日比国際結婚アドバイスコーナー > 記事観覧
フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9071 )
日時: 2015年12月22日 06:59
名前: 桜島仙人 [ 返信 ]
[ 削除 ]
アイコン私と同じ境遇の方の参考になれば幸いです。
 知恵袋で質問した結果、日本のみで離婚が成立しておればフィリピン人と再婚できる派とできない派はそれぞれ半々。
自分に都合の良い答えを採択してしまうのが人間の性。
 具備証明と、離婚証明を持って現地の市役所でマリッジライセンスを申請するのですが、離婚証明も提出したためか、NSOでセノマーを取得するように言われ、それを添えて再び申請するのですが、JUDIAL PETITION FOR CONFIRMEATION OF DIVOCE PAPERSなるものを取得した後再度申請してくださいといわれました、これを取得して申請すればマリッジライセンスは発行されますが、取得には前婚姻が発生した市役所まで足を運ばなければならないし、取得まで最長6ヶ月かかることもあるということでした。
2人のそれぞれつながりの無い弁護士に聞いたところ、口をそろえて5万ペソくらいかかるといわれました。
 あるいは、婚姻具備証明書だけ提出していたならば受け付けてくれたのかもしれません、、、、、
多額の費用と時間のかかるアナルメントとRecognition of Divorceしか知らなかった私には前述の方法があるとは初耳でした。
このあと合法的に(書類上)結婚し帰国したのですが、時間がなくなったのでその顛末は次回アップします。

1 | 2 | 3 | >>
▼ページの最下部に移動
Re: フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9102 )
日時: 2016年01月31日 07:55
名前: 桜島仙人 [ 返信 ]
[ 削除 ]
アイコン善行さん、カビテさん、ありがとうございます。
町役場の書類はスタンプとサインが入っていたので公印と思っていました、入管への参考資料として提出したいと考えています。
 私が申請したセノマーはNO5でした、申請したらすぐに発給してくれたそうです。
 思うにこの問題最初に婚姻許可申請をしたときに、離婚証明は示さず婚姻具備証明だけを提出していたら受け付けたかもしれませんね、でも、その場合後々の手続きに疑問が生じたでしょうか?
私の今回の選択は正しかったのでしょうか

Re: フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9103 )
日時: 2016年01月31日 17:16
名前: 善行 [ 返信 ]
[ 削除 ]
アイコン>婚姻許可申請をしたときに、離婚証明は示さず婚姻具備証明だけを提出

これが出来てしまったとすると、日本人の身分が独身(婚姻歴無し)となって、最終的に日本大使館でのビザ申請で引っかかることにもなりかねません。この訂正(独身→離婚)をするのに厄介な手続きが発生してしまいます。ただし、日本大使館も申請者全員の申請書類をチェックしているとは思えませんので、見逃されればビザ発給となります。

従って、桜島仙人さんの提出書類で○です。


Re: フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9110 )
日時: 2016年02月23日 20:02
名前: 桜島仙人 [ 返信 ]
[ 削除 ]
アイコンそんなこんなで、pSAに登録される前のマッリジコントラクトの原本が?
すべてをお願いした役場の市民課課長から手渡され、それを持ってCFOセミナーを受講しに行った彼女、私は半信半疑でしたが、ちゃんと受理され受講できたそうです。

Re: フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9111 )
日時: 2016年02月23日 20:11
名前: 桜島仙人 [ 返信 ]
[ 削除 ]
アイコン肝心のPSA登録が反映されるのは3月ということでした、CFOセミナーを受講した彼女は、次にDFAへパスポート申請に向かったのですが、ここでまた問題が発生、かのじょの出生証明の性別が空欄になっていたため、受理されず、仕方なく登録地の役場で修正をして貰い,バコロドのPSAへエンドーズしにいくのですが、ここでは出来ず、結局マニラで登録しなければならなくなりました。、、、、、、




Re: フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9113 )
日時: 2016年02月25日 08:35
名前: Cavite [ 返信 ]
参照: http://philippin.net/
[ 削除 ]
アイコンCFO講習時に提出するのは市役所発行のMCではなかったはずです、PSA発行のMCではなかったでしょうか? 

会場は何処の講習会場でしょうか

どちらにしても、比国内で上手くいっても、管轄の日本入管及び在比マニラ日本領事館ではPSA発行の再婚後のMCが必要となります、問題はこれがPSAより発行されなければ、厳しいと思います。

Re: フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9117 )
日時: 2016年02月26日 04:03
名前: Cavite [ 返信 ]
参照: http://www.philippin.net/
[ 削除 ]
アイコン追伸: CFO受講するにも、DFAで婚姻後の姓でPS申請しようと致せば、PSA発行の再婚後のMCが必要となりますね。

申請自体独身時の姓でも作れますまた来日も可能ですので来日に向け急ぐ場合の手法ではありますが、一方来日後の生活上で見れば初回申請時に婚姻後の姓で作成するのが多方面からも経済面からもベストでしょうか。

将来お子さんが生まれ帰国や比国から出国時に母のPS姓とお子さんのPS姓が違うのでいちいち証明しなきゃならないので、
また管轄の入管からもビザ更新の度に夫の姓へと突かれますしね。

Re: フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9132 )
日時: 2016年03月31日 14:36
名前: 桜島仙人 [ 返信 ]
[ 削除 ]
アイコンCFO受講も無事終わり、、さてパスポートを新しい姓で申請してもらおうとDFAへ行ってもらったのですが、彼女の出生証明の性別欄が空白になっていることを指摘されました、これまでマリッジライセンス、婚姻PSA登録、CFOと進んできたのですがここにいたって初めて発覚、もちろん私も気づかずでした、出生届時点での役場係員のミスだと思いますが、いままでそれに気づかなかった各関係機関もいい加減なものだと呆れてしまいました。
 しかしこれを訂正して貰わないと進めないので、役場を通して修正にかかりました、結構な時間がかかるということでしたので、速攻でやっつけてくれるように頼みました、一ヶ月で修正できました、特急料金は、1,000p出しました。
 ようやくマリッジコントラクト、と出生証明をEMS する様に指示したところです、これから日本サイドのイミグレへの申請に移ります。
彼女のほうは在留許可が下りるまで休憩です。

Re: フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9138 )
日時: 2016年04月29日 05:31
名前: 桜島仙人 [ 返信 ]
[ 削除 ]
アイコン4/25ようやくようやく、彼女のパスポートが発行されました、彼女が自ら申請しました。
普通料金だったので約3週間ほどかかりました。
これで新しい姓でのパスポートが出来ましたので、あとは日本サイドの仕事、在留許可認定申請にかかります。
あらかじめ書類は作成してあったので、パスポートのコピーをつけるだけにしてありました。
 本申請書類のほかに、申請書類に書いた事実を証明するための添付書類、自分は現在自営業で設備補修等でここ数年ずっと所得税申告は赤字計上でしたので、その理由書と、妻が来日しても十分生活できる根拠を示した身上書、、、、Etc 添付参考書類は60枚近くになりました。
 書類を入管に持ち込む前に電話でパスポートのコピーが必要か聞いてみたところ必須ではないがあればつけてくださいという返事でした。
 ん?じゃ、ひょっとしてパスポートは無くても申請できたのかも?そういえば入管ホームページにも必要書類のリストにはパスポートは載ってなかったな。
これから申請する方はパスポートは要らないかもしれないので入管に聞いてみたほうがいいと思います、要らないなら、時間短縮になるとおもいますので、。
 書類のほうはすべて問題ないといわれました、入管からは受付番号が発行され、今後すべての入管との通信にはこの番号を表記するように言われました。
 これで、一連の山場に差し掛かったといえますが、後は入管からの質問事項と、結果を待つのみです。
すべての工程において合法的にやってきたので、入管係官が書類を誤解しない以上在留許可認定は発給されなければならないと考えています。
何しろ偽装でも、違法でもないので、、、

Re: フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9157 )
日時: 2016年06月16日 12:46
名前: 桜島仙人 [ 返信 ]
[ 削除 ]
アイコン> 桜島仙人 さんへ

4/25日付で申請した在留資格認定証が6月16日送られてきました。申請から約1か月半くらいに計算でしょうか?
その間一度だけ年度をまたいだために新年度納税証明の送付を求める電話がありました。もちろん早急に対応しました。

これで、日本では離婚が成立しているがフィリピンサイドでは婚姻状態のままフィリピン人と再婚手続きを始めてから紆余曲折、ようやく完結いたしました、途中、カビテ様、善行様はじめたくさんの皆様に情報をいただきまして心よりお礼申します。
これで一連の手続きの記録を終わります、ありがとうございました。

Re: フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9180 )
日時: 2016年07月13日 13:18
名前: 桜島仙人 [ 返信 ]
[ 削除 ]
アイコン最後にヴィザ申請の顛末を書き忘れたのでここに記しておきます。
規定に従って代理店を通しての申請になりますが、大使館を取り囲むほどに申請の列ができていた昔ならともかく
じゃぱ行きさん時代と違い現在は申請者もちらほらで、わざわざ代理店を経由する必要もないのではと思いますが、、、、

規則なので仕方なくなるべく支店のたくさんあるトラベル&トラブル(仮名)という代理店を選びましたが,これがひどい代理店でして依頼のメールにはすぐ返信があったものの、料金を振り込み書類をLBCで送って、その後の問い合わせ、質問のメールを何度送っても返信はなく、電話しても仕事をやる気あるのかないのか平気で国際電話を3分も待たせた挙句そのまま切られてしまいました。
妻のほうからの問い合わせにも同様で応対はめんどくさそうにぶっきらぼうだったらしく、さすがにフィリピン人妻も頭に来た様子でした。
審査と発給には12労働日掛かりました、折からの大統領就任で照会先のフィリピン役所の回答が遅れたせいかもしれません、それは致し方のないことですが、代理店の指示で手配したLBCの往復のパウチの種類が違うと言い出したので妻は抗議したらしいのですが、頭ごなしに新しいLBCパウチを送るか、取りに来るかどちらかにしろみたいな言われ方をしたそうです。
それで、パウチが届くまで土日はさんで3日のロス、さらにマニラからパスポート、ビザが届くまで2日。
 なんともひどい代理店でした、こんなやり方ではつぶれるのも時間の問題でしょう。
ようやくビザ1年、パスポート、在留認定書が届いたので、その日のうちにCFOセミナー終了証とその時の領収書を持たせて受講したセブ会場に夜行バスで向かわせ、今ステッカーを貼ってもらったと連絡がありましたのでこれでようやく、日本行きの準備がすべて整いました

Re: フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9181 )
日時: 2016年07月14日 11:09
名前: Cavite [ 返信 ]
参照: http://philippin.net/
[ 削除 ]
アイコン日本とは大きく違い、何をやるにも一つ一つ予期せぬ事案にぶち当たるばかりか、あり得ないの連続が待ち構えているので非常にやっかいで大変な国です。 日本では当たり前であることに慣れた日本人程嫌気をさしますね。

皆、フィリピン国内で何かを起こそうと致せばこうなるんですが、フィリピンではそれが当たり前であっても国家間を跨ぐには、互いの国が認める方向へレベルアップ(調整)を図らねばならないので、七転八倒の連続となったことでしょう。

長期に渡り人には言えない苦労続き、本当にお疲れさまでした。 奥さんが来日するのはもうすぐですね。

ヴィザ受付業者は在フィリピン日本総領事館公認です、でも裏が深くとてもとても一言では語り切れません。
評判もよく日経企業にとても愛された「フレンドシップツアー」さんの代表だった故岩崎さんは私のお隣の栃木県出身でした、帰宅途中で射殺された事件など、裏で犇めくお金の流れから殺害されたのでは? 

岩崎さんと謂えば、ほぼフィリピン全土を訪問され、よりいち早くネット上で公開した日本人では数少ない一人でした。
私が、危険だったホロ本島(周辺に500以上島々がある)訪問時も、そしてフィリピン最北州のバスコ町バタネス州も故岩崎さんのデータが訪問時に非常に役に立ちました。

旅行会社の代表としては自ら経験を積まれた真面目で実直なかたでした。
射殺された当時は噂が絶えなく、当時の関係者を中心に走りました。

表向きは、在フィリピン総領事館前でテロに遭遇したら大変なことになるという、お膳立てを前提に設けた制度でした。

しかし、申請料がもたらす年間額で見ると、認可業者毎にそれぞれ申請価格にバラつきがあって、値段差も著しく違っていますし、もちろんサービス面も、応対の仕方も、お殿様目線と感じる場合もあるでしょう。

受け付けた公認業者は申請人から費用を頂くらしいが、その後の金の流れが不透明、そればかりではなく、業者からの更なる「上納金」も裏では噂されていました。

一旦公認となれば、黙っていても入って来る申請料ではあるものの、少なくとも受付業者ばかりが美味しいと謂っている様な域ではない様です。

問題は、それらを制度化して裏で糸を引くものが一番の私腹を肥やしているのでは、そしてそのものが更に誰に繋がっているのだろうか?

今は日本在住ですし、対してフィリピンと深く関与しなくなったので少し触れて見ましたが、もし、こんな事をフィリピン駐在中に書いていれば、私とて生命の危機を感じずにはいられません。

Re: フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9182 )
日時: 2016年07月14日 17:21
名前: 桜島仙人 [ 返信 ]
[ 削除 ]
アイコンCavite 様
いろいろとありがとうございましたこれで一仕事終了です。
次はまだ、回れていない山間部と島嶼部の旅を完結させたいと思いますので
アドバイスいただければ幸いです。

Re: フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9487 )
日時: 2018年02月19日 16:04
名前: ななし [ 返信 ]
[ 削除 ]
アイコンもし、元嫁が私の知らぬ間にフィリピンで離婚が成立させていた場合(nullity declaration of marriage 又はannument of marriage 又は recoginitionの方法などで)、その確認の方法ってありますか??
例えばcertificate of marriage 等に記載されるとか??? 

Re: フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9489 )
日時: 2018年02月19日 17:33
名前: 善行 [ 返信 ]
[ 削除 ]
アイコンannulment は可能性があります。
確認方法はMarriage contract に記載されますので、取得すればわかります。

Re: フィリピン家族法で離婚しないまま結婚した結果 ( No.9492 )
日時: 2018年02月19日 18:35
名前: Cavite [ 返信 ]
参照: http://philippin.net/
[ 削除 ]
アイコンもしがあれば、あって欲しい と願う気持ちは理解できるのですが、過去再婚日本人側が拠出した事例は見て来ました、反面比人女性自らその費用を叩き出して行ったと謂う事例は現在のところ見てはおりません。

意識的にそう謂った費用(姓を戻すとか、日本の離婚承認裁判を開く)を拠出(捻出)する比人側女性がどれ程いるか(限りなく)考え難いと謂うのが実情(国民性じゃないでしょうか)ですね。

仮にですが、ななしさんが、出生時の父親に該当されるのであれば、難しい事はさけて、日本国のみでやれる範囲で手続きされたら如何ですか、

それと、大変恐縮ですがスレットを新たに立てられた方が理解しやすいですね。

1 | 2 | 3 | >>
▲ページの最上部に移動
題名
名前
E-Mail
パスワード(記事メンテ時に使用)
コメント
画像添付


文字色
アイコン [イメージ参照]
Powered by Rara掲示板