亜鉛さんメモリアル掲示板
[トップに戻る] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

お名前
Eメール
タイトル
URL
画像添付
イメージアイコン [イメージ参照]
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

阿蘇山の巨大噴火? デンスケ 投稿日:2017年12月14日 14:47:01 No.495 【返信】
アイコン愛媛県の伊方原発が危ない?? 広島高裁が危険と判断した。
その判断には、阿蘇山巨大噴火で被害が出て大災害になる。地図を見れば大分市はその中間距離にる。数万年に一度の巨大噴火を予測してのことだが、その時には九州が火砕流で埋まるか? 恐ろしいことを知ったが、まずありえないことでしょう。心配したところでどうしようもない。
でもやはり原発は出来るだけ避けたいのが本音でしょう。デンスケもできればすべて停止してもらいたいが、近ごろ電気自動車の到来を言っています。その電力はどこから来るのか?





金正恩ですね リオブラボウー 投稿日:2017年12月06日 16:30:13 No.494 【返信】
アイコンめぐみさんは、40年前に拉致されたので、あの親分は35歳?位ですのでありえるかもね。
これは、飯山一郎書で立派な単行本で3年前の発行です。中国系、韓国系、日本系 研究者による調査の結果のようです。マスコミはどうして騒がないのか疑問ですね。
「知らないのは日本人だけ」と写真入りですよ。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     でラッパな薯 





もう年末ですね。 リオブラボウー 投稿日:2017年12月03日 17:02:02 No.491 【返信】
アイコン大分寒くなりました。皆さんはお元気そうですが、登山は気をつけてくださいね。雪ね。
所で、最近読んだ本でビックリしたのですがね。
北朝鮮の金正日委員長が、40年前に拉致された横田めぐみさんの子供だとのことですが、
これは3年ほど前に発行した本ですがね。したがって、横田めぐみさんは、優雅な生活を送っているとのこと。コメントをお願いしま~す。


Re: もう年末ですね。 コアラ 投稿日:2017年12月05日 18:07:00 No.492
アイコン金正日ではなくて金正恩では?
金正日が横田めぐみさんの子供では年齢的に有り得ない。
金正恩が横田めぐみさんの子供なら年齢的には有り得るかな・・
でもそうだとすると横田めぐみさんは金正日の第xx夫人という事??
有り得ない話のように思います。

横田めぐみさんは金正日か金正恩の日本語の先生だったとかの記事を
見た記憶があります。めぐみさんが彼らの秘密を知ってるから表に
出せない、めぐみさんは生きていて大事に扱われている、と記事に
有りました。こっちの方が有り得る気がしますが・・・
Re: もう年末ですね。 デンスケ 投稿日:2017年12月06日 08:57:36 No.493
アイコン昨日は、滋賀県高島市のピックランドと言いまして、「メタセコイア並木」が一昨日テレビで紹介され、家内と二人で行ってきました。
さて、リオさん、お久しぶり、---面白い話題ですね、金一家の素性は作り話も多いので信用なりませんが、リオさん提供の話題はーーー、コアラさんが指摘の通りーーー、でも、デンスケはその本を読んでいません。
めぐみさんは、金一家の秘密を知ってしまったので日本へは返せないというのが実情かな?恐ろしいことです。
それより、忘年会の季節です。12月中旬に3件の忘年会を予定しています。



南禅寺の紅葉 コアラ 投稿日:2017年11月18日 16:55:58 No.489 【返信】
アイコン11月14日、15日と大阪、京都へ行って来ました。14日は中学時代の同級会、15日は京都観光で南禅寺の紅葉見物もしました。丁度見頃でとてもきれいな紅葉が見れました。昼食で名物の湯豆腐も食べて来ました。

Re: 南禅寺の紅葉 デンスケ 投稿日:2017年11月19日 13:27:43 No.490
アイコン大阪と京都、今は紅葉が見ごろ、特に南禅寺は面積も広いし、水道橋も珍しいでしょう。デンスケは2年前に行きました。
デンスケも出歩いていました。11月16日は姪の結婚式が神戸のオリエンタルホテルであり、三ノ宮駅から歩いていると「ルミナリエ」の準備工事をしていました。17日は兵庫県中央部の芳賀町にある「東山温泉」へ老人クラブの親睦バス旅行でした。温泉の近くに紅葉も少しだけあり、ちょっぴり紅葉見物。
急に気温が低下、昼間も暖房のお世話になっています。



茅葺の里へ行きました。 デンスケ 投稿日:2017年11月02日 10:27:59 No.484 【返信】
アイコン10月30日、31日、京都の茅葺の里へ行きましたが平日なので観光客はほとんど見受けず。
その後、京都市内へ。途中の高尾ドライブウェーでは、紅葉がきれいでしたよ。一つのお寺(西明寺:サイミョウジ)では、テレビドラマ「科捜研??」のロケーション撮影に出くわしました。観光客は足止めを食っていましたが、我々はお寺参りですというと、丁寧に係員が誘導してくれましたよ。またドライブウェーでもう一つ、スポーツカーの撮影会があり、これも、観光客は足止めでしたが、我々は通り過ぎるだけといいうと、これも誘導してくれました。世界中から集めたのかな?新車ばかり100台ぐらい並んでいました。撮影はご遠慮くださいとのことでした。京都市内ではお寺参り、と言っても立ち寄ったのは二つのお寺だけ。京都市内の観光地は車から見るだけでしたが、外国人観光客が多いのにはびっくり。それも自転車利用が多いのが特色でした。


Re: 茅葺の里へ行きました。 リオブラボウー 投稿日:2017年11月04日 09:38:48 No.485
アイコン藁葺屋根懐かしいですね。昔の我が家もそうでした。
Re: 茅葺の里へ行きました。 コアラ 投稿日:2017年11月05日 09:53:55 No.488
アイコン京都にもこんな所があるのですね



東海秋祭り ジャンク童 投稿日:2017年11月04日 22:45:04 No.486 【返信】
アイコンご無沙汰しています、皆さんお元気のようです、
名古屋恒例の東海秋祭り、の写真です。昼の部、夜の部2枚です。


Re: 東海秋祭り コアラ 投稿日:2017年11月05日 09:53:05 No.487
アイコン皆さんお元気そうで何よりです。
お酒の瓶が多いですね・・・



大船山登山 コアラ 投稿日:2017年10月26日 15:39:26 No.482 【返信】
アイコン10月20日に九重連山の一つ、大船山に登って来ました。
あいにくの小雨模様」、止めようかな?とも思いましたが
レインウエアを着ての登山は未経験なので経験して見ようと
変な理由で登山を決行しました。

登山口まで観光協会が運行している観光登山バスを利用しました。
このルートが一番楽に登れます。シニアのご夫婦が3組一緒でした。
この時期、山頂周辺は紅葉のピークなので予定した登山でしたが、
残念ながらの天候で頂上はガスに覆われ至近距離の紅葉しか
見れませんでした。

頂上では記念写真を撮影し、食事も取らずに下山、下山後駐車場の
車の中でゆっくり昼飯、その後温泉でのんびりしました。
自宅出発が5:40頃、登山バス出発が7:30、登山開始が8:00、
頂上到着10:00、頂上出発10:45、登山口着12:30でした。

最初の写真は下山途中に撮影した大船山の山腹の紅葉です。
最後のきれいな紅葉の写真は2013年に登った時の写真です。
この景色を見たくて登ったのですが・・・


Re: 大船山登山 デンスケ 投稿日:2017年10月29日 08:09:24 No.483
アイコン雨の中でも紅葉真っ盛り、値打ちがあったと思います。足元がやばいときがありますが、無事下山、良い経験になりましたね。
さて、台風21号ではデンスケの近くでも大雨と強風で少しの被害が報告されていました。デンスケも田んぼに作業道具を入れていた小屋を置いていましたが、倒れていました。もう不要なのでその場で解体しました。田んぼの周りには、ほかの方々の3個のスチール製の小屋がありましたが、すべて倒れていました。大きいものはクレーンを呼んで引き起こしていました。
そして、今日の午後から夕方には台風22号が近づく予報、万全の構えで臨みます。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板 素材屋レトロ
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -