画像サイズの変更:標準サイズ 元画像
投稿画像
投稿者:YAMKEN
前回から6月末まで(更新日付:7月5日)の分の更新内容を報告しておきます。 トップ蛾像  第42代目 サクラケンモン ♀ 今回の初物  843種目 ヒメヒロズコガ ?  当時確とした自信がなかったため忘れていました。 番外編  ヨモギセジロマルハキバガ ♀+幼虫+蛹 長野県昼神温泉産 羽化蛾達  6月 ヨモギセジロマルハキバガ、フタクロボシハビロキバガ、シバミノガ、クロモンウスチャヒメシャク、     サクラケンモン、カレハガ その他の更新  アカモンナミシャク 幼虫+蛹を追加  カレハガ ♀+繭+蛹を入替  クロモンウスチャヒメシャク 幼虫+蛹+卵を追加、変異体を作成  モンキキナミシャク 蛹を追加  サクラケンモン ♀を入替  シバミノガ ♂を入替 写真は、モンキキナミシャクの寄生された終齢幼虫(2014/05/23 コナラにて)。 詳しくないので推測によるものなのだが・・・・、大抵のものはホストの体内で十分に大きくなってから体外に出て繭を作っているようなのだが、このタイプはある程度大きくなると体外に出て繭状のものを作りホストにくっ付いている様です。 その後、徐々にホストの体液を吸い取り育っていくものと思われます。 この種はホストに1:1で取り付くようですが、同タイプのものにホストに複数体で取り付き体液を吸い取ってしまい皮だけの状態に干からびさせてしまうものもいるようです。