掲示板
[トップに戻る] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

お名前
Eメール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

 不入山 へ 仙岳 投稿日:2016年09月26日 10:32:38 No.296 【返信】
【9/24(土)】 急に思い立って 【不入山 ① H=1336.2m】 に行って来た。
今回は、「四万十川源流碑」 から登ってみた。
[写真:左]……岩土集落 から見る 不入山。
[写真:中]……四万十川 源流の碑
[写真:右]……源流碑建立の由来


Re:  不入山 へ 仙岳 投稿日:2016年09月26日 10:34:51 No.297
一応、「源流地点」 の写真。
乱雑な、小径木が多いため、遠くから撮れず、局部的な写真になった。
今回は 雨のため、"源流点"より上流も、滝のように流れていた。
[写真:左]……左支川の流れ
[写真:中]……"源流点"(合流点)
[写真:右]……右支川の流れ


Re:  不入山 へ 仙岳 投稿日:2016年09月26日 10:36:32 No.298
[写真:左]……"源流点"上の 「三差路分岐」(立派な ものになっていた)
[写真:中]……「尾根道ルート」 は、藪化していて、通行困難な状況。
[写真:右]……刈り明けられた "スズ竹の道" には、立派な ヒメシャラが……。


Re:  不入山 へ 仙岳 投稿日:2016年09月26日 10:38:23 No.299
山頂三角点では、
ご神体の抜けた 古い "祠"
バランスのとれた 標石と 山名板





三角点日記 9月 タメやん 投稿日:2016年09月06日 21:25:52 No.267 【返信】
12号も早かったが、13号らー出来てから1日半で高知に来ゆう。
(その代わりに、まったい。)


Re: 三角点日記 9月 仙岳 投稿日:2016年09月07日 10:38:56 No.269
その 13号に 悩まされている。
山行を 決行すべきか、中止すべきか…

今日の 明日だから 判断に、困っている。
(いつも 日曜日の人ばかりなら いいんだけど……)

http://www.tenki.jp/mountain/normal/8/41/1087.html
Re: 三角点日記 9月 タメやん 投稿日:2016年09月18日 11:25:35 No.294
台風の関係で三連休はこの日しかないと思い行ってきた。

17(土)
・五位ヶ森②(1185.1m)山湯華飯 ’16.3.13 ズボラマンYY

参照:http://www.sanyukai.sakura.ne.jp/goigamori.html

畑山温泉から登るのが一般的だが、今回の中津尾コースの方が距離的高さ的に有利と思ったが、急な登りが多く時間がかかった。
温泉コースの方が林道出会いとかもあり、良いと思われる。
Re:   五位ヶ森 仙岳 投稿日:2016年09月20日 04:57:31 No.295
「五位ヶ森」は、行ったことがあるが、どこから登ったか? 思い出せない。
畑山地区 方面からの通常コースでないことは確か。

行ったのは、ずっと昔のことだから…、
眺望はそこそこあったように思うが、それも思い出せない。



 西赤石山~物住頭 仙岳 投稿日:2016年09月13日 09:05:30 No.287 【返信】
先週【9/08(木)】 霧雨の中、「西赤石山」を歩いて来た。
過去 何回も歩いたルートだが、丸5年ぶりの 訪問。

天候は、最初から "霧雨"。傘さし歩行となる。
いろんな(鉱山関連)施設はすべて飛ばして(立ち寄らず)、"ダイヤモンド水" で立ち休み。
地下水は、相変わらず ダブダブと出ている。
その脇には、キレンゲショウマ が移植されていた。
そういえば、近くに (自転車)トイレが 建てられていた。(初めて 見た!)


Re:  西赤石山~物住頭 仙岳 投稿日:2016年09月13日 09:07:35 No.288
更に 新しい事と言えば、図根点に【東山 H=1392m】の標識が出来ていた。
http://maps.gsi.go.jp/#15/33.863458/133.330529/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0f1

「銅山越」の西にある【西山 ③ H=1428.7m】と対峙する位置にある山で、"伊達"ではないと思われた。


Re:  西赤石山~物住頭 仙岳 投稿日:2016年09月13日 09:11:27 No.289
西赤石山三角点に着いた。
ここでは 霧雨は、止んでいた。昼食タイム。

気が付いた。 以前、ここにあった山頂標識が無くなっている。
そう言えば、西のピークに 立っていた なぁ……。
[写真:左]……当日の山頂
[写真:右]……2010.H22.08.28


Re:  西赤石山~物住頭 仙岳 投稿日:2016年09月13日 09:20:02 No.290
次は、【物住頭 ④ H=1634.6m】
同じように、山頂三角点の変化を並べてみると……。
[写真:左]……2006.H18.10.15
[写真:中]……2011.H23.05.20
[写真:右]……2016.H28.09.08(今回)


Re:  西赤石山~物住頭  誰かさん 投稿日:2016年09月15日 06:33:14 No.293
物住頭の標石が、だんだん飛び出してきゆう ?



 針ノ木岳 ・ 蓮華岳 仙岳 投稿日:2016年09月07日 10:46:45 No.270 【返信】
8月も残り少なくなった 25日(木)から、 「針ノ木岳~蓮華岳」 を目指した。
駐車場は 「扇沢」。  当日 朝は、朝焼け。 いい雰囲気ではない。(写真参照)

朝が まだ 早かった事もあり、人出は ボチボチ。
先ずは、 "扇沢駅"の屋上にある 電子基準点: 「R大町3」を確認する。
(駅舎の屋上にあり、 丸い "電球" のように見える)


Re:  針ノ木岳 ・ 蓮華岳 仙岳 投稿日:2016年09月07日 10:49:49 No.271
今年は、 「針ノ木雪渓」に 雪渓が残されてない、と言う事で、この 「雪渓ルート」 は "下山ルート" に使う。
「柏原新道」で高度を稼ぐ。
"扇沢駐車場"が見えてくると、 蓮華岳、針ノ木岳が目に飛び込んでくる。

目の前に、 鳴沢岳、岩小屋沢岳 が近寄ってくると…、
稜線に 「種池山荘」が 出現する。


Re:  針ノ木岳 ・ 蓮華岳 仙岳 投稿日:2016年09月07日 10:55:19 No.272
「種池山荘」で小休後、 爺ヶ岳 に向かう。
この頃から ガスが湧いてきだした。
【爺ヶ岳中峰 ③ H=2669.9m】の山頂三角点。
"中峰" は見えてはいるものの、 周辺はガスに包まれる。


Re:  針ノ木岳 ・ 蓮華岳 仙岳 投稿日:2016年09月07日 10:58:11 No.273
【爺ヶ岳南峰 H=2665m】に着く。
角張った石で 立派な "ケルン" が組まれている。
"図根点"の標柱を入れて、 ちょっと格好を付けてみる。


Re:  針ノ木岳 ・ 蓮華岳 仙岳 投稿日:2016年09月07日 11:01:11 No.274
「種池山荘」に戻り、 西に向かう。
まず最初は、 【岩小屋沢岳 ③ H=2630.5m】
縦走路から少し入った所に "山頂"が作られてるが、 (ここには) 三角点は ない。
少し戻って、 ハイマツの中を探して、標石を見つける。
しっかりと、確認する。


Re:  針ノ木岳 ・ 蓮華岳 仙岳 投稿日:2016年09月07日 11:05:28 No.275
「新越(乗越)山荘」近くに、 (地形図に載ってない)新しい "頂上" を見つける。
【新越岳 H=2623m】 
山頂部は、 岩塊 だらけ。
(ハイマツ の向こうに、"岩小屋沢岳" の山頂が 見えている)

そこの看板には、 こんなことが書かれている。


Re:  針ノ木岳 ・ 蓮華岳 仙岳 投稿日:2016年09月07日 11:08:36 No.276
【鳴沢岳 H=2641m】も岩の転がる頂上部。
霧雨で、眺望はまったくなし。


Re:  針ノ木岳 ・ 蓮華岳 仙岳 投稿日:2016年09月07日 11:11:48 No.277
【赤沢岳 ③ H=2678.0m】
標柱は 健在。 標石は、 かなり 傾いている。
ここも 眺望なし。


Re:  針ノ木岳 ・ 蓮華岳 仙岳 投稿日:2016年09月07日 11:13:24 No.278
珍しい名前の 【スバリ岳 H=2752m】 (由来は、 近くの谷・渓流の名前から来ているらしい)
この付近は ずっと Up-Downの 岩稜地帯。
しかし ガスのためか、恐怖心は あまりない。(こんな事ではいけないが……)


Re:  針ノ木岳 ・ 蓮華岳 仙岳 投稿日:2016年09月07日 11:17:51 No.279
念願の【針ノ木岳 ③ H=2820.7m】 (ガスで 眺望なし)
標柱と 標石は だいぶ離れている。
標石は、 "盤石"に乗っかったまま 囲いなしで 置かれている。


Re:  針ノ木岳 ・ 蓮華岳 仙岳 投稿日:2016年09月07日 11:21:42 No.280
霧雨が止むのを待って、【蓮華岳 ② H=2798.7m】に登る。
山頂部には、先ず、「若一王子神社奥院」の "祠"。
だいぶ離れて、 山頂標識。
また 離れて、 三角点 が造られている。
その標石は、 風雪で 刻印が かなり薄れていた。


Re:  針ノ木岳 ・ 蓮華岳 仙岳 投稿日:2016年09月07日 11:24:18 No.281
この長くて、 Up-Down がきつく、危険な岩稜地帯を伝う縦走路、 ちょっと息抜きできる場所には、 チャンと 花が咲いていた。
会いたくなかった 「ライチョウ」に会い、 霧雨に見舞われ、 眺望のなかった "超パノラマコース"。
また行く機会があれば、 是非とも 行ってみたい "縦走路"だ…!


Re:  針ノ木岳 ・ 蓮華岳 タメやん 投稿日:2016年09月13日 21:18:50 No.291
富山県の様ですが、そこまでは何(車・列車・飛行機等)で行くんですか?
Re:  針ノ木岳 ・ 蓮華岳 仙岳 投稿日:2016年09月15日 06:29:45 No.292
今回のこれは、「高知駅前観光」 のツアーでした。
個人山行 (複数の時もある) は、すべて、マイカーでした。
登山口と、下山口が離れている場合は、 「回送」 を依頼しました。
この道にたけてる人がいたので、楽に、迅速に対応でき、助かりました。
また、北海道は、 「舞鶴~小樽」フェリーを使いました。

この キャンペーン いいですね。
安くて、申し込みも簡単だし……。
http://www.michitabi.com/roundtour/




 滝下天狗塚 仙岳 投稿日:2016年09月13日 05:53:09 No.282 【返信】
先日【9/10(土)】、急に 思い立って『滝下天狗塚』へ行って来た。
すでに 「林道終点広場」の登山口には 地元 徳島ナンバーが来ていた。
ここでは(標高 855m)はや、"アケボノソウ"が 咲いていた。(昆虫がいる)
谷筋の奥では、 "トモエソウ"が咲き残っていた。
春やら、夏やら、秋やら……季節が コンガラガリソウ……。
(この"徳島車"、人が数人 歩いた形跡は伺えたが、山中では出会わなかったし、下山した時も まだ残っていた)
(多分、"サガリハゲ山"へ 行ったんだろう……)


Re:  滝下天狗塚 仙岳 投稿日:2016年09月13日 05:56:47 No.283
谷筋の「丸見谷渓流取水設備」管理棟近くに、今春 咲いていた「ヒトリシズカ」はこんなになっていた。
[写真:左]……「丸見谷渓流取水設備」管理棟
[写真:中]……春(今年 4月中旬)
[写真:右]……現在


Re:  滝下天狗塚 仙岳 投稿日:2016年09月13日 05:59:23 No.284
先ずは、【点名:大野 ③ H=1419.4m】に到着。
ここには、今年の春には 無かった「大茶山」の標識が立っていた。

ここから 「滝下天狗塚」に向かうが、途中に "眺望箇所"がある。
写真は 撮りにくいが、『滝下天狗塚、北山、(名を知らないので)無名峰 が並ぶ "団子3兄弟山"』


Re:  滝下天狗塚 仙岳 投稿日:2016年09月13日 06:03:00 No.285
【滝下天狗塚 H=1445m】
[写真:左]……山頂
[写真:中]……山頂から見る "菅生蔭集落" と「三嶺」
[写真:右]……少し南にふると、西熊山~天狗塚~牛の背


Re:  滝下天狗塚 ~ 北山 仙岳 投稿日:2016年09月13日 06:05:23 No.286
事のついでに、【北山三角点 ④ H=1424.8m】
[写真:左]……山頂三角点
[写真:中]……その標石
[写真:右]……今回の縦走路で見た、春の光景(タムシバ)





表銀座~東鎌尾根~ 槍ヶ岳 へ 仙岳 投稿日:2016年09月05日 19:08:38 No.255 【返信】
8月中旬、北アルプス、「表銀座~東鎌尾根」歩いて来た。
最初は、どうしても行ってみたかった峠、『野麦峠』へ行った。
ご存じ、 『あゝ 野麦峠』で有名な 『峠』。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%82%9D%E9%87%8E%E9%BA%A6%E5%B3%A0

そこには いろんな 石塔などが立っているが、何といっても『あゝ 飛騨が 見える』の石像だろう。
近くには、木造の古っぽい「お助け小屋」もあった。


Re:  表銀座~東鎌尾根~ 槍ヶ岳 へ 仙岳 投稿日:2016年09月05日 19:12:10 No.257
その時、"峠"の 県道ぶちに設置された【野麦峠一等水準点 H=1672.5m】は見逃さなかった。
丸見を帯びた 標石が、丸見を帯びた保護石 4個に護られ、鎮座していた。


Re:  表銀座~東鎌尾根~ 槍ヶ岳 へ 仙岳 投稿日:2016年09月05日 19:15:42 No.258
翌日、「"燕岳"に登るべし」で 合戦尾根を登る。
"合戦小屋" に着くと、ちょうど、ヘリが到着したところ。
運んできたばかりの 『名物 スイカ』 をいただく。


Re:  表銀座~東鎌尾根~ 槍ヶ岳 へ 仙岳 投稿日:2016年09月05日 19:19:37 No.259
"合戦小屋"から近い尾根筋で【合戦沢の頭 ③ H=2488.2m】をゲット。
そこからは、見通す 稜線上に『槍ヶ岳』が 「早く おいでよ…」 と呼んでいるようだった。


Re:  表銀座~東鎌尾根~ 槍ヶ岳 へ 仙岳 投稿日:2016年09月05日 19:24:10 No.261
稜線上の「燕山荘」に着き、【燕岳 ② H=2763.0m】に向かう。
そこへの登山道には、「コマクサ」が暑さに耐えながら、残っていた。
また、山頂からの眺望も良く、立山・雄山、剱岳 が望めた。


Re:  表銀座~東鎌尾根~ 槍ヶ岳 へ 仙岳 投稿日:2016年09月05日 19:27:56 No.262
次に 向かったのが、【大天井岳 ③ H=2922.1m】
ここからは、「前穂高岳~奥穂高岳~(大キレット)~南岳~中岳~槍ヶ岳」が望めた。
歩いて来た "表銀座縦走路"を見下ろすと、こんな感じ。


Re:  表銀座~東鎌尾根~ 槍ヶ岳 へ 仙岳 投稿日:2016年09月05日 19:35:34 No.263
「大天井ヒュッテ」に泊まった翌日、【赤岩岳 ③ H=2768.9m】に這い上がる。
三角点からの 眺望は 大変良く、"槍ヶ岳"をバックにすると こんな景色に…。
穂高の連山をバックにすると、こんな景色に……。
いっぺんに 写すと、こうなります。


Re:  表銀座~東鎌尾根~ 槍ヶ岳 へ 仙岳 投稿日:2016年09月05日 19:41:06 No.264
更に 南に向かうと 【西岳 H=2758m】
"ケルン"と標柱に挟まれて 「槍ヶ岳」が窮屈そう。
本当は、こんな景色が 展開している。【写真--中】
山頂から、「ヒュッテ 西岳」を俯瞰すると……【写真--右】


Re:  表銀座~東鎌尾根~ 槍ヶ岳 へ 仙岳 投稿日:2016年09月05日 19:45:33 No.265
「東鎌尾根」を歩く。
「槍ヶ岳」を見上げながら、"至福の歩み" となる。


Re:  表銀座~東鎌尾根~ 槍ヶ岳 へ 仙岳 投稿日:2016年09月05日 19:50:11 No.266
【槍ヶ岳 ② H=3179.7m】に 登る。
山頂の祠、そして "標石" など……  


Re: 表銀座~東鎌尾根~ 槍ヶ岳 へ タメやん 投稿日:2016年09月06日 21:42:54 No.268
野麦峠って、噴火した御嶽山の近くにあったのか。



三角点日記 8月 タメやん 投稿日:2016年08月07日 20:15:51 No.241 【返信】
梅雨も明け、晴天が続いていたので約3箇月ぶりに登ってみた。

7(日)

・行川③(1085.5m)
参照:http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-866152.html
(この人この山に午後4時から登るとは、恐れ入る。)

林道が稜線直下まで伸びているらしく、その林道も航空写真で入口の見当がついた。

林道入口(3の看板):地形図の行川(斜め字の川名)近くの一本線。この500m手前にも似た入口(2の看板)があり、間違えて30分ロスした。Pは林道入口直前か、少し手前の新装された橋周辺。

いきなり入口にチェーンがされており、車で行こうとする計画がパーになった。林道終点まで徒歩1.5~2時間。
そこから稜線の降り口(行川③と八丁越の中間点。ピンクのテープ多数。)まで直登30分。

・八丁山④(1061m)

行川③からきれいな稜線なのですぐに着くと思いきや、一部稜線道がない?所もあり、北にトラバースしたりして何とか登頂できた。
(ここの登頂は無理かと諦めていたので、感慨もひとしおだった。)

稜線の降り口まで戻った後すぐ南の八丁越まで行ってみたが、痩せた稜線のコブで地形図点線の道は分らなかった。

服もスボンも、汗でずぶ濡れになった。


Re:  行川③ ・ 八丁山④ 仙岳 投稿日:2016年08月15日 05:37:08 No.242
この 5日間ほど、北アルプスの 表銀座~東鎌尾根 を歩き、「槍ヶ岳」にも登ってきた。
天候にも恵まれ、素晴らしい山行だった。
が、やはり縦走路でも 南面は無風状態で、蒸し暑く、また、アップダウンの繰り返しなどで 大変疲れた。
(写真は、"槍ヶ岳"に通じる 長く厳しい 東鎌尾根の急登を、西岳山頂から見下ろしたもの)
昨日、お盆の Uターンラッシュと共に 帰宅して、この書き込みを見た。

嶺北地域で 登り残っている【行川③、八丁山④】
今までは ずっと、東側から登る事ばっかり考えていたが、そうか、西側から登れるのか……。
そんな事、思いも付かなかった。
"点の記"と「杉」地形図ばかり眺め、考えていた。
(知り合いの山友は、7,8年前、東側からの林道を(入口の鎖から)3時間ほど掛けて歩き、登ってきた、と言っていた。)

この書き込みのおかげで、双方:2つの三角点へ行ける見通しが付いたので、是非とも行かせてもらおう。
ただ、日中の林道歩きは 暑いので、ちょっと 涼しくなってからにしよう と思う。


Re: 三角点日記 8月 タメやん 投稿日:2016年08月21日 19:04:27 No.243
近場の取りこぼしと新設に行った。

・北山(193m)
位置:http://maps.gsi.go.jp/#17/33.553631/133.438901/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=_ort&vs=c1j0l0u0f0&d=vl

何もなし。以前登頂済の手前の三角点をのぞいたら、土佐まほろば山の会の木杭が草刈り機で切られていた。

・北屋式④(202.4m)2016,7,9 ズボラマン
位置:http://maps.gsi.go.jp/#17/33.565567/133.415383/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=_ort&vs=c1j0l0u0f0&d=vl

H26,8,31新設
コヤノサコ④(これも新設:桐ノ木③東)は、数年前に登頂済

・北成山④(317,3m)2016,7,9 ズボラマン

H23,11,16新設
ここと前のはタッチの差で先着されていて、両方とも札をかける木がないのでプラスチックの標柱にくくりつけられていた。

・山根沖④(22.6m)
位置:http://maps.gsi.go.jp/#17/33.550475/133.411918/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=_ort&vs=c1j0l0u0f0&d=vl

H25,7,25新設
コンクリの階段に埋め込み。ここももしかしたらズボラマン氏が来てたかもしれないが、木も標柱もなく札を掛ける場所が全くない。

全て道路のそばにあったが、それでも大汗をかいた。
Re: 三角点日記 8月 仙岳 投稿日:2016年08月23日 17:17:17 No.244
№243 で行ったことのあるのは、【山根沖④(22.6m)】だけ。

外は、行ってないが、近くの これらには 行っている。
・宇治川 ・http://maps.gsi.go.jp/#16/33.538426/133.431122

それと、吹越  ・http://maps.gsi.go.jp/#16/33.544632/133.417926
Re:  №244 の訂正 仙岳 投稿日:2016年08月25日 06:28:41 No.251
前ページ(№244)の (吹越)が 違っていた。
【吹越 Ⅳ H= 61.5m】は、ここだった。
 http://maps.gsi.go.jp/#15/33.511200/133.426123/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0f0
Re: 三角点日記 8月 タメやん 投稿日:2016年08月28日 17:20:12 No.252
28(日)

午後から小雨みたいなので、早めに出かけた。

・北向③(大己屋山:1262.4m)割れたキティー

参照:http://blog.goo.ne.jp/reihoku-nature-guide/e/ab7253e86a2aa9ca98b0d4cd031aece7

ここもあまり登頂のブログ等がなく、また林道も崩落しているなどの情報もあり逡巡していたが、行ってきた。
桑の川橋(林道入口)から11.7km(6支線起点から5.2km)に登り口。作業道をスイッチバック式にジグザグに歩き、中腹位から草の少ない所を直登。
下って少ししたら小雨が降り出したし携帯のGPSも使えないので、桑ノ川④・桑ノ川山④は中止した。
Re: 三角点日記 8月 仙岳 投稿日:2016年08月29日 22:15:22 No.253
【大己屋山】へは、2002.H14.11.30(土)、地図とコンパスだけで 行っていた。
林道終点広場に駐車し、ここから西向けて谷筋を稜線まで登り、その稜線を北上して三角点に着いた、とある。
 http://maps.gsi.go.jp/#16/33.809640/133.531566/&base=std&ls=std%7Ccp&disp=11&lcd=cp&vs=c1j0l0u0f1

山頂からは、ほぼ全周が見え、「白髪山 と 鎌滝山」が呼指できた、とある。

☆ 14年前の三角点と 見比べて見てみて!


Re: 三角点日記 8月 タメやん 投稿日:2016年08月29日 23:39:01 No.254
三角点周辺はそれほど笹?はなかったが、見晴らしは悪かった(東側がかすかに見えた)。
大分昔のブログは林道終点から登るのしかなくて、それも逡巡していた理由の一つだ。



<< | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -