写真掲示板 PHOTO BBS


| Top | Search | Photo | Admin | ▼Powered by Rara |

ResForm
今日のツバメ 金蔵 06/13/2018 11:08:46 No.3800
昨日頃から、巣の中にいることが多いので、もう卵を温めているんじゃないかと思います。羽化が楽しみです。くちなしも庭で咲いていました。

Re: 今日のツバメ 多吉 06/13/2018 20:27:17 No.3802 【Home】
金蔵様
 今日(6/13)、近くの植物園に行きました。
 「ニシキギ」と書かれた札のある樹木がありました。
 秋の「ニシキギ」とずいぶん違っているので、別に「ニシキギ」という種類が
 あるのか?と思い、調べてみました。
https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-914

 同じ種類でした。初夏と秋では、ずいぶんと違うので、別種の木かと思いました。
 「ニシキギ」はよく生垣に利用されているので、立木とずいぶん感じが違って
 見えました。

写真1:「ニシキギ」/服部緑地公園/豊中市。
写真2:乗馬センター/服部緑地公園。
    ずっと前、職場の同僚に、「子どもの時は、犬や猫よりも牛や馬の方が
    身近な動物だった・・・」と話しました。「〇〇さん、年、いくつですか?」
    と驚かれました。田植えなどは牛が大活躍、馬は石炭や木材を運んでいまし
    た。近くには、牧場もありました。
写真3:温室。


Re: 今日のツバメ 一吉 06/13/2018 21:35:35 No.3804
金蔵さん、多吉さん、ごきげんよう。
みなさん、ごきげんよう。

金蔵さん

燕の成長が楽しみですネ。

一吉、実は今年のゴールデンウィークは知人の家で燕の巣作りの観察をしていました(^-^)仲良く2羽で巣作りをしていたのですが5月3日に嵐が来て天気が回復したら1羽しか飛んできませでした。巣作りも中止した様子で飛んできた1羽が作りかけの巣を見ては首をかしげていたので、なんだか可哀そうでした。知人が「今でも1羽が飛んできて作りかけの巣の周りを飛んだり、見たりしている」と話していました。

多吉さん

金蔵さんの絵が上手に描けましたネ。タイトルを見なくても金蔵さんの体のラインだとわかりました(^-^)


Re: 今日のツバメ Morizou 06/13/2018 22:17:31 No.3805
金蔵さん、みなさん

こんばんは

ツバメ、無事に雛が孵って巣立ってくれるといいですね。
我が家が新築間もない頃にツバメが巣を作りましたが、雛が大きくなると重さで巣が落ちてしまいました。
小さな板で棚を作ってやってその上に落ちた巣と雛をのせておいたのですが、カラスに襲われてしまい残念な思いをしたことがあります。
金蔵さんの写真もそうですが、軒下の頭がつっかえそうな狭苦しい位置にわざわざ巣を作るのはカラスなどに侵入されないためだったとその時知りました。
それ以来我が家にはツバメは巣を作りにきてくれません。

昔私の家にあったクチナシも金蔵さんのお宅のクチナシと同じ八重咲きでした。
ヒメクチナシというのもありました。
初夏の夜に湿った重たい空気とともに漂ってくるクチナシの香りはいいですよね。
よくイモムシに葉を食われて丸坊主にされていましたが、金蔵さんのところは大丈夫ですか?


Re: 今日のツバメ 多吉 06/14/2018 01:53:09 No.3806 【Home】
金蔵様 Morizou様 一吉様 皆様
 「ツバメ」で、昔の事を思い出しました。
 京都府に、かつて「巨椋(おぐら)池」がありました。
https://ameblo.jp/shimonose9m/entry-12164433495.html

 平安時代、貴族の遊猟地だった「巨椋池」も今は干拓されて、
ありません。
 鳥好きの友人が、「巨椋池は、昔も今も鳥の宝庫だ・・・・」。
 それで、もう10年前ぐらいになるでしょうか?
 季節は冬です。
 近鉄・京都線(奈良行き)の「小倉(おぐら)」駅を降りると、
 目の前に信じられないような光景が!!
 冬なのに、何万羽もの「越冬つばめ」が。
 京都七不思議のひとつ?だそうです。
 つばめも渡りは大変なようです。近くに葦原(ヨシハラ)があり
 ます。そこをねぐらにしているようです。
 ps Morizou様
   比叡山に、「千日回峰行」があります。資料によりますと、
   大峰の行に影響をうけた・・・と書かれていました。
   装束は、山伏のそれとはだいぶ違っています。比叡山山中に
   あって、無動寺(むどうじ)という寺が「千日回峰行」の
   修行の場のひとつとなっています。
   平安末期から鎌倉初期に活躍した漂泊の歌人・「西行」は、
   琵琶湖の様子をこの寺から詠んでいます。それで、比叡山に
   行った時、無動寺のそばを通りました。琵琶湖が見えなかった
   ので、境内に入っていくと、わらじのそばに、ずらりと「越中褌」
   が干してありました。


Re: 今日のツバメ 金蔵 06/14/2018 08:25:17 No.3807
多吉さん

おはようございます。子供のころは街中でも牛や馬はよく見かけましたが、今は全然見ませんね。ヤギも身近にいましたが、ヤギもいませんね。今は田植えも稲刈りも4輪車になりましたね。

一吉さん

たぶん卵を温めていると思います。ツバメが加わると来年から6月はより楽しくなりそうです。

Morizouさん

クチナシの葉は、すぐにイモムシがやってきて葉を食われます。昨年は気が付けば丸坊主になっていましたので、今年は毎朝、葉が食われていないかどうか確認しています。ツバメは、今年巣立てば、来年から来てくれると思います。まず、今年の雛の誕生を待っています。


Re: 今日のツバメ 一吉 06/14/2018 21:02:36 No.3808
金蔵さん、Morizouさん、多吉さん、ごきげんよう。
みなさん、ごきげんよう。

金蔵さん

燕の巣が落ちない様に何か補強が出来ればよいですネ。毎日の観察が楽しみです。


Morizouさん

>軒下の頭がつっかえそうな狭苦しい位置にわざわざ巣を作るのはカラスなどに侵入されないためだったとその時知りました。

勉強になりました(^-^)有難うございます。
一吉、カラスが燕を襲って食べる事がショックです。同じ鳥なのだから襲わないで欲しいですネ。カラスって意外と凶暴なんですネ。


多吉さん

一吉、何万羽もの越冬ツバメを見てみたいです(^-^)


Re: 今日のツバメ 金蔵 06/14/2018 23:15:10 No.3809
一吉さん

柱に巣を作りましたので、巣と柱を一緒にガムテープでぐるぐる巻きにすれば、大丈夫と思いますが、見かけは悪くなりますし、巻いているところをツバメが見れば、巣を放棄するかもしれないですね・・・・。とにかく、今の状態でどうなるか見極めるしかないですね・・・・。




Name
E-mail
Title
URL
Image


Password ( Used to delete articles. )
FontColor