5/27(土)】から 一泊2日で中国地方の『三瓶山』と、大山の北の山を回ってきた。
先ずは、「三瓶山」へリフトで…。
ピンク色の「ウツギ」がきれいだった。

先ずは、【女三瓶山 H=953m】の 山頂電波塔群と、山頂標識


Re:  女三瓶山からの 眺望   仙岳  投稿日:2017年06月03日 05:55:44 No.586
ここからの眺めは素晴らしい。
大平山~孫三瓶山~子三瓶山~男三瓶山 の端っこを見る。

その 男三瓶山を入れて 撮ってみた。


Re:  男三瓶山   仙岳  投稿日:2017年06月03日 06:02:18 No.587
次に登ったピークが【男三瓶山 H=1125.8m】で、1等三角点の山。

360度の眺望だが、この日は 少し霞んでいた。


Re:  子三瓶山 到着   仙岳  投稿日:2017年06月03日 06:10:39 No.588
次に登ったのが、【子三瓶山 H=961m】
山頂標識です。・・・・(左)

ここからの眺めも良く、今日 周回したすべての山が見渡せた。・・・(中)
右端の山は、これから向かう 孫三瓶山・・・(右)



Re:  孫三瓶山    仙岳  投稿日:2017年06月03日 06:17:27 No.589
【孫三瓶山 H=903m】の標識から 男三瓶山を見る。
ピンクウツギ 越しに、男三瓶山を・・・
そして、ヤマツツジ の大株も・・・・



Re:  大平山へ    仙岳  投稿日:2017年06月03日 06:22:44 No.590
周回登山の最終は 【大平山 H=854m】
ここの山頂は、リフト駅から近いこともあって、家族連れが多かった。

この山頂からも、三瓶山 全体が見渡せる。


Re:  三瓶山は・・     仙岳  投稿日:2017年06月03日 06:30:43 No.591
三瓶山は、カルデラ火山の外周を一巡する 牧歌的な山であった。
天気が良ければ、のんびり歩けて、いい山旅が満喫できる。
ここで 歩いた距離は、5.9Km、  歩高は、 ±729m。

リフト乗り場・・・(左)
印象的だった ウツギ・・・(中・右)


Re:  大山 北の「矢筈ヶ山」からの縦走    仙岳  投稿日:2017年06月03日 06:40:22 No.592
『大山』の北に、「ゴジラの背」と呼ばれる "岩尾根" がある。
そこへ行くまでに、先ず 【矢筈ヶ山 ① H=1358.4m】に登った。
山頂三角点越しに「大山」を見る。・・・・(左)

烏ヶ山、大山を 見る。・・・・(中)
次に向かう【小矢筈】(写真の中央右の低いピーク)などを見る。・・・・(右)


Re:  岩峰 : 小矢筈へ    仙岳  投稿日:2017年06月03日 06:51:26 No.593
【小矢筈 H=1310m】は、岩峰の山。
そこに立つと、「小矢筈」は写せない。

そこで、少し手前のコルから 見上げてみた。
左の「岩山」は、次に向かう「甲ヶ山」で、 右が今から登る「小矢筈」・・・(左)

「小矢筈」の山頂に咲く「イワカガミ」・・・(中)
「小矢筈」を通り越して、振り返って見てみた(傾いた山)・・・(右)


Re:  甲ヶ山    仙岳  投稿日:2017年06月03日 07:00:45 No.594
【甲ヶ山 H=1338m】からの眺望

写真(左)・・皆ヶ山~【山頂標識~】小矢筈~矢筈ヶ山~(向こう側に)烏ヶ山
写真(右) ・・小矢筈~矢筈ヶ山~(肩に尖って見える)烏ヶ山~(大きく)大山


Re:  ゴジラの背    仙岳  投稿日:2017年06月03日 07:05:39 No.595
難所? 「ゴジラの背を渡る」 の巻です。
まっ とにかく、こんな岩場です。
振り返ってみました・・・・。


Re:  勝田ヶ山    仙岳  投稿日:2017年06月03日 07:10:02 No.596
【勝田ヶ山 ④ H=1148.9m】(山頂と 三角点は 離れている)

山頂部には、こんな岩があるだけです。(左)
三角点です。(中)
これが標石です。(右)


Re:  大流山 三角点   仙岳  投稿日:2017年06月03日 07:17:40 No.598
縦走路に ただ 三角点があるだけです。
【大流山 ④ H=940.8m】

三角点と、標石と、(三角点周辺に多い)トチバニンジン と・・・


Re:  最終は、 船上山    仙岳  投稿日:2017年06月03日 07:26:49 No.599

【船上山 ③ H=615.4m】(山頂と、三角点は 670m 離れている)
縦走路脇にある大きくて、立派な「船上山神社」・・・(左)
笹の中にある 三角点(踏跡あり)・・・(中)
標石です(深くて、撮りにくい)・・・(右)


Re:  中国地方の山へ  タメやん 投稿日:2017年06月04日 15:07:25 No.601
男女子孫を総称して三瓶山と言うのか、本元の三瓶山が単体であるのか(あればどこか?)
どちらだろう?
Re:  三瓶山は・・・   仙岳  投稿日:2017年06月05日 09:00:49 No.602
お察しの通り、『群体』を総称して「三瓶山」(さんべさん)と呼びます。

http://maps.gsi.go.jp/#15/35.133475/132.626309/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

あちこちから登る事ができ、気軽に周遊する事ができます。
特に、東から登ると、リフトがあり、楽に登れます。



三角点日記 5月 タメやん 投稿日:2017年05月01日 23:14:13 No.530 【返信】
はや暑い。登山道・踏み跡のクモの巣も増えてきた。

Re:  蜘蛛の巣ならいいけど…    仙岳  投稿日:2017年05月09日 06:57:43 No.537
そうね。特に明るい登山道で、少し被さってきているような所は、蜘蛛の巣があると思って、間違いない。

ところで、先日、梼原町~四万十町間の尾根を歩いていて、奇妙なものを見つけた。
大きな風船のようでもあり、ヒモのない"パラグライダー"のようでもある。
(近々、また行くので、もっと近寄って観察してみよう……)

本当は、これを見に行ったのではなく、こんなものを見に行っていたんです。
満開に近い状態でした。【5/10(日)】



Re: 三角点日記 5月 タメやん 投稿日:2017年05月09日 21:34:36 No.538
昔は三角点一辺倒で、山菜とか花・木とかは興味がなかったが、最近は実利に走りだした。
山菜はちょこちょこ覚えてはいるが、キノコ・花となると手に負えん…。
Re: 三角点日記 5月 タメやん 投稿日:2017年05月12日 15:27:56 No.539
7(日)

・鎌滝山

以前に大渕集落から登ったが、西の古味集落からの林道大河内線での行けるらしいので行ってみた。

参照:http://retireafter38years-2.blogspot.jp/2017/01/77.html

途中の新田神社から

赤ラ木④(660.2m)’17.3.26 ズボラマン

登山口まで行って、引き返した。
山菜なし。

その後、

岩躑躅山

最初の登山口から林道終点へ、そして次の登山口は登らずに、林道をグルッと一周して、山頂直下の登山口も登らずにそのまま林道を下った。

タラの芽少々、イタドリはこじゃんとあった。(等が立っている。)

Re:  岩躑躅山だが……    仙岳  投稿日:2017年05月13日 06:14:14 No.540
>> 最初の登山口から林道終点へ、
とあるが、その終点というのは、地形図にある「1032m標高点」の北の事でしょう ?

ここまでだと、こじゃんと、走り甲斐があるね。

Re: 三角点日記 5月 タメやん 投稿日:2017年05月15日 21:13:54 No.541
14(日)

・雨ヶ森

樫山コースから登った。最近のブログを見ていると、岩柄コースよりこちらの方がメインコースになった感がある。

>その終点というのは、地形図にある「1032m標高点」の北の事でしょう ?

あ、いや、1000m位の所です。

http://maps.gsi.go.jp/#18/33.761638/133.486231/&base=std&ls=std%7Cseamlessphoto&blend=0&disp=11&lcd=seamlessphoto&vs=c1j0l0u0t0z0r0f1&d=vl

ここから少し先に2回目の登山口がありますが、登らずにグル~っと(1072mピーク近くを回るコース)林道を回ってきました。
5年位前に行った成谷③の㈱電源開発の小屋の中に残留物があってそれがどうなっているか確かめたかったが、めんどいので止めた。
Re: 三角点日記 5月 タメやん 投稿日:2017年05月22日 19:16:09 No.562
20(土)

・上森③(378.1m)三里登愛会

登山口は点の記と同じで、幅1m位ですぐに分った。北に尾根を登るとすぐに横道に出た。
殆ど水平でトラバース道の感じだったが、そのうちに林道終点の様な所に来た。
上(北)にはすぐ稜線が見え、間伐もされていてすぐに行けそうだったが、点の記通りに道を直進した。
がこれが間違いで、竹藪になり道も分からなくなった。無理と判断して、林道終点まで引き返した。
テープもある北への直登は、籔もなく新しい登山道だった。すぐに稜線(307mピークのすぐ西のコル)に登ると軽トラが止まっている。西の山伏郷からの林道(大畑④に行く林道)がここまで延伸されていて、約100m先(東)でチェーンソーの音がした。
稜線に最近の踏圧跡があると思ったら、三里登愛会のプレートがかかっていた。

・福田④(285.5m)H26,2 MH

登山口に行くまでに地形図に載ってない新しい道ができていたりして困惑した。
地形図の破線が交わる所が林道終点だが、Pは集落の公民館かそのすぐ先の出荷施設の様な所しかない様だ。
林道終点に小橋があり柵の様な物があったが、ここを通らないと先に進めないのでまたいで進んだ。
すぐにまた柵が2つあり仕方ないので右に谷を渡れる様になっていたので、渡って直進(東)した。暫く進んでGPSで調べたらコースから大きく外れていたので引き返した。
最初に渡渉した所のすぐ上(東)にまた渡渉する所があり渡渉した。小道があり上(東)に行くとさっきと同じなので氏も(西)に戻った。
さっきの2つある柵の少し東に小道があってそこを進んだ。点の記と同じ道だったが、点の記では北から東に曲がる所から破線から分れていたが、実際に分れる道があった。
その道を進むと段々畑の様な水田跡の様な所に出て道が曖昧になった。
東に稜線の様に見えたので登ったら破線の道に戻った。少し進んだがシダっぽくなり、諦めて引き返そうとした時、MH2氏の赤テープを見つけた。
それを頼りにバカ尾根を進んだが、テープが分らなくなり万事休す。水田跡の所まで引き返した。
点の記で左(西)にグルッと回っている所と思われる所を適当に北東に尾根を登ったら、三角点南東のコルの辺に着いたが、シダが酷かった。
稜線道は見えたので藪漕ぎしたらそのうち籔が大分マシになり、何とか三角点に辿り着いた。
同じ道を引き返すのも嫌気がさすので、点の記ルートの南西に尾根を下った。
シダはなく、テープもあった。急な下りで竹の葉が堆積して良く滑る。
何かの弾みで石の塊が、竹の葉の上をスキーヤーの様に滑って行った。
150m辺りで南東方向の尾根にテープがあったのでそちらに折れた。
下の景色が見えだしたら、自分を猪と間違えた農作業中の方がコリャーとか言い出したので、人間の旨言い返した。
三角点に行くには、三角点南東から尾根を直登した方が良さそうだ。
Re: 三角点日記 5月 タメやん 投稿日:2017年05月22日 19:37:20 No.563
21(日)

・風ヶ穴③(552.4m)土佐まほろば山の会

五百蔵有川林道から入った。
宇多姫大権現が△南西(小道を隔ててスグ)にあって、帰って調べた。

http://hanasakiyama.jp/odou/txt/3556UtahimeGongen.htm

ハンノイシ④・赤塚山・天狗岩③(後入山)は行ったのでパスした。

・奴田④(589.8m)’14.11ズボラマン

天狗岩③手前辺りから、林道がやや荒れてきた。勾配も急である。

△周辺が広く緩やかで、△がわかりにくかった。灌木の籔の中で石柱を見つけた。
周りの灌木を少し刈り払ったが、全部やるとなると大変なので止めた。
本当は引き返してタビノ上④黒松④にも行くつもりだったが、急な登り坂の荒れた林道を引き換えす気になれず、そのまま下り帰途に着いた。
Re: 三角点日記 5月 タメやん 投稿日:2017年05月23日 21:30:51 No.564 【Home】
参照:赤塚山周辺林道マップ

名前をクリック
Re: 三角点日記 5月  仙岳  投稿日:2017年05月25日 09:49:47 No.565
『赤塚山周辺』は 面白い。
以前 行ったことがあるが、これほど林道があったとは思わなかった。
(なかったのかも 知れない。何せ、10年ほど前だから……)

ただ、今月は、ちょっと 遠出をするので、行くとしたら、来月になる見込み……
Re: 三角点日記 5月 タメやん 投稿日:2017年05月28日 18:17:37 No.583
27(土)

・沖名④(267.1m)
位置:http://maps.gsi.go.jp/#17/33.519246/133.389494/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0

点線部分は林道になっていたが、林道終点の少し手前高岡山古道の道標があった。
点線は、どうもこれらしい。終点広場から適当に北に登ったら△があった。

・石田④(146.2m)H26.4 MH ’15.7.12 ズボラマン H25.3.3 池澤 藤村
位置:http://maps.gsi.go.jp/#17/33.519497/133.377306/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=seamlessphoto&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=vl

点の記が分りづらく道端の階段を登ってウロチョロしてたら山道があり、登っていたら林道に出た。△北の辺りに林道に青テープがあったのでそれを頼りに△に登った。
同じルートで林道に降り、林道の終点まで行ってみた。△南まで延びており、どうもこれが点の記ルートらしい。


28(日)

・西峯④(267.8m)
位置:http://maps.gsi.go.jp/#17/33.659081/133.772289/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=seamlessphoto&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=vl

岩に埋め込まれていた。

・黒松④(578m)
位置:http://maps.gsi.go.jp/#16/33.666363/133.757257/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=seamlessphoto&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=vl

有瀬からの林道から分れの林道に入った。△までは路面は良かったが、少し過ぎると急に悪路になった。引き返すに引き返せず、何とか走破できた。

・タビノ上④(840.9m)’14。10.5 ズボラマン
位置:http://maps.gsi.go.jp/#16/33.672827/133.745155/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=seamlessphoto&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=vl

△登頂後、林道を北→東に進んでいたが、1km位進んで落石が気になり、さっきの事もあったので引き返した。
この間の林道は、最初の本道からの分れから最初の三叉路を西(黒松④に行かず、ショートカットする感じ。)~タビノ上④直前の峠の6差路までが現役で、黒松④経由やタビノ上④から先(北→東)はダメらしい。

・古井④(735.9m)
位置:http://maps.gsi.go.jp/#16/33.679863/133.766570/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=seamlessphoto&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=vl

・有川②(1006m)’15.2.3 ズボラマン

2等三角点の割りに登頂板は1つだけだった。登山口に間伐材で拵えたイスと机があったので、それで弁当を食べた。

・大比浦④(293.2m)’15.2.3 ズボラマン
位置:http://maps.gsi.go.jp/#16/33.696967/133.758438/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=seamlessphoto&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=vl

分岐から入って300m位で伐採作業をしていたので、そこから歩いて行った。

・浦次④(935.7m)
位置:http://maps.gsi.go.jp/#16/33.702287/133.750048/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=seamlessphoto&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=vl

登山口からネットが張ってあり、△はネットの中にあった。
ネットの中は、皆伐してたので、多分設置されてたであろうズボラマン氏の登頂板はなかった。

・長谷④(948.9m)
位置:http://maps.gsi.go.jp/#16/33.713461/133.747773/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=seamlessphoto&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=vl

林道が延びていて、△は林道のすぐそばにあった。

・中麦④(720.5m)’15.3,10 ズボラマン
位置:http://maps.gsi.go.jp/#16/33.719887/133.760927/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=seamlessphoto&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=vl

段々畑の広い所に△があった。ズボラマン氏はプラ柱の上部にに赤テープを巻きつけて登頂板代わりにしていた。
ひょっとしたら、今日行った古井④・長谷④・黒松④もその方式だったかもしれない。
Re: 三角点日記 5月  仙岳  投稿日:2017年05月31日 13:23:06 No.584
ここ 数日で、茂ノ森~鉢ヶ森周辺は、すべての三角点に登頂したんじゃぁないですか。
やり始めたら、こじゃんと やりますね・・。




 上瀬戸山へ   仙岳  投稿日:2017年05月25日 11:38:19 No.579 【返信】
『5/19(金)』、旧:本川村、長沢ダム上の【上瀬戸山 (点名:鎌薮)③ H=1538.3m】へ行ってきた。
聞いていたとおり、「から滝隧道」を潜ると、すぐに 工事に伴う全面通行止。・・・・写真:左
その近くから、尾根に這い上がる。
尾根筋で、咲き残った「ヤマシャクヤク」の群生地を見つける。・・・・写真:中
あまり濃くない ミヤコザサの尾根を歩いて、山頂j三角点に向かう。・・・・写真:右


Re:  上瀬戸山   仙岳  投稿日:2017年05月25日 11:42:00 No.580
左:上瀬戸山(3等でなく、4等だった)山頂三角点
中:三里登愛会 の看板
右:標石




Re:  竹ノ川山へも・・   仙岳  投稿日:2017年05月25日 11:46:15 No.581
事のついでに 【竹ノ川山 ④ H=1121.7m】にも 行ってきた。
三角点と、標石と、そして、この植物は 何と言うんだろう・・・・・
岩場に生えていた・・



設置のペースが早い タメやん 投稿日:2017年05月25日 20:38:54 No.582
三里登愛会

キティ山岳会の焼き直し・新規蒔き直し・二番煎じと見た。



 三本杭 周辺へ   仙岳  投稿日:2017年05月25日 11:14:41 No.575 【返信】
年明け、ツボミがたくさんあった・・・という情報を得ていた【三本杭】周辺へ行ってきた。 【5/17(水)】のこと。

左:登山口は、ここ
中:【御祝山 ④ H=998.8m】
右:並んだ 標石


Re:  出合     仙岳  投稿日:2017年05月25日 11:18:38 No.576
目的の 1つでもあった 『白いシャクナゲ』出会えた。
それは、御祝山 三角点近くだった。

右:赤白、同時撮影



Re:  三本杭 へ   仙岳  投稿日:2017年05月25日 11:22:56 No.577
三本杭が近づくと、アセビの新芽が 燃えていた。・・・・写真:左
その中に一際大きな シャクナゲ の株を見た。・・・・写真:中
三本杭 山頂 ・・・・写真:右


Re:  三本杭 下山   仙岳  投稿日:2017年05月25日 11:29:00 No.578
三本杭からの下山で見たものは、咲いてすんだ 「ヤマシャクヤク」と、
枯れた大木の先で咲く 「ヤシャビシャク」と、
癒着し、手をつないだ ブナに咲く やはり「ヤシャビシャク」





 阿波の 「国見山」 を越えて   仙岳  投稿日:2017年05月25日 10:56:02 No.571 【返信】
阿波の 【国見山 ② H=1409.1m】 を越えて、【川崎山 ③ H=1200.3m】まで行ってきた。

「国見山:標石」 越しに見る『川崎山頂』・・・・写真:左

どんどん下って行く尾根筋の上空には、オオカメノキ が……・・・・写真:中・右


Re:  川崎山三角点   仙岳  投稿日:2017年05月25日 10:59:53 No.572
川崎山山頂を越え、更に下って、三角点についた。
三角点と、標石と、途中 出会った 「ヒトリシズカ」・・・


Re:  そして 花園で・・   仙岳  投稿日:2017年05月25日 11:01:57 No.573
そして、花園で、春の花を楽しんだ。





 井野川峠から…   仙岳  投稿日:2017年05月25日 10:28:00 No.566 【返信】
井野川山、三滝山へ行った時、『縦走して、小座礼山まで行けるな・・』と状況を見てみたが、藪化していたので、行くのを止めた。
そこで、今度は、上から(井野川峠から)下ってみることにした。

すんなり【井野川峠山 H=1511m】へ行くことができた。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.818162/133.402959/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=pale&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
『補點』が立っていた。



Re:  小座礼山   仙岳  投稿日:2017年05月25日 10:32:42 No.567
更に進んで、【小座礼山 ④ H=1500.4m】 まで行ってみた。
標石は、苔に覆われていた。・・・写真:左

写真 撮影後、ソッと剥がしてみた。・・・写真:中

遠目には、こんな感じの三角点だった。・・・写真:右



Re:  大座礼山へ   仙岳  投稿日:2017年05月25日 10:39:41 No.568
井野川峠まで引き返し、大座礼山に向かう。
例の 『大座礼 ブナ』は、完全に "枯死"していた。・・・・写真:左

その代わりではないが、近くの 大きな 『ハリギリ』 を見てきた。・・・・写真:中

そして、【大座礼山 ② H=1587.6m】まで行ってきた。・・・・写真:右
 


Re:  井野川峠~大田尾峠   仙岳  投稿日:2017年05月25日 10:45:33 No.569
そして、下山は 県境尾根を下った。
今日の道中、いろんな花に出会った。
ミツバツツジ、アケボノツツジ、シロモジ etc
(前の2つは、早から 消去している・・・)


Re:  井野川峠から…   仙岳  投稿日:2017年05月25日 10:47:14 No.570
これは、5月4日(祝日:木曜日) の事だった。



<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -