画像サイズの変更:標準サイズ元画像
投稿画像
投稿者:Genka
 アシナガモモブトスカシバの幼虫飼育については「擬態する蛾スカシバガ」に解説がある。それによると、本種は年2化で、晩夏に採集した幼虫は飼育下で簡単に蛹化・羽化するが、冬季に採った幼虫は飼育下では蛹化せず、低温処理や湿度条件の変更などで休眠からの覚醒を試みてもほとんど死んでしまうとある。  最近、飼育しているアシナガモモブトスカシバが羽化したが、これは昨年秋にゴキヅルの実から幼虫で採集したもの。過去の3回の飼育でも秋に幼虫を採集して春に羽化している。どうやら、短日処理で休眠を打破できるようだ。  短日処理といっても簡単で、机の引き出しに収納して週に1回加湿する時以外は暗黒条件下においておくだけ。1ヶ月ほどしたら普通の照明条件に戻して加温すればやがて羽化する。