震度2:震度6弱 ≒ 加速度(gal)比で 1:67 - 掲示板/ロイヤルシャトー長泉(BBS/Royal Chateau Nagaizumi of DAIWA HOUSE and DAIWA LIFENEXT)
トップページ > 記事観覧
震度2:震度6弱 ≒ 加速度(gal)比で 1:67 ( No.407 )
日時: 2018年07月10日 11:33
名前: 小心者 [ 返信 ]
[ 削除 ]
2018年7月7日 20時23分ごろ発生した地震(震源地千葉県東方沖、深さ50km、M6.0)の 長泉町観測震度はでした(左図気象庁data)

発生時刻:2018年7月7日 20時23分ごろ
震源地:千葉県東方沖
最大震度:5弱
マグニチュード:6.0
深さ:50km
緯度/経度:北緯35.1度/東経140.6度
-----------------------------------------------------------------------------


南海トラフ巨大地震発生時には長泉町で 震度6弱~6強 が予測されています

震度2と震度6弱を(地表面)実効加速度(単位:gal)で比較しますと、左図のようになります。

震度2 : 震度6弱 = 1.9 gal ~ 5.9 gal : 190 gal ~ 336 gal

震度2 : 震度6弱  =  1 : 67
  ←(参考)実効加速度中央値での比

震度2 : 震度6強  =  1 : 120  ←(参考)実効加速度中央値での比

震度6の揺れは、震度2の揺れの3倍程度などと思っている方はいないと思いますが、実効加速度(gal)中央値で比較すると上記のような倍率「未体験の揺れ」となります。



【参考】
*震度計で記録された地震波(加速度)に工学的な処理を施し、次の式で「計測震度」を求めます。

  I = 2 log( a )+ 0.94  (計算された I の小数第3位を四捨五入し、小数第2位を切り捨てたものを計測震度とする。)

「I 」は計測震度、「log」は常用対数、「a」は工学的に処理された実効加速度です。


・気象庁/震度データベース検索:http://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/

・気象庁|「a」実効加速度、「I 」計測震度の算出方法:http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/kyoshin/kaisetsu/calc_sindo.htm

・気象庁|震度と加速度:http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/kyoshin/kaisetsu/comp.htm

・計算サイト|加速度の換算:http://calc-site.com/units/acceleration

題名
名前
パスワード(記事メンテ時に使用)
コメント
画像添付