掲示板
[トップに戻る] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

お名前
Eメール
タイトル
URL
画像添付 ( 3MB以内 )
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

黒潮町 黒林山 仙岳 投稿日:2016年03月29日 10:30:17 No.78 【返信】
【3/21(月:祝)】久し振りに【黒林山 ④ H=222.3m】に行ったみた。
この時季、普通の三角点。(写真:左)

7年半前の 11月は、こんな状況だった。
緑いっぱいの三角点に倒木が横たわっていた。

しかし 今回は 取り除かれていた。
なかなかの世話好きな人が 訪れて来たものだ。(写真:右)





三角点日記 3月 タメやん 投稿日:2016年02月25日 22:44:58 No.28 【返信】
1月2月登頂は無理。
3月も早くて中旬以降になりそうだ。


Re: 三角点日記 3月 仙岳 投稿日:2016年02月28日 06:03:06 No.29
まあ、そう言わずに、行ける範囲で、行ったらいい……
先日は、「平家平~冠山」を歩いてきた。
やはり、雪は少なかった。
その上、天気も良くなかった。

今、整理中だから、出来上がったら載せます。
(「雪は、このくらいだった」の写真です。)


Re: タメやん 投稿日:2016年03月11日 18:03:27 No.47
11(金)

初登り

初めて聞いた山で、以前行った一向谷④の事かと思ったが標高250mらしいので、それらしいのが分らなかったので、慣らしで行ってみた。

・高尾山(タコの山・250m:△なし)
参照:http://blogs.yahoo.co.jp/konoha2065/54057580.html

行ってみたら、走行時間(タコの山から展望台まで10分)から、稜線のコル(峠)がそれらしい。(標高も合っている)
もしそうなら、高尾峠(タコの峠)が正式では?と思った。

復路(表参道?)は少し荒れてたが、しっかりした道だった、
Re: 三角点日記 3月 タメやん 投稿日:2016年03月22日 20:46:23 No.73
21(月)

・工石山①(1176.5m)
参照:http://blogs.yahoo.co.jp/konoha2065/54797875.html
高知日帰り山歩 高知市の里山22山策 谷山省一郎 著

上記の本しかヤケダキコースが分らないマイナールートの様なので、行ってみた。
林道ヤケダキ線は、ふるさと林道工石線の妙体岩コースの南に約800m地点まで延伸されている。
(イボ滝線:入ってすぐに法面崩落で車不可。登山口まで徒歩約20分。)
イボ滝線入口周辺にPできそうな所がなかったので、復路は妙体岩コースを周遊する事として、妙体岩コース入口周辺でPしてイボ滝線まで歩いた。
登山口周辺のバラにめる。石柱から2つ目の枯れた谷を渡るとすぐ90°右折(東)し、
そこら辺から道がやや不明瞭になるが青テープを目印に登ると神社を経て山頂へ。
復路は妙体岩コースを下らずサイの河原に一旦下り、妙体岩へトラバースするコース(道は明瞭(赤白テープあり)に変更した。
Re: 三角点 ヤケダケ④ 仙岳 投稿日:2016年03月24日 22:06:44 No.74
それで、三角点へは行けたんだろうか?
【ヤケダケ ④ H=918.8m】
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.665068/133.497319
これへ行きたいが、行けそうだろうか?

② 車は、どこまで入れるだろうか?
Re: 三角点日記 3月 タメやん 投稿日:2016年03月27日 10:23:19 No.75
林道ヤケダキ線は、ヲモダ地区から入って地形図の川の途切れている所周辺で崖崩れで車は通行不可でした。(約1年前、今は不明。行ける所まで車で行って、Pして歩いて行くのは可能と思われる。)
むしろ反対側(イボ滝線)
入口:http://maps.gsi.go.jp/#17/33.661309/133.507308/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=_ort&vs=c1j0l0u0f0&d=vl
(入ってすぐ車の通行は不可なので、ふるさと林道にPして歩く。)
からだと約20分でヤケダケ④への支線の分岐があります。
位置:http://maps.gsi.go.jp/#17/33.664863/133.501450/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=_ort&vs=c1j0l0u0f0&d=vl
右(北東)に上がって行き、終点からすぐ横の尾根からすぐにヤケダケ④があります。(4年前に登頂済。終点に車が止まっていて(測量か?)ビックリした覚えあり。)
参照:「ヤケダキ」で検索
ちなみに工石山のヤケダキコースは、この分岐の直前にあります。(イボ滝線を歩いた場合。登り口にブルー・ピンクのテープあり)
Re:  ヤケダケ 行ってきました 仙岳 投稿日:2016年03月29日 04:36:36 No.76
ヤケダケ、行ってきました。
教授してもらったコースを忠実にたどり、到達できました。
ありがとう。

事のついでに、近辺のも行ってきました。
整理が出来たら、載せます。





タコの山 仙岳 投稿日:2016年03月15日 04:28:44 No.57 【返信】
書き込みがあったので、行ってみる事にした。
登り口がはっきりしないが、その目標物は はっきりしている。
「タコの山のぼり道直進」の看板だ。[⇔写真:左]

そこから登っていくと、道ぶちに "四阿"。
「猪」注意の看板と共にあった。[⇔写真:中]

その先には、ちょっと古くなっているが、 "茶堂"のような四阿。[⇔写真:右]


Re: 一向谷 三角点 仙岳 投稿日:2016年03月15日 04:32:38 No.58
ちょっとしたコルに出て、導標に従って、左手に向かう。
少し進むと、ちょっとしたピークに出る。
【一向谷 ④ H=270.9m】三角点だ。
標石の向こうは太平洋で、遠く「羽根岬」が見えている。[⇔写真:左]

背後を見ると、「考える村」の白っぽい屋根が見えている。
その向こうには、香北町の『御在所山』のピークも覗いている。[⇔写真:中]

更に西の方角には、太平洋と、ゴルフ場が見下ろせる。
ずっと奥には、石鎚山が見えているはずだが……と探すが… [⇔写真:右]


Re: 石鎚神社 仙岳 投稿日:2016年03月15日 04:36:39 No.59
そうよ、この付近から「石鎚山が 見えるはずだ!」
だから、石鎚神社があるんだろう……と、ひとり合点。
その石鎚神社に着く。[⇔写真:左]

ここで「昨日、タメやんさんから 書き込みがあった。」という青年と再会し、言葉を交わす。
きれいに飾り付けられた「内部」を見る。[⇔写真:中]

更に進むと "石鎚神社の鳥居"だ。[⇔写真:右]


Re: 突端の 展望台 仙岳 投稿日:2016年03月15日 04:39:06 No.60
その向こうの突端には これまた立派な "展望台"。[⇔写真:左]

上がってみると、雄大な太平洋が望める。[⇔写真:中]

ここからも、西の方角に太平洋と ゴルフ場が見下ろせる。[⇔写真:右]


Re: 周辺の 花たち 仙岳 投稿日:2016年03月15日 04:41:19 No.61
結局、「タコの山」はどこなのか…?
判らず終いだったが、わたし的には、展望台のある突先だと思い込み、帰路についた。
帰り道は、足元を気にしながら歩いた。
石鎚神社鳥居前にあった「オンツツジ」。[⇔写真:左]

アップで撮ってみた。[⇔写真:中]

鮮やかに咲いていたが、写真映りが良くなかった「メンツツジ」。[⇔写真:右]


Re: スミレ と ノシラン 仙岳 投稿日:2016年03月15日 04:43:48 No.62
日当たりのいい道端には「スミレ」。 [⇔写真:左]

孟宗竹の林には、「ノシラン」。
漢字で書けば『熨斗蘭』だと! [⇔写真:中]

アップで見ると、ブルーが鮮やかできれい。
株は いっぱいあるのに、実の付いている株は ほとんどない状態だった。[⇔写真:右]


Re: タコの山 仙岳 投稿日:2016年03月15日 04:47:40 No.63
「タコの山」を後にして、次に向かったのが【十二所山 ④ H=310.4m】
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.559501/133.825246
ちょっとした "峠"のような所から登り始める。
この石塔には【左 長谷寺道 従是 壱里十一丁】と彫られている。[⇔写真:左]

少し荒れた、往還のような道(そうよ、参拝道だから…)[⇔写真:中]

15分ほどで、山頂三角点。
いや、山頂ではなく、少し下がった所に、三角点。 [⇔写真:右]


Re: 懸案の山  貌面 仙岳 投稿日:2016年03月15日 04:52:22 No.64
本日の もう一つの目標の山【貌面 ④ H=278.2m】
標石はこれだ。 [⇔写真:左]

この付近一帯は、丘状になっている。周辺部より高いのに、なぜか用水が通じている。
奇妙な気がする。 [⇔写真:中]

いや 本当は、地形図を遠目に見ると、【『貌』(ムジナ)←動物らしい】に見える、と人の言う……


Re:  事のついでに… 仙岳 投稿日:2016年03月15日 04:55:43 No.65
"事"のついでに、車道を奥まで走ってみた。
そして【野地山 ③ H=420.3m】まで歩いてみた。
軽四道のような道は、シダ道となり、更に尾根道となると、三角点は近い。
「シダの猛威を感じるほどではない」[⇔写真:左]

三角点付近の "シダ"は、背が低い。[⇔写真:中]

それこそ、"事"のついでに、『ジルゾウ池』に行ってみた。 [⇔写真:右]



Re: タコの山 タメやん 投稿日:2016年03月19日 14:26:33 No.72
十二所山

去年行ったが、△が分りずらい所にあったなあ。
(20分位探し回った。)

野地山

ここも去年行ったが、雨量測定機はなくなっていた。
(△東のシダがなく、土の所だと思われる。)



愛媛県境の山を探訪 仙岳 投稿日:2016年03月18日 10:13:26 No.67 【返信】
3/15(火)、愛媛県境の山へ行って来た。
その山は、自宅からの距離が(直線距離で)28.3Kmなのに、車で走ると 何と 62.0Km。
これには驚いた。
途中、『龍王の滝』に立ち寄った。[⇔写真:左]

県境の峠(大畑峠?)には、こんな立派な石碑が建っていた。[⇔写真:中]

ここから歩くことも考えたが、尾根道が長くなるので、鬼北町奥藤川から登ることにした。
峠から 200mほどの所に、絶好の眺望箇所があった。
五日谷山、東五日谷山、そして右側に 県境尾根が続く。[⇔写真:右]


Re:  五日谷山③ 三角点 仙岳 投稿日:2016年03月18日 10:16:16 No.68
「奥藤川」三差路から、林道藤川大道線に入る。
すぐにゲート。ここに車を置き、林道を歩く。
「五日谷山登山口」まで、ちょうど 3Km、標高差にして 400mを歩く。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.304824/132.866013
登山口は、こんな状態で、四差路になっていた。[⇔写真:左]

そこから尾根筋を歩く。
最初は イバラの多い 難儀な道。
植林帯にはいると、軽い目の "スズ竹道"[⇔写真:中]
中程から先は、そのスズ竹が "アセビ"に代わる。

三角点ついた。探し回るが "標石"が見つからない。
"点の記"持参だが見つからない。
「3等だし…松の木から 1.72mと、1.70mだから…」と探し回ること、25分。
やっと見つけた。根性と執念の かたまりだった。
【五日谷山 ③ H=904.1m】 [⇔写真:右]


Re:  東五日谷山④ 仙岳 投稿日:2016年03月18日 10:19:34 No.69
林道に戻り、作業道の "五差路"から【東五日谷山 ④ H=938.7m】に向かう。
山頂三角点には "石鎚神社奥の院"が鎮座し、その正面に標石が居座っている。[⇔写真:左]

三角点の樹間からは、霧立山南峰、地蔵山、笹平山が見える。[⇔写真:中]

あとは ゲートまで戻るだけだが、ちょっと近道をしてみた。
が、快適な道ではないので、お薦めはできない。[⇔写真:右]


Re:  仁井田越山④ 仙岳 投稿日:2016年03月18日 10:25:37 No.70
その帰り、【仁井田越山 ④ H=639.4m】に行くべしで "峠"へ行った。
ここにも立派な "石碑"がある。
前回(2007.H19.06.27) 訪れた時、立っていた木柱は、横になっていた。[⇔写真:左]

ちょっと歩いた所にある 三角点。
ここでは、標石は見つけられなかった。

それは、前回(7年前)来た時、伐採木などで覆われ 尽くされていて[⇔写真:右]、探す気さえ失った三角点なので、どうしても見つけようと、執念で尋ねて行ったのだが……以前より、少しは探しやすくなってはいたが……どうしても見つからなかった。[⇔写真:右]


Re: 愛媛県境の山を探訪 タメやん 投稿日:2016年03月19日 14:20:27 No.71
杭がないと枯れ葉で埋もれた△は、探しようもないからなあ…。



こちらに 持ってきました 仙岳 投稿日:2016年03月13日 07:02:00 No.49 【返信】
ご存知ならちょっと教えて下さい  タメやん 投稿日:2016年03月12日 21:21:17 No.48


ふるさとの森

http://www.ynj.jp/tour/tourism/dp12-%E3%81%B5%E3%82%8B%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%AE%E6%A3%AE/index.html

http://www.shimanto-chimei.com/%E3%82%AB%E8%A1%8C-%E3%81%8B%E3%81%8D%E3%81%8F%E3%81%91%E3%81%93/%E3%81%8D-1/%E5%B8%8C%E3%83%8E%E5%B7%9D/

の詳しいコース等が分りません。杓子峠付近らしいんですが…。
地元の方なら、ひょっと知ってると思いまして。


Re: 久木ノ森 ? 仙岳 投稿日:2016年03月13日 07:04:03 No.50
>> http://www.ynj.jp/tour/tourism/dp12-%E3%81%B5%E3%82%8B%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%AE%E6%A3%AE/index.html
>> ハイキングコ-ス,展望台,休憩所,水車小屋等がある。
>> 標高500mの杓子峠から展望台や小鳥の森、水車小屋などを経由する山道。
>> 6時間程はかかるので、小鳥の森の休憩所で昼食をとるとよい。

①「ハイキングコース、展望台」は、判らない。

②「休憩所」は、ここ『久木ノ森』にもある。←多分ここの事だろう
地形図→ http://maps.gsi.go.jp/#16/33.258104/132.986155

★トンネルが出来、残された旧道を遊歩道的に活用して、行政主体で、いろんな行事が催される。例えば、
http://www.attaka.or.jp/kanko/dtl.php?ID=487
http://mantentosa.com/sightseeing/shimanto/kukinomori/index.html

③『杓子峠』から西(594.0m△)、そして東(528.4m△ & 570.7m△)なども行ったが、「展望台や小鳥の森、水車小屋などを経由する」道は、ありません。
★水車があるのは、ずっと 四万十川を下流に下がった「四万十市安並」です。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.001825/132.938175 (水車が有るのは、少し西寄り)

Re: 希ノ川 仙岳 投稿日:2016年03月13日 07:05:11 No.51
>> http://www.shimanto-chimei.com/%E3%82%AB%E8%A1%8C-%E3%81%8B%E3%81%8D%E3%81%8F%E3%81%91%E3%81%93/%E3%81%8D-1/%E5%B8%8C%E3%83%8E%E5%B7%9D

①『希ノ川』は、ここです。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.176245/132.988472

②地域の方の話しによると、「四出」を忌み嫌って、平成の合併に乗じて、正式に地名変更をした、らしい。
事実、河川名とか、橋の名前は、昔のまんま 残っている。
これら名前の管理者は、「県」です。
地域だけが先行した格好になっている。

Re: その他 仙岳 投稿日:2016年03月13日 07:22:19 No.52
「影野のお雪椿」⇔国道ぶちです
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.281391/133.175025

"地吉"の「夫婦杉」  ・確か、ここの神社地にあったと思う
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.254372/132.809150

五葉松(天然記念物)→ 判らない

(別注)
「タコの山」:行ってきたので、近々……


わざわざありがとうございます。 タメやん 投稿日:2016年03月13日 14:25:23 No.53
杓子峠からのコースで58ヘクタールで水車小屋(もしあったら川沿い)から考えると、峠から東~北東方面と思われるが、どうも大分前にコースを作って利用者も少なくそのままほったらかしで(安芸の東山森林公園の色々なコースが藪化したのと同じ様に)朽ち果てたか、あるいは宇都賀山みたいに頓挫したか?
http://ameblo.jp/kochi-romp/entry-10925543786.html
アスレチックコースとか、税金使って造ったものの放置されてるのが多いです。
五葉松 タメやん 投稿日:2016年03月13日 19:38:15 No.54
バッティング タメやん 投稿日:2016年03月14日 19:36:47 No.55
>(別注)
>「タコの山」:行ってきたので、近々……

別の方も、さっそく登られた様です。

http://ameblo.jp/akaikurepasu/entry-12138992864.html
Re: 石鎚神社で 再会 仙岳 投稿日:2016年03月15日 04:24:54 No.56
は~い、ちょうど、登り口で会い、石鎚神社で再会しました。

そうか、「石鎚山」を巡っているからですか……
Re:  大道の 五葉松 仙岳 投稿日:2016年03月16日 02:40:44 No.66
奥大道の "五葉松"ですが、近くを通る機会があったので、気に掛けて走った。
ありました。上等の看板が……。場所はここです。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.288722/132.900111

しかし、ちょっと離れた所で地元の方(複数)に会ったので確認したら、
「ありゃぁ、だいぶ前に、枯れてしもうて、切ってしもうた…」という事でした。
せっかく、看板を見つけたのに、誠に残念でした。





松尾峠から 鉢ヶ森 周辺を… 仙岳 投稿日:2016年03月06日 20:51:41 No.39 【返信】
3/04(金)、香美市(旧:香北町)と 大豊町界の「松尾峠」から 鉢ヶ森周辺を巡ってきた。
登山口は、"峠"を少し北へ下った ヘアーピンカーブ。
(写真:左)

そこからの登山道は、思ってもみなかった "雪道"。
(写真:中)

先ずは、【松尾越山 ④ H=1118.5m】をゲット。
以前は ここから尾根筋を伝って「鉢ヶ森」まで登れたのに、
(写真:右)で見るように、道が塞がっているように見える。
しかし、踏み跡はしっかりしているので、行こうと思えば、潜って行ける状態だった。



Re: 先ずは、鉢ヶ森へ 仙岳 投稿日:2016年03月06日 20:58:21 No.40
"ゴトゴト石"の谷筋を通る。
ミツバツツジのシーズンが楽しみだ。
(写真:左)

鉢ヶ森を大きく回り込むように、反時計回りに、トラバース気味に登っていく。
帰りには、登山道脇で "マンサク"(黄色だった)の満開を見た。
(写真:中)

17年ぶりに訪れた 山頂三角点。
傾いた「ネイチャーハント」の標札をただし、三脚を据えて、登頂写真を撮る。
以前の山頂状況に比べると、張られたロープが切れたり、樹木が枯れて 折れたり、倒れてしまうなど、山林荒廃が進んでいるように感じられた。
(山頂:右)



Re: 次に登ったのは、谷相山(3等三角点) 仙岳 投稿日:2016年03月06日 21:05:57 No.41
次に登った【谷相山 ③ H=1249.9m】
怪奇な亡霊のような コンクリート造りの建物が 残存する登山道。
振り返る背後には眺望が見られる。
(写真:左)

今日の山頂三角点は、こんな状況だった。
(写真:中)

しかし、18年前は こんなスズ竹に囲まれていた。
(写真:右)



Re: 次から 次へと 三角点巡り 仙岳 投稿日:2016年03月06日 21:13:51 No.42
次に向かったのは【谷相八丁山 ④ H=1145.2m】
三角点は 広く刈り明けられている。
背後に見えるは、谷相山。
(写真:左)

その次は、【谷相清水山 ④ H=1053.2m】
ここも 最近、測量された模様で、周辺は きれいに 伐開されている。
やはり 背後の山は、谷相山。
(写真:中)

本日最終は、【高場山 ③ H=974.7m】
山頂三角点の背後には、それこそ 登るのも困難そうな "大岩"が 鎮座していた。
(写真:右)


Re:  本日の とりは……神社の… 仙岳 投稿日:2016年03月06日 21:24:50 No.43
【谷相 八幡山 ④ H=584.2m】
ここは、神社です。
神社の横に三角点があるのです。
(写真:左:鳥居です)

「社」と「三角点」の位置関係です。
神社の右の方に 白い"標柱"が見えています。
(写真:中)

三角点と、標石と、神社の建物、の位置関係です。
(写真:右)




Re: 松尾峠から 鉢ヶ森 周辺を… タメやん 投稿日:2016年03月11日 17:45:42 No.46
あ、去年の5月に鉢ヶ森北東の大王山③に行った時に同じ△(八丁・清水・八幡)に行ってる。
相谷山側に廃墟が4棟(反対側に1棟)・△近くに反射板が2つあった。
近くの桧尾④・土ヶ畝④も比較的新しくできた△だが、取りこぼしてるなあ…。
ご存知ならちょっと教えて下さい タメやん 投稿日:2016年03月12日 21:21:17 No.48
ふるさとの森

http://www.ynj.jp/tour/tourism/dp12-%E3%81%B5%E3%82%8B%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%AE%E6%A3%AE/index.html

http://www.shimanto-chimei.com/%E3%82%AB%E8%A1%8C-%E3%81%8B%E3%81%8D%E3%81%8F%E3%81%91%E3%81%93/%E3%81%8D-1/%E5%B8%8C%E3%83%8E%E5%B7%9D/

の詳しいコース等が分りません。杓子峠付近らしいんですが…。
地元の方なら、ひょっと知ってると思いまして。



鈴ヶ森を 大きく一周 仙岳 投稿日:2016年03月10日 11:39:13 No.44 【返信】
【3/08(火)】"鈴ヶ森"を周遊してきた。
今回は、松葉川温泉を起点に、反時計回りに周回した。
これがなかなかのモノで、落枝・倒木も多かったし、登山道が不鮮明な所もあったりして、時間も要したした。
しかし例の場所では、満開の「マンサク」が出迎えてくれた。
そして 近くにある "タムシバ"の大木は、多くのツボミが膨らんでいたので、1週間先には 満開を迎えるだろう。
満開の "マンサク"をお目にかけます。
(木が大きすぎて、写真が撮りにくかった)



Re: 「補点」を 新たに 2個確認 仙岳 投稿日:2016年03月10日 11:41:32 No.45
周回の 所要時間等を示します。
【松葉川温泉 H=285m】⇔出発の起点
【高山登山口 H=445m (車で移動)L=5.2Km】→【川奥峠 H=515m】
【窪42図根点 H=677.6m L=970m 歩高=+230m/-0m】⇔(写真:左)
【馬木山分岐 H=856m L=750m 歩高=+178m/-0m】
【大野見分岐 H=961m L=1190m 歩高=+161m/-56m】
【鈴ヶ森 ② H=1054.1m L=1120m 歩高=+139m/-46m】→【鈴ヶ森展望所】→【"マンサク"等 開花場所】
【3町界(窪46図根点) H=896.9m L=2970m 歩高=+140m/-297m】
【シャクナゲの森 H=856m L=1800m 歩高=+161m/-202m】
【杖立山 ③ H=832.1m L=930m 歩高=+77m/-101m】
【窪39図根点 H=516.6m L=2960m 歩高=+51m/-366m】⇔(写真:右)
【森が内登山口 H=295m L=890m 歩高=+40m/-262m】
【松葉川温泉 H=285m L=510m 歩高=+0m/-10m】

【合計 歩行距離 L=14,090m 歩高= +1180m/-1340m= -160m】






<< | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -