画像サイズの変更:標準サイズ元画像
投稿画像
投稿者:しまぴょん
hissyさん 吉田博氏の水彩画、版画はまさに感動モノでした。 取り立てて特徴のある構図ではなく、レンズでいえば殆どが標準レンズでの、オーソドックスな構図。 それが却って、心落ち着かせる絵となっているのではないかと思いました。 もちろん色の微妙なトーンが良かったです。 いつまで見ていても飽きない絵でしたね。 美術館がもっと近くだったら、何度でも通いたいくらいでした。 千住博美術館は1階建てのユニークな建物でした。 ユニークというのは、館内が斜面になっているのですね。 これでは車いすの障害者は観にくい。 ただ、私の美術館としては珍しく、障害者と介助者は無料でした。 金沢は帰京の途中下車感覚です。 21世紀美術館の設計は、施設として最悪の印象を受けました。 雲場池、早朝2日通いましたよ。 綺麗でしたねぇ。 交通機関の障害者割引について。 妻は「第1種」なので、その条件で通常使用する場合でお話しします。 *基本的に介助付の場合。 JRの場合、特急、指定席割引はありません。 運賃は窓口で購入の場合、手帳を見せれば半額購入出来ます。 自動券売機の場合、子供2枚で購入出来ます。 私鉄の場合、これは地域によっても違うと思いますが、大きな駅のサービスカウンターで割引カードの申請用紙を貰い、それを申請すればチャージ式カード(妻の場合、ICOCA )が送られてきました。 バスの場合、関西では介助無しでも半額割引です。 公共交通機関の場合、不意に手帳の提示を求められることもありますので、常にすぐに提示出来るようにしておかれれば良いでしょう。 障害級数により、また地域により割引対象が異なりますので、確認されていた方が良いですね。 基本的に減免手続きというモノは、私鉄のカード申請以外ありません。 妻は帰宅当初は身体に少しむくみが出ましたが、今は元に戻って、ホッとしています。 さほど強硬な移動でもないと思ったのですが、やはり加齢でしょうか?(笑) 今度の旅行プランは、色々課題が多くなりそうです(悩) 写真は現像が追いつかず、アップは随分先になりそうですが、取り急ぎ「早朝の雲場池」。面白みのない観光写真です。(涙)