掲示板
[トップに戻る] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

お名前
Eメール
タイトル
URL
画像添付 ( 3MB以内 )
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

こちらに 持ってきました 仙岳 投稿日:2016年03月13日 07:02:00 No.49 【返信】
ご存知ならちょっと教えて下さい  タメやん 投稿日:2016年03月12日 21:21:17 No.48


ふるさとの森

http://www.ynj.jp/tour/tourism/dp12-%E3%81%B5%E3%82%8B%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%AE%E6%A3%AE/index.html

http://www.shimanto-chimei.com/%E3%82%AB%E8%A1%8C-%E3%81%8B%E3%81%8D%E3%81%8F%E3%81%91%E3%81%93/%E3%81%8D-1/%E5%B8%8C%E3%83%8E%E5%B7%9D/

の詳しいコース等が分りません。杓子峠付近らしいんですが…。
地元の方なら、ひょっと知ってると思いまして。


Re: 久木ノ森 ? 仙岳 投稿日:2016年03月13日 07:04:03 No.50
>> http://www.ynj.jp/tour/tourism/dp12-%E3%81%B5%E3%82%8B%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%AE%E6%A3%AE/index.html
>> ハイキングコ-ス,展望台,休憩所,水車小屋等がある。
>> 標高500mの杓子峠から展望台や小鳥の森、水車小屋などを経由する山道。
>> 6時間程はかかるので、小鳥の森の休憩所で昼食をとるとよい。

①「ハイキングコース、展望台」は、判らない。

②「休憩所」は、ここ『久木ノ森』にもある。←多分ここの事だろう
地形図→ http://maps.gsi.go.jp/#16/33.258104/132.986155

★トンネルが出来、残された旧道を遊歩道的に活用して、行政主体で、いろんな行事が催される。例えば、
http://www.attaka.or.jp/kanko/dtl.php?ID=487
http://mantentosa.com/sightseeing/shimanto/kukinomori/index.html

③『杓子峠』から西(594.0m△)、そして東(528.4m△ & 570.7m△)なども行ったが、「展望台や小鳥の森、水車小屋などを経由する」道は、ありません。
★水車があるのは、ずっと 四万十川を下流に下がった「四万十市安並」です。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.001825/132.938175 (水車が有るのは、少し西寄り)

Re: 希ノ川 仙岳 投稿日:2016年03月13日 07:05:11 No.51
>> http://www.shimanto-chimei.com/%E3%82%AB%E8%A1%8C-%E3%81%8B%E3%81%8D%E3%81%8F%E3%81%91%E3%81%93/%E3%81%8D-1/%E5%B8%8C%E3%83%8E%E5%B7%9D

①『希ノ川』は、ここです。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.176245/132.988472

②地域の方の話しによると、「四出」を忌み嫌って、平成の合併に乗じて、正式に地名変更をした、らしい。
事実、河川名とか、橋の名前は、昔のまんま 残っている。
これら名前の管理者は、「県」です。
地域だけが先行した格好になっている。

Re: その他 仙岳 投稿日:2016年03月13日 07:22:19 No.52
「影野のお雪椿」⇔国道ぶちです
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.281391/133.175025

"地吉"の「夫婦杉」  ・確か、ここの神社地にあったと思う
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.254372/132.809150

五葉松(天然記念物)→ 判らない

(別注)
「タコの山」:行ってきたので、近々……


わざわざありがとうございます。 タメやん 投稿日:2016年03月13日 14:25:23 No.53
杓子峠からのコースで58ヘクタールで水車小屋(もしあったら川沿い)から考えると、峠から東~北東方面と思われるが、どうも大分前にコースを作って利用者も少なくそのままほったらかしで(安芸の東山森林公園の色々なコースが藪化したのと同じ様に)朽ち果てたか、あるいは宇都賀山みたいに頓挫したか?
http://ameblo.jp/kochi-romp/entry-10925543786.html
アスレチックコースとか、税金使って造ったものの放置されてるのが多いです。
五葉松 タメやん 投稿日:2016年03月13日 19:38:15 No.54
バッティング タメやん 投稿日:2016年03月14日 19:36:47 No.55
>(別注)
>「タコの山」:行ってきたので、近々……

別の方も、さっそく登られた様です。

http://ameblo.jp/akaikurepasu/entry-12138992864.html
Re: 石鎚神社で 再会 仙岳 投稿日:2016年03月15日 04:24:54 No.56
は~い、ちょうど、登り口で会い、石鎚神社で再会しました。

そうか、「石鎚山」を巡っているからですか……
Re:  大道の 五葉松 仙岳 投稿日:2016年03月16日 02:40:44 No.66
奥大道の "五葉松"ですが、近くを通る機会があったので、気に掛けて走った。
ありました。上等の看板が……。場所はここです。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.288722/132.900111

しかし、ちょっと離れた所で地元の方(複数)に会ったので確認したら、
「ありゃぁ、だいぶ前に、枯れてしもうて、切ってしもうた…」という事でした。
せっかく、看板を見つけたのに、誠に残念でした。





松尾峠から 鉢ヶ森 周辺を… 仙岳 投稿日:2016年03月06日 20:51:41 No.39 【返信】
3/04(金)、香美市(旧:香北町)と 大豊町界の「松尾峠」から 鉢ヶ森周辺を巡ってきた。
登山口は、"峠"を少し北へ下った ヘアーピンカーブ。
(写真:左)

そこからの登山道は、思ってもみなかった "雪道"。
(写真:中)

先ずは、【松尾越山 ④ H=1118.5m】をゲット。
以前は ここから尾根筋を伝って「鉢ヶ森」まで登れたのに、
(写真:右)で見るように、道が塞がっているように見える。
しかし、踏み跡はしっかりしているので、行こうと思えば、潜って行ける状態だった。



Re: 先ずは、鉢ヶ森へ 仙岳 投稿日:2016年03月06日 20:58:21 No.40
"ゴトゴト石"の谷筋を通る。
ミツバツツジのシーズンが楽しみだ。
(写真:左)

鉢ヶ森を大きく回り込むように、反時計回りに、トラバース気味に登っていく。
帰りには、登山道脇で "マンサク"(黄色だった)の満開を見た。
(写真:中)

17年ぶりに訪れた 山頂三角点。
傾いた「ネイチャーハント」の標札をただし、三脚を据えて、登頂写真を撮る。
以前の山頂状況に比べると、張られたロープが切れたり、樹木が枯れて 折れたり、倒れてしまうなど、山林荒廃が進んでいるように感じられた。
(山頂:右)



Re: 次に登ったのは、谷相山(3等三角点) 仙岳 投稿日:2016年03月06日 21:05:57 No.41
次に登った【谷相山 ③ H=1249.9m】
怪奇な亡霊のような コンクリート造りの建物が 残存する登山道。
振り返る背後には眺望が見られる。
(写真:左)

今日の山頂三角点は、こんな状況だった。
(写真:中)

しかし、18年前は こんなスズ竹に囲まれていた。
(写真:右)



Re: 次から 次へと 三角点巡り 仙岳 投稿日:2016年03月06日 21:13:51 No.42
次に向かったのは【谷相八丁山 ④ H=1145.2m】
三角点は 広く刈り明けられている。
背後に見えるは、谷相山。
(写真:左)

その次は、【谷相清水山 ④ H=1053.2m】
ここも 最近、測量された模様で、周辺は きれいに 伐開されている。
やはり 背後の山は、谷相山。
(写真:中)

本日最終は、【高場山 ③ H=974.7m】
山頂三角点の背後には、それこそ 登るのも困難そうな "大岩"が 鎮座していた。
(写真:右)


Re:  本日の とりは……神社の… 仙岳 投稿日:2016年03月06日 21:24:50 No.43
【谷相 八幡山 ④ H=584.2m】
ここは、神社です。
神社の横に三角点があるのです。
(写真:左:鳥居です)

「社」と「三角点」の位置関係です。
神社の右の方に 白い"標柱"が見えています。
(写真:中)

三角点と、標石と、神社の建物、の位置関係です。
(写真:右)




Re: 松尾峠から 鉢ヶ森 周辺を… タメやん 投稿日:2016年03月11日 17:45:42 No.46
あ、去年の5月に鉢ヶ森北東の大王山③に行った時に同じ△(八丁・清水・八幡)に行ってる。
相谷山側に廃墟が4棟(反対側に1棟)・△近くに反射板が2つあった。
近くの桧尾④・土ヶ畝④も比較的新しくできた△だが、取りこぼしてるなあ…。
ご存知ならちょっと教えて下さい タメやん 投稿日:2016年03月12日 21:21:17 No.48
ふるさとの森

http://www.ynj.jp/tour/tourism/dp12-%E3%81%B5%E3%82%8B%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%AE%E6%A3%AE/index.html

http://www.shimanto-chimei.com/%E3%82%AB%E8%A1%8C-%E3%81%8B%E3%81%8D%E3%81%8F%E3%81%91%E3%81%93/%E3%81%8D-1/%E5%B8%8C%E3%83%8E%E5%B7%9D/

の詳しいコース等が分りません。杓子峠付近らしいんですが…。
地元の方なら、ひょっと知ってると思いまして。



鈴ヶ森を 大きく一周 仙岳 投稿日:2016年03月10日 11:39:13 No.44 【返信】
【3/08(火)】"鈴ヶ森"を周遊してきた。
今回は、松葉川温泉を起点に、反時計回りに周回した。
これがなかなかのモノで、落枝・倒木も多かったし、登山道が不鮮明な所もあったりして、時間も要したした。
しかし例の場所では、満開の「マンサク」が出迎えてくれた。
そして 近くにある "タムシバ"の大木は、多くのツボミが膨らんでいたので、1週間先には 満開を迎えるだろう。
満開の "マンサク"をお目にかけます。
(木が大きすぎて、写真が撮りにくかった)



Re: 「補点」を 新たに 2個確認 仙岳 投稿日:2016年03月10日 11:41:32 No.45
周回の 所要時間等を示します。
【松葉川温泉 H=285m】⇔出発の起点
【高山登山口 H=445m (車で移動)L=5.2Km】→【川奥峠 H=515m】
【窪42図根点 H=677.6m L=970m 歩高=+230m/-0m】⇔(写真:左)
【馬木山分岐 H=856m L=750m 歩高=+178m/-0m】
【大野見分岐 H=961m L=1190m 歩高=+161m/-56m】
【鈴ヶ森 ② H=1054.1m L=1120m 歩高=+139m/-46m】→【鈴ヶ森展望所】→【"マンサク"等 開花場所】
【3町界(窪46図根点) H=896.9m L=2970m 歩高=+140m/-297m】
【シャクナゲの森 H=856m L=1800m 歩高=+161m/-202m】
【杖立山 ③ H=832.1m L=930m 歩高=+77m/-101m】
【窪39図根点 H=516.6m L=2960m 歩高=+51m/-366m】⇔(写真:右)
【森が内登山口 H=295m L=890m 歩高=+40m/-262m】
【松葉川温泉 H=285m L=510m 歩高=+0m/-10m】

【合計 歩行距離 L=14,090m 歩高= +1180m/-1340m= -160m】






今年 2度目の雪山へ 仙岳 投稿日:2016年02月29日 07:03:04 No.30 【返信】
2/24(水)、今年、二度目の "雪山"。 
平家平~冠山、縦走です。
粉雪が舞う登山道を登る。
(写真:左)

樹林限界を過ぎ、笹原に出る。
笹原から見下ろせるはずの「岩ノ谷山」は、その姿を見せてくれない。
(写真:中)

そんな中、【平家平 ③ H=1692.7m】に到着。
三角点の標石は こんな状態。
(写真:右)


Re: 平家平から 冠山へ 仙岳 投稿日:2016年02月29日 07:06:13 No.31
少し風が出て来た。
冠山に向かう。
(写真:左)

北風の影響で 枝半分に "エビの尻尾"が着いている。
(写真:中)

褶曲した 大岩が見えてくると "冠山"は近い。
(写真:右)



Re: 冠山山頂で… 仙岳 投稿日:2016年02月29日 07:08:13 No.32
【冠山 H=1732m】到着
(写真:左)

"冠山"には、国土地理院の三角点は、無い。
しかし、林野庁の三角点がある。
ここ:冠山は、補点。→『補點』と、旧字体です。
(写真:中)

刻印が読みづらいので、雪をなすり付けてみた。
良くわかる。
(写真:右)



Re: 下山後は 別の山へも… 仙岳 投稿日:2016年02月29日 07:11:14 No.33
下山する時、立ち寄った三角点。 【岩ノ谷山 ④ H=1428.6m】
本当、大岩の上に「金属標」を貼り付けた状態の三角点だ。
(写真:左= この写真の中央に、その"標")

ついでに立ち寄った 三角点。
【輪ノ畝山 ⇔点名:大薮 ④ H=751.2m】
(写真:中)

三角点への道端に、(四角い)観音堂がある。
その観音堂の下に 『ミニ八十八ヶ所』がつくられ、
石仏が整然と並んでいる。
(写真:右)



Re: 見つからなかった 三角点 仙岳 投稿日:2016年03月01日 04:26:10 No.34
途中、「高薮」で三角点を見つけに行きました。
しかし 標石は見つけられませんでした。
GPSを持った 3人が探し回ったが、残念ながら……
見つけた人は、連絡いただければ、うれしいですが……

【点名:高薮 4等 H=727.0m TR4-5033-52-4801 "点の記"有り(ちょっと古いが…)】
地形図は、http://maps.gsi.go.jp/#16/33.791333/133.353528
経緯度は、【世界系{N33.47.28.8 E133.21.12.7}/日本系(N33.47.17 E133.21.22)】
現地は、人家下の草原(茅場)で農道脇にあるものと推測される。
当日は、大雑把に、全面的に、刈り明けていて、自由に歩ける状態だった。
しかし、イノシシが掘りたくって、掘った土の下になっているのか、
もしかしたら、国土地理院が 引き上げたのかも知れない……と思うようにもなった。
(写真は、H27.11.29撮影。この草は、刈られている)


Re: 今年 2度目の雪山へ タメやん 投稿日:2016年03月01日 18:42:36 No.35
>"冠山"には、国土地理院の三角点は、無い。
>しかし、林野庁の三角点がある。

林野庁の三角点が載っている地形図(あるいは、座標等)ってありますか?
Re: 林野庁の 図根点 仙岳 投稿日:2016年03月02日 04:14:43 No.36
① 森林管理署ごとに「地形図= 計画図」がある。
①-1 添付写真は、「四万十森林管理署」の 『黒尊の奥の端っこ: 三本杭付近』の地形図です。
①-2 これを見ると分かるように、図面は "23葉"有る。
①-3 縮尺は、1/20,000。 図面サイズは、A0~A2。
①-4 これには "国土地理院"の「三角点と標高」も記載されている。(△マーク)
①-5 当然、森林管理署の "図根点"も表示されている。(▽マーク)
①-6 「八面山」にも 図根点(H=1165.4m)がある事が分かる。
①-7 点名と標高が青字で表示されている。
(宇5 1156.8 ←点名:「宇和島森林管理署」の 5番目の意味と、標高)

② 座標等は 図面に表示されていない。(判らないので、図面で判断するしかない)
③ 「森林管理署で購入できる」との話しを聞いた事がある。 が、どうか判らない。
>"冠山"には、国土地理院の三角点は、無い。
>しかし、林野庁の三角点がある。
林野庁の三角点が載っている地形図(あるいは、座標等)ってありますか?



Re: 図根点のランク 仙岳 投稿日:2016年03月02日 07:04:46 No.37
追伸
図根点を ランク的に言えば、

◇主:「主席」の意味だと思う。
・少し大きめで、上部が丸くなっている。
(写真は、本川の "鷹ノ巣山" ←立派ですね!)

◇次:「次席」の意味だと思う。
(全部の標石に刻印があるとは限らない)

◇補點’(補点):上のランクを補うの意味だろう。
・「冠山」がこれに当たる。
(全部の標石に刻印があるとは限らない)

★ 寒風山は、「次」か、「補點」か?
多分、「次」だと思う。


Re: 今年 2度目の雪山へ タメやん 投稿日:2016年03月03日 20:20:15 No.38
計画図は、ネットには載ってない様だ。



雪山のつもりが…… 仙岳 投稿日:2016年02月14日 05:43:33 No.25 【返信】
2/11(祝:木)、【伊予富士 ③ H=1756.2m】に行ってきた。
雪山のつもりで行ったが、ほとんど無かった。

写真(左):"桑瀬峠"の状況(伊予富士 と 西黒森)
写真(中):"遊林窪"近くからの 伊予富士
写真(右):迫ってくる "伊予富士"



Re: 雪山のつもりが…… 仙岳 投稿日:2016年02月14日 05:46:49 No.26
"伊予富士"山頂からの "石鎚山"


Re: 雪山のつもりが…… 仙岳 投稿日:2016年02月14日 05:50:18 No.27
"伊予富士"山頂から「寒風山~笹ヶ峰方面を振り返る。
(黒森山の左肩に、「伯耆大山」が 真っ白く見えていた)

「ちち山」と "冠山"の間に見える『法皇山脈(二ツ岳など)』を引き寄せてみた。






六川山 2等三角点へ 仙岳 投稿日:2016年02月07日 11:05:54 No.21 【返信】
1/31(日)、四万十町南部の【六川山 ② H=507.7m】に行ってきた。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.202722/133.216694
「六川山」に立つのは、6度目。
今までは、いずれも、西側の「与津地」地区から登っていたが、今回は初めて、南側の「興津郷分地区」から登った。
当然、地元有志の案内をいただきました。

ルートマップの通り、郷分地区から尾根筋をたどり、「大鶴津」分岐から北向きの尾根に乗り換え、山頂三角点に向かうルートを取りました。
帰りは少し変化をつけ、「興津峠」へのルートから戻る、ちょっとした周回コースとしました。
【ルートマップ】【三角点の様子】



Re: 六川山への 展望所 仙岳 投稿日:2016年02月07日 11:11:34 No.22
途中、4箇所の展望所がありました。
高度が増すにつれ、海の碧、太平洋の広さ、足摺半島の変貌、そして 山の緑の変化 が素晴らしく、目の保養になりました。


Re: 三崎山三角点を 眺めてきた 仙岳 投稿日:2016年02月07日 11:19:46 No.23
帰りには、興津:小室の浜に出て、
岩の上に乗っかっている【小室の浜 ④ H=7.4m】三角点から、【三崎山 ③ H=218.7m】を眺めてきた。






ほけが森の 火気(ホケ) 仙岳 投稿日:2016年01月15日 14:21:38 No.14 【返信】
1/14(木)、今日は、四万十川支流の 勝間川を遡る。
目的は、「ほけが森」にあるという「ホケの噴き出し口」を見つける事。
登山口は、教えてもらった、ここ。http://maps.gsi.go.jp/#16/33.056470/132.752159

★ この 支尾根から 本尾根に乗る。そしてまもなく 尾根で「ホケ」を発見。
早速 手を差し込んで 確認する。
http://maps.gsi.go.jp/#17/33.064000/132.751806
【世界系{N33.03.50.4 E132.45.06.5}/H=660m】

★ その他にも、約24m離れた所でも発見。
ここは数ヶ所に点在している。
http://maps.gsi.go.jp/#17/33.064167/132.751972
【世{N33.03.51.0 E132.45.07.1}/H=665m】


Re: 「ほけが森」 にも行ってきた 仙岳 投稿日:2016年01月15日 14:24:08 No.15
事のついでに【ほけが森 ③ H=751.7m】に行ってみる。
(左) 三角点写真
(右) 三角点から北東に 170m離れた所からの眺望
(左の突出した山:戸祇御前山/中央付近の最高峰:霧立山)


Re: 下藤山 三角点 仙岳 投稿日:2016年01月15日 15:18:33 No.17
今度は 引き返して【下藤山(点名:楠山) ② H=641.9m】
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.049667/132.743778
今日の三角点(左)と、約14年前(2002.H14.10.20) とは、時季も違うし、印象もこじゃんと違う。

☆ 『オンツツジと照葉樹に囲まれた、こぢんまりとした山頂広場。
何の標識もなく、色あせたポールと、爺さんのように"苔髭"を生やして 貫禄のついた標石。
ここ十数年、人が訪れたこともなさそうな雰囲気である』 と書かれている。
(この "オンツツジ"は、枯れていた)


Re: 下藤山 三角点の標石 仙岳 投稿日:2016年01月15日 15:20:50 No.18
その時(右の写真)と 標石の違いも 顕著に出ている。
『爺さんのように"苔髭"を生やして 貫禄のついた標石』が ズバリ 当たっている。


Re: ほけが森の 火気(ホケ) タメやん 投稿日:2016年01月17日 20:27:14 No.19
登山口に、木?の梯子がありましたか?
登ろうとして登れなかったが、下見にジモチーの方に聞いたら、
展望台が3ヶ所?あるらしいが…。
Re: ほけが森の 火気(ホケ) 仙岳 投稿日:2016年01月18日 04:35:01 No.20
>> 登山口に、木?の梯子がありましたか?
>> 登ろうとして 登れなかったが…
★登山口に "木の梯子"があるのは、ここです。
しかし、もう壊れていると思います。
が、この梯子の所さえ(無理してでも)上がれば、あとは 緩やかな道が続いていて、簡単に、山頂三角点に行けます。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.061901/132.757491
 ↑ここが、梯子のある登山口

>> 展望台が3ヶ所? あるらしいが…。
★は~い、あります。
登山道脇ですので、すぐ判ります。
1ヶ所は、三角点から 更に 170m先です。
ただし、「展望【台】」ではなく、「展望【箇所】」です。

★今回、私達の登山口は、ここでした。
http://maps.gsi.go.jp/#16/33.056542/132.752277
☆この谷には、壊れた 小さな"小屋"の残骸が放置されている。
この谷相のカーブ(だいぶ広くなっている)に駐車し、北向いて尾根に達し(H=390m)、その尾根を 北西向けて直登すると、標高点(H=588m)近くの"本尾根"に出る。
そこから北向けば、「ホケの場所」、及び【ほけが森 ③ H=751.7m】となります。
(添付の 青色は"復路"/反時計回りに歩いた)





<< | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -