日本神霊学研究会会員私設掲示板 「魂の輪」


| ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

日常における人間の営みは、魂の向上を促すための修行。

すべての人間は、神の御霊を胸に頂いております。

私たちは、御霊の神格向上を願い、この世に生かされています。

「魂の輪」は、多くの方の霊格向上に向けて開設した掲示板です。

多くの方の投稿をお待ちしております。

当日のアクセス数 407 人
昨日のアクセス数 371 人
累計のアクセス数 43699 人
Name
E-Mail
Title
URL
FileUP
Key (英数字で8文字以内)
Color

アカシックレコード 希来里 投稿日:2019年02月16日 14:27:37 No.1478 【返信】

アカシックレコードは「今、この空間に存在している」

DNAが宇宙と繋がっている?

20世紀後半、量子生物学者のウラジミール・ポポニン博士はロシア科学アカデミーで、同僚のピーター・ガリエフらと実験を行いました。
その実験は、DNAが光の粒子(光子)にどう反応するかを調べるものでした。
まず、特別に設計したチューブの中身を真空にして、その中に光子のみが入っている状態を作ります。
光子を検知するための計測機器を使って、チューブ内の光子の位置を測定しました。
ここに人間のDNAサンプルを入れます。

すると、光子はDNAという生命を持った物体の前でひとりでに整列したのです!
つまり、私たちのDNAは量子物質に直接に影響を与える
そして、ここからが面白いところ。
光子はDNAサンプルを取り除いたにも関わらず、サンプルが無いのにまるでDNAがまだチューブの中にあるかのように整然と配列し続けていたのです!
科学者ナシームハラメインはこう論じておりました。

DNAは時空構造に刻印を残します。

真空構造の中に刻印を残します。

あなたは真空構造の中に情報を刻み込んでいます。

私が考えるに、これによって記憶を保つことができます。


それは、神経生理学者カール・プリブラムによって発見された実験結果と結びつきます。
実験でネズミの脳の大部分を切除しても、ネズミの記憶力は依然としてきちんと残っていた。
その実験結果からプリブラムは、
記憶は脳の特定の場所に位置しているのではなく、なんらかのかたちで、脳全体に広がって、または分散して蓄積されているのである。


なので、脳は脳自体に記憶を保存している訳ではなく、空間に記憶が刻まれているからそれを取り出して私たちが「思い出す」という行為を行っているという事になります。
その事をナシームハラメインは言っていたのです(^^)
常に繋がり続けるためには各個人の情報を随時更新、または書き込まなければいけない。
それを担うのがDNA。
DNAはクモの巣状のエネルギーフィールドに対して情報を書き込み、常に全体は個を反映し同期し続ける。

そしてホログラムであるが故にどこの空間を取り出してみても、その情報は存在していると思うんです。
非局在的に情報は存在する
ということになります。


手のひらを上にして空間を持ってみます。
すると温度も重さも感触もない「空間」が乗っています。
空は無限のエネルギーを持っています。


その空には、私のDNAが放った情報だけでなく他人のDNAが放った情報も入っています。
さらには今この瞬間の情報だけでなく、宇宙全体の歴史やら何やら全ての情報が手のひらに乗っていることになります。



なので、今左手に空を持っているとして、さらに右手を出して同じく空を持ってみても、左手と全く同じ情報が右手にも乗っていることになります。


一つの細胞が同じ遺伝情報を持っているのと同じように、空の中に入っている情報も同じなんです。


場所が特定しない=非局在的
ホログラムの性質である、どこを取っても全体を含むというやつです。


なので、DNAを介してエネルギーフィールドに書き込まれた情報はどの場所にも存在するという事になります。

ということは・・・アカシックレコードって「今、ここ」に存在していることになりえますよね。



アカシックレコード?




元始からのすべての事象、想念、感情が記録されているという世界記憶の概念で、アーカーシャあるいはアストラル光に過去のあらゆる出来事の痕跡が永久に刻まれているという考えに基づいている。宇宙誕生以来のすべての存在について、あらゆる情報がたくわえられているという記録層を意味することが多い。
ウィキペディアより


アカシックレコードは宇宙の遠いどこかにあるわけではなく、今ここ、手のひらを上にしたその「空間」にある。
つまり、われわれの心の中にもあると言えます。


肉体を持った我々は、DNAを介してあらゆる情報が空間に書き込まれている。
DNAを介して、宇宙、大霊界とも繋がっているのかもしれません。


[1] 人生は、波乱万丈だよね? 一農家 投稿日:2019年02月16日 18:48:58 No.1479
希来里さんのお話、おお! すごい、そうかも! と思いつつ、心で理解、頭の整理が追いつきませんので、後で、感想書かせて下さい。 前世の因縁について、続けます。

私の世間話です、いずれも私の同級生や知り合いの話です。

同級生に天理教の布教所があります、親父さんは躁鬱病で偏屈です、おばさんは優しい人、兄貴の長男は、40歳で亡くなりましたが、子が一人います、次男は私の同級生ですが非正規社員でまだ独身です、体も弱い様です。 姉さんは、嫁に出て、そこは子沢山で栄えてます。 直系のただ一人の子は、ちょっと障害があり、支援学級にいます。 そこは金持ちですが、何代か子供に病気が出て、そう言うのが続いているから、天理教を信仰してると聞きました、でも親父さん、偏屈な人です。

近所の後輩のうちも、結婚しても兄弟みんな、子供が出来ずに、一族が絶えてしまう状態です、わざわざ中国から若い奥さんを迎えたのに、授から無いんですよね、こればかりは、祈って不妊治療を続けるしかありません・・

隣のうちも、家系が絶えます。 女の子が3人いますけど、みんな既婚ですが、子供がいません、なんでみんな、できないのか、作らないのか、さすがに聞けませんが、親は、地元では有名な和牛肥育家で金持ちです、金に困ってない、子供達もみんな、それぞれ金持ちの様です、でも、家系は絶えます・・天才和牛肥育家なのに誰も後を継ぐことはありません。

こう言うのは、前世の因縁なのか、霊障か、遺伝子が弱く生理的に子孫を残せ無いのか、ただ性格的に欲しく無いのか? それぞれでしょうね。

他にも、子供が50歳過ぎで未婚で、跡取りがおらず、絶える家なんて、町内ですら、珍しくも無いですし、人口が減っている今の時代、どんどん消えてます。

昔の田舎は、子が無ければ、養子を入れますし、これが普通で、我が家も、近い地域に代々養子を出してもいるし、迎えてもいます。 だから連綿と家が続いて来たし、血縁者は大勢いる訳です、つまり先祖の因縁も多重に重なっているんです。 今は、個人の自由優先です、だから絶えるのも珍しく無い。 人口も減っていますから、絶えても良い様に、お墓の形も変わって来ていますよね? お寺も檀家が居なくなり、維持ができない時代に入っています。

昔の田舎は、結婚も世話して、当たり前にしていた・・多少、障害があっても、跡取りなら、嫁を取らせて、家系を守った時代もあります。
今は、家系を守ると言う時代ではありませんから、独身でも普通ですし、周りで世話して、見合いで結婚するより、自由恋愛で、結婚は自己責任と言う事です。 だから、望んで、努力しないと、結婚できませんよね? 社会的な問題もあると思いますけど、本当に男女共に未婚者が増えていますよね。

体の障害は医療の進んだ現代の方が良くなってるでしょう、日本は国家ケアが、今は、ちょっと後退しつつありますが、それでも、パラリンピックに参加したり、ヨーロッパの様に、もっともっと、障害者であっても尊厳を持って、生きられる社会に変えて行けば良いですしね、これはもっともっと改善が出来ますからね 。

もう一つ、続けます、すみません。
[2] 人生は、ドラマだわ〜 。 一農家 投稿日:2019年02月16日 19:07:04 No.1480
オリンピック選手が、白血病を発症してしまいましたよね? 私の従姉妹も一人はアル中からの心臓麻痺ですが、もう一人は白血病です、ただ50歳で、それぞれ父親の違う子供を、最初の長男と同じ年の新しい旦那に託して、亡くなるという、小説レベルの人生でした・・これは因縁?因果応報? 残された子は、血縁の無い、新しい旦那の親が見てくれてます。 カルマの解消より、周りを巻き込んでいろいろ残してます。

若い白血病は、骨髄移植で、完治します、件の水泳選手の回復を祈っておりますが、これは、東京のセシウム汚染と関係があると言う説もあります、玄海原発の近隣で、白血病発生率が30倍と言うデータも出てます、前世の因縁と言えますか?

私の先輩が、45歳で下半身麻痺になりました、原因は、椎間板ヘルニアの手術からの、院内感染で、生死を彷徨った結果です。 奥さんと子供が見えますけど、車椅子で、以前と同じ会社で働いて見えます。 医療ミスになりますが、奥さん公務員だから、生活にも困ってはおられません。 本人も不運だとは言いますけど、何か前世の因縁だとか、考えてはいないと思います。

昔は治らない病気も、今は治る様になって来ています。 健常者としても、体のハンデキャップに対して、個人の尊厳を守り、社会参加が可能になるハードルを、もっともっと下げていく事を、私は目指したいと思います。

誰の人生も波乱万丈であり、ドラマがあり、人生の荒海は波ばかり・・ありきたりな表現に思い至ります。 何が何の因縁なのか、複雑多岐で、関係を読み解ける様な物では無いと思っています。

自分が納得できるなら、それで人生を受け入れられるなら、考え方は、別に何でも良いと思ってもいます。

生まれついた性格、家、時代、容姿、運勢・・もう全部因縁だとしたら? 因果応報だってなかなか読み解けないのに、前世の因縁と来た日には、もうどれがどれやねん? どんな前世やったねん? 見たの? 誰が責任持って、それが人に言えるの? それを教える事が出来るの? と言う思いしか、今の私は持てません。

次から、切り口を変えます、長々と、いろいろ書いてみました。
ありがとうございます、感謝いたします。
[3] Re: アカシックレコード 聖の道オネスト 投稿日:2019年02月17日 06:41:34 No.1485
希来里さん、おはようございます。オネストです。

すごい実験内容ですね、
さらに希来里さんの推論は、納得する部分が多い。

ただ、ロシアの科学者が、なぜこの実験を行おうとしたかに、大変興味があります。

また、DNAが空間に記録を残しているとすれば、体全体に存在する細胞はすべて空間に記録を残していることになります。
この理論は、すごい。
私が以前投稿した内容に、体のすべての細胞が意識を持っていることを投稿しました。
何か関係がありそうです。
私も希来里さんが紹介されたロシアの科学者につて調べてみたくなりました。
有り難うございます。

一農家さん、おはようございます。
どこの田舎も人口減少に歯止めがかかりませんね。

いま日本はコンパクトになり始めている感じがします。
国もコンパクトシティー化を勧めようとしていますね。

この事が、過去から続く、集合意識の変化なのでしょうね。
ただ、この集団意識が、神の誘導される正しきものなのか、少し疑問ですね。
イザナギの命、イザナミの命は、現在の状態を望んだのでしょうか、
少子高齢化は、世界で先進国と言われている人たちの集合意識のような感じがします。

多くの方が、少子高齢化を意識てしまうことにより、現実に起こってくる。
この逆に、世界の人々が、人間は楽しい、人間を産み育てることが苦労だが面白いと思えば、集合意識や全体意識は変わり始めると思います。
少子高齢化は2000年頃から言われ始めてきたような気がします。
たしか厚労省が出生率1.32を切ればやばい、修正がきかないとか言っていましたね。
あんなこと言わないで、まだ余裕あるよ、まだ増えるよ、などと言っていれば、
事態が変わった可能性もあります。
まあお役人ですから、正しい事しか言わないでしょうけど。
これから、日本はコンパクト化しますよね。
それなりにいい方向だと、みんなが思えば、良い方向に進む気がします。

ありがとうございました。
[4] Re: アカシックレコード 聖の道オネスト 投稿日:2019年02月17日 12:04:04 No.1490
オネストです。

希来里さんの推論の中心は、DNAが宇宙とつながり、宇宙そのものは私たちの空間とつながり、過去の出来事や意識は、その空間に記録される。
と判断しました。
間違いであれば指摘ください。

私はこのように考えています。
人間の魂の記録は、DNAの中にある。
このDNAは地球に降り注ぐ多くの素粒子に影響を与え、その素粒子が空間の中に記録として残される。

ナシームハラメインさんの動画を見ました。
なるほどと思いました。
私たちの地球は、太陽の周りを公転しながら、銀河団の中心に向かっています。
お隣の星団、アンドロメダ星団とも近づいています。
宇宙全体は動いています。

私たちが地球に居れば、素粒子は降ってくるものと思いいがちですが、
事実は、地球が素粒子にぶつかっていることになります。
その素粒子はダークマターの中にあり、地球はその素粒子の中をかいくぐり、
移動している最中ではないかと思っています。

私たちの地球や太陽系の惑星、その他の星団の惑星なども同様で、いつも同じ時点に居るのではなく、常に宇宙の別な座標点を旅しているのです。
この結果、宇宙の中に色々な情報を残して旅していると考えるのは不都合ではないですね。

私は、記録を残すための本体は、DNAでないのかな、と考えます。
つまり、DNAは記録を作成するための装置の役割、電磁変換記録装置でもある。

また、DNA自体は、自分の歴史、親の歴史、そのまた親といった過去の人々の歴史も記録している。
加えて、DNAは、自分に関わる過去の人々らの周囲の環境も記録しており、これを辿って、多くの人々のDNAに蓄積されている記憶も辿ることができる。

さには、人間の中には神から受け継いだDNAの塩基があるのではと考えます。
つまり4種類の塩基の構成の仕方で、神の記憶がよみがえる。

実際に人間の塩基配列を変えれば、人間は生きていけないでしょうが、
4種類の塩基に、ある周波数の波を与えれば、これまでにない塩基の性質が生まれるのではないかなあ・・・と考えました。

自己理論です。

ヒントを頂きましてありがとうございました。
[5] Re: アカシックレコード 希来里 投稿日:2019年02月17日 14:29:40 No.1494
太陽系も回転しながら秒速240キロで動いています。

銀河系も惑星もしかり、私たちの体を構成する原子核をプロトン、

電子も常に回転運動しています。

全ての物質が原子レベルで回転運動をしているのですね。

その回転運動の原動力がブラックホールなのです。

それは宇宙の特定の場所にあるのではなく、私たちの体の中にも小ブラックホールはあるのですね。

そのブラックホールには全ての宇宙の記録が書き込まれているのです。

驚いたことに陽子(プロトン)の中にある1立方cmエネルギーの密度は、宇宙に点在している星全体の密度より大きいのです。

これは現在では既に物理数学的に計算されているのです。

たから、私たちの体は宇宙と繋がっており、無限大のエネルギーとアクセスすることも可能なのですね。

それが出来る方が初代会長だったのだと思っています。

人間の体は無限大のエネルギーを持っているのです。

宇宙のエネルギーと同化も出来るし、宇宙エネルギーも引くことができる。

宇宙の縮図が人間とも言えるでしょう。
[6] 希来里 投稿日:2019年02月17日 15:07:14 No.1495
人間が人工的にミニブラックホールを作り出す時代が、やがて来ると思っています。

これでエネルギー問題や環境破壊も解決するでしょうし、

宇宙に遍満しているブラックホールのネットワークを使って宇宙を瞬時に移動することも可能となってくると思います。

宇宙人はそういった技術を持っていますので、既に実行可能な人間に必要な情報を与えていると思います。
[7] 聖の道オネスト 投稿日:2019年02月17日 18:02:54 No.1496
もう出来ているのでは、
スイスにあるセレン素粒子加速衝突実験装置です。
[8] せいわ 投稿日:2019年02月17日 20:33:36 No.1498
こんばんは、せいわです。

初代会長先生が、科学で大霊界を証明してほしいと、熱望されていました。
その日が早く来ると良いですね。

アカシックレコードという話を読んでいて、ふと思ったのですが、子どもの頃に聞かされていたこととつながるかな?と思いました。

〇地獄の閻魔様が、閻魔帳を持っていて生前誰が何をしていたか、何を思っていたか、全てがわかると。
〇お天道さまが全てを見ていらっしゃると。
私が勝手に思っただけですので、適当に流して下さい。

もう一つ気になったことがあります。
これはスレ違いかもしれませんが……
これを書いたからといって、ムーンライトさんのお考えを否定するものではありません。
ムーンライトさんもムーンライトさんで長い間自分の中で心の柱とされてきたことはわかりますので、ムーンライトさん意見を否定していません。

私がふと疑問に思っただけのことです。
素行の悪い行いをして、それが原因でまた修行のために現世に生まれ変わるとするのでしたら、現世が地獄と同じという事でしょうか?
輪廻転生の説だと、地獄はないのでしょうか?

ちょっと不思議に思いましたので、書きました。
誰か教えて下る方がいらっしゃったら、教えてください。



輪廻転生について、いろいろ模索して見て、想ったこと。 一農家 投稿日:2019年02月17日 12:48:30 No.1492 【返信】

希来里さん、オネストさんこんにちは。

アカシックレコードがどこにあるのか判りませんけど、想念、魂の親様から、常にアクセス可能な物であり、宇宙意識の様な共有性を持つなら、後退催眠などによって引き出す過去の記憶が、誰の何であるのか? 見極めることは難易度が高そうに感じます。

多重人格者を催眠術で治療する場合、性質の違う本人の、いくつもの人格が現れて来て、カウンセラーは、それを一つづつ統合することで治療する見たいですけども、私はリアルな現場は知りませんが、脳には多重人格を作り出し、ストレスから自分を守る? 能力があると言う事ですね。 また多重人格でも、憑依霊が次から次と乗っ取る様な場合は、本人に関係ない人格が出てくる事が推測でき、それは単なる霊障で、催眠術では修復不可能な状態に至ってしまってる、とも感じます。

修復不可能な憑依による精神異常者の例は、確先生の著書にありますからね。

魂一つ一つに、履歴があって、蓄積されてるとして、それが他の場所にあると言うのは、インターネットのクラウドシステムみたいですが、私は想像ができません。 その蓄積は霊体自身にあると考えた方が、私はにはしっくり来ます

ムーライトさんの投稿より、( 即ち、人間一人一人の魂の記録が『天の帳簿(帳面)』として記録されていて、それぞれの人生における“徳”と‘罪’の差し引き勘定が記されているようです。 しかし、ほとんどすべての人間は、‘借金’(罪)ばかりで、なかなか“預金”(徳)のある人はいないことになると思います。)これは帳面がクラウドにあると言う事ですね。 それでその記録が罪ばかりなら何のために、この制限のある、物質世界で、人生を繰り返しているのか、私には理解できない。

(しかし、前生の因縁がわからないと反省、さんげするものがわからないので、なかなか難しいのではないかと思います。) そうであるなら、現世に閉じ込められている時に、このクラウドにアクセスして客観的に自分の与えられた人生、カルマをチェックする方法が無いと、永遠に終わらない修行時間になってしまう様に感じます。

実際の所、自分からアクセスする方法は無く、催眠術で、誰でも何でも出てくる訳でも無いですし、仮に出て来ても、そものの正当性を客観的に担保する物も無いと言えると思います。 脳は自分を騙す事もできる訳ですからね。

これを預言者とか霊能者とか、特別な人ができると言う事になると、導くのにその特別な人は、個人のクラウドに進入してデータを読めないとならない、アカシックレコードとか、神とかと、つながっている必要があると思いますが、 もしそれが可能であるなら・・・・そんな預言者は神であり、みんな預言者に従って生きる様になりかねません。 そんな預言者に支配された世界が、正当性を持ってしまう様に思えますよね。 それでは・・想念の自由が与えられている意味が無くなりませんかね?

なぜ、素の神は、人類の存在を、現世に魂を閉じ込めた状態で、何も知らせず教えず、しかも、大霊界は不可視の状態になっているのか? その理由も事実もハッキリ判ってる訳でも、存在の証明も無いですし。私は、ここにこそ、想念の自由と限られた時間を与えると言う、神の思惑があると感じます。

形として完成された存在の魂を、帳面であるクラウドから切り離し、何度も生を繰り返させるとしたら? 繰り返してる我々は、ただ帳面に記載する経験をすれば良いだけの存在にも思えます。

そうなら、実は輪廻転生と言うのは、霊界のクラウドに本当の魂の存在があり、何も知らずに、人生を繰り返してる我々は、ただの生きる、想念のデーター収集の為の、魂の端末の様ですよね? それなら、与えられた生を、想念の自由に生きて、模索して、死んだら良い様な気もします。前世の因縁は自動的に上書きされて行くでしょう?

これは魂本体の外部存在説であり、また新説になりますね? これで、宗教が一つ作れるかもしれません。 霊能者の江原啓之氏も、著書で、魂のグループ見たいな存在があって、そこから、代わり番こに魂が出てきて、人生を生きて、またグループに返って行く事で、経験を共有して、グループ全体で昇華して行くのでは無いか?そう言う存在もある様に感じる、それが輪廻転生ではないか? と書いていたように、覚えています。

輪廻転生があるのか無いのか? 私には確証はありませんが、前世の因縁を正確に知る事は無理だし、そう言う仕組みになって無いと思えるので、私は、輪廻転生は無いと言う考えで良いです。 素の神の思惑を模索しながら、聖の親様の導きに頼って、天界を目指して、今世を全うしたいと思います。


[1] 模索は個人的な物ですから、否定はする必要は無いですよね。 一農家 投稿日:2019年02月17日 12:55:43 No.1493
ムーライトさんの輪廻転生の話から、私はいろんな事が模索できました、魂外部クラウド説と言うのも、浮かんで来た訳ですけど、話としては面白いですよね? もちろんそれは、模索から引き出された、一つの仮説に過ぎませんけどね、頭の体操です。

希来里さん、オネストさんのお話と総合して、まだまだ色々思い浮かんで来ますけど、これは、日神会の信仰とは別にして、自分でいろいろ模索をして自分の発想を広げる、深めると言う行動であって、私達は教義を勉強して解釈、思索する宗教を信仰してる訳ではないので、これはあくまで、話を楽しむと言う事に尽きます。

どうして、大霊界は誰でも見えないのか、人は自由な想念を与えられているのか? 素の神が宇宙を作られた想いとは? 宇宙人は、幽体なき霊体は、想念で祈りながら、模索すればするほど、想いは広がって行きますよね? 尽きないです。

これは、無駄では無く、いろいろ、個人の祈りを深め、向上して行く事に役立つと思います。

ムーンライトさんの考えは、日神会的には異端ですけども、ムーンライトさん個人がどの様に考えられ模索しようとも、聖の親様を祈り求め、模索されているなら、個人の想念は神から自由を与えられている訳ですし、私は別に構わないと考えます・・

別の掲示板であった様な、それは違う!と言う戒めの想い、否定の想いで、ムーンライトさんを裁く、一農家の行動に罪を見つけて裁く! その様なことを、会員同士で行う必要は無いでしょう。 それは違うと思えば、違うんじゃ無い?って自分の考えを言えばいいでしょう。相手を裁く必要は感じませんし、分裂する必要も無いでしょう。

ムーンライトさんの前世の因縁説は一般的にも流布された話ですから、頭から否定しようとは思いません、私はそうは思わないと言うだけ。 今、ムーンライトさんがそう考えているなら、それはムーンライトさんの人生の流れの中、想念の流れの中での今の想いですから、私は尊重します。 ただ、私はそうは思えない人生を歩んで来たので、そこから、いろいろ模索してここに書いてみた訳です。

互いに相手のコメントを読んでみて、さらに自分自身の模索を深めたら良いと思います。

閲覧してる方も、それぞれ、自分の見解を模索されたら、それで良いんだと考えています。

ありがとうございます、感謝いたします。
[2] 私も、模索しながら、神的努力をしています。 一農家 投稿日:2019年02月17日 18:06:10 No.1497
掲示板で使われた言葉に、こんな言葉がありましたよね。

捨て置け! 捨て置け! 捨て置け! と言うやつ。

いかがですか? この言葉の持つ響き? 良いですか? 悪いですか?
私は、好きではありません。 これは地獄言葉だと感じます。

他の言葉の例をあげると、相手が間違っている、異端思想を言っている、会の規範からずれている、そう言う時に、( バカじゃねーの? 間違ってるよ! 日神会やめな! 良い加減にしろ! 私は気が長く無いぞ! あんな連中は捨て置け!だ、 退会処分だ!、三馬鹿兄弟だ!・・糞にまみれた一農家!)

これね、掲示板で使われたんですよね? 一農家など捨て置けだ!って言う使い方で、何度も使われましたけど、この捨て置けって、誰が使ったんだろう? どこに書かれていたんだろう? ちょっと思い出せないんです、神が使った言葉らしいですけど、覚えがありません。

確先生を最初指導された、行者さんが、お亡くなりになって、深い井戸の様な地獄に落ちた時、確先生が、救いに行きたくて、天の親様にお願いしても、諾の返事がもらえず、そなたは構うな、捨て置け、って言った様な話だった気もしましたが、該当箇所が、見つけられませんでした。

神が、そなたは構わなくて良い、その事は捨て置きなさい、と言う表現なら、まだ神的ですよね。 これを、人が人に向けて放つと、上から目線で、全否定なので、地獄言葉になると思いますよね? だから、しようするシュチュエーションで意味合いは変わってくると思います。

お前なんか捨て置けだ、ふん! こう言うと、相手を傷つけ、自己重要感を奪う事ができますよね、この捨て置け! と言うのは相手の自己重要感を奪う言葉です、でもそれで、自分が本当に満たされる訳では無いんですよね、だから、私は人に対しては、捨て置けと言う言葉は使わないと決めました。

一農家も過去は未熟な発言も多く、恥ずかしい限りですが、できる限り模索向上して、例え、意見が違ったり、それはおかしいと思える時でも、神的な心を持って、互いに理解が深められる、そう言う努力をしたいと思います。

検証ブログの y 氏に対しても過去は失礼なコメントを何度も書いていますが、今はなるべく、互いに会員として、向上し合える様なコメント、y 氏の自己重要感を満たしてあげらるように・・と言う想いを持って、いろいろ模索して書いています。

2年前の一農家なら、前世があるとか、因縁とか言われたら、ムーンライトさん相手でも、もっと、厳しい言葉を投げ付けて、対立したかもしれません。
野岳さん相手に、どう対応したら良いか、いろいろ試行錯誤した事、その反省もあります。
秘密掲示板で、会員同士が割れて対立してしまった経験を経て、気が付いた事もありますし、反省模索を繰り返して来た事で、今の一農家が存在します。
これはやはり、肉体を持つ以上、いくら祈りで、魂の親様が向上しても、想念とか、性格が良くなる保証は無いんです、戒めを受ける可能性もある。
肉体には肉体のやるべき事がある、魂の親様には、どんどん向上してもらいながら、想念はその邪魔をしない事、想念をしっかりと神に相応しい物に、磨きあげる、神的な努力が、肉体のやるべき事だと想いました。

その事についての、模索と気が付いた事を、続いて書いて行こうと思います。

ありがとうございます、感謝いたします。



無題 希来里 投稿日:2019年02月11日 22:21:08 No.1437 【返信】

事業のこと、身の回りのことをお祈りして功徳が得られる神は存在しません。また、人間界のさまざまな問題を神にお願いするのは大変失礼なこと・・・
真実の神に祈るということは、自分自身が神から御力を頂き、頂いた御力で人間界の荒波を乗り越えていくこと、さらに神から頂いた御力で自身の御魂に神霊格向上の御力を頂くことが、神への祈りの正道なのです。


数年前の会報からの抜粋です。

今の会の現状とは違っています・・・・

私は未だに、心に違和感が残ったままで・・・

消化不良状態です。

どうか、皆様、私の違和感を解消するためのヒントを頂けないでしょうか!


[1] Re: 無題 一農家 投稿日:2019年02月12日 09:14:20 No.1441
希来里さん、おはようございます。

私は、昨年末、祈願紙と天灰棒を奉納して来ました。

希来里さんの仰る事に該当してるかどうか? 判りませんけど、私自身も、そう感じる事もあり、これは、確かに確先生の時代とは、変わっていますよね?

希来里さんの様な会員の想いは、私も同意します。私自身は、聖師教が、聖の親様と相談の上で始めた事でしょうから、まずは受け入れています。

私自身が、どう言う想いで、祈願紙を書いたか? と言えば、必死の想いですね。 心が折れて休んでいる娘に、再び挑戦する力を頂ける様に、願いを書きました。 聖地で、この祈願紙を書いてる時に、 私には、お前が決めてはならぬ、お前が圧力をかけてはならぬ、娘自身に決めさせよ、求めさせよ!・・と言う想いの声が浮かび上がりました。

祈願紙を納めて、礼拝堂でさらに、娘に聖の親様の御心、御力を下さい〜って、祈りました。 これは一命心体でも、聖の親様に願いかける祈りですね・・普段の家族浄霊とは違う、神社での願掛けに近いですが、それでも、聖の親様に誓った様な感じです。 祈願紙を納めた、聖の親様は受け取って下さっている、と言う想いは、私に安心感をくれます。 もちろん、毎日、家族浄霊と、時折、娘への他者浄霊は欠かしませんけども。

商売繁盛の天灰棒も奉納しました。 これは商売への祈りですかね?
もちろん、全力を挙げて、私自身が、商売の努力をするのは当然の事です。 ただ、運もあります、農業なので、天候、災害、私自身の知恵が追いつくか? 商取引もあるから、出会いの縁の運不運もありますからね。

だから、毎日、一命心体で、聖の親様、お知恵を下さいって祈ってもいる訳です。 運不運に翻弄される事なく、事が運びます様に、御守護下さいって祈っています。 天灰棒を奉納させて頂いた、だから、聖の親様は受け取って下さっている! と言う安心感が私にはあります。 だから、毎日祈りながら、努力するのは当然ですが、安心感が加味されている気がします。

やはり、できるなら、聖地に行って、祈願する事は、良いなあと思いました。 だから、これからも、毎年1回は、必ず参拝出来るように、守護を下さいとも祈っています。

神社への参拝でも、祈願や奉納を出したら、終わり? 鳥居を出たら、忘れてしまう人が多いかもしれませんけど、本来、祈願は自分の心に持ち続けて、神の加護を頂く想いを持ちながら、必死の努力をするものだと、私は考えています。

私自身は、そんな風に考えています、希来里さんの仰りたい事と、ズレていたら、すみませんです。

ありがとうございます、感謝いたします。
[2] Re: 無題 希来里 投稿日:2019年02月12日 11:59:16 No.1444
一農家さん、コメントありがとうございます。

私が推察するのに、初代の教えと違う方向に向かっていっていることを懸念している会員さんは少なくないと思いますし、違和感を昇華できずに退会された方もいると聞きます。将来的な会組織の存続ために、新規会員を獲得するためにハードルを下げられたのでしょうか?
最高神界に在られる超神霊に対して、人間界のあれこれをお願いすること自体不遜ではないのか・・・
これらを全て承知の上で、二代会長先生は神事を行われているのでしょうけれど、その反動を御身に受けて苦しむような事態になるのではないかとも思ってしまいます。
それだけ、厳しい状況なのかもしれません。
「神頼み」の本来の意味は、神様にお願いごとをするのではなくて、神様の仰られていることを自身の心の耳で聞き、それら神言により、自身の思考や行動を変えていくことにより困難を解決していくことだそうです。
[3] Re: 無題 一農家 投稿日:2019年02月12日 12:27:41 No.1445
こんにちは。
希来里さんの、仰る通りだと思います。

私の願いは、初代、一郎先生、恵子先生、天の親様、関係する元会員様や、行者さんが、師神になられているのが、日神会でもあると思います。 人間からの向上神であり、人間をご存知の超神霊です。 ならば、情も理解して、我々を導いてくださる、優しい、親しい、愛しい、御守護神でも、あると想いたいです。

天理教徒の知り合いは、私の意見に対してすぐさま否定します。 神は厳然と神である! 優しい、親しい、愛しいなどと言う、人間の感情など、持つ事は、不遜である・・とも言います、まあ、端的な表現ですけどもね。

単なるお願いでは無く、私を導いて下さい〜と言う、願いであれば、御守護神のエネルギーを一緒に頂いた守護霊団も、背後にいてくれるのですから、正当な努力を要求されながら、向上しながら、導いてもらえたら、いいな? と個人的には、願っております。

そんな風に、私自身は、模索しております。
[4] Re: 無題 聖の道オネスト 投稿日:2019年02月12日 17:58:50 No.1447
希来里さん、一農家さん、オネストです。

お二人のご意見ごもっとも、私も希来里さんの考えと同じことを考えていました。
しかし、大霊界について下のような考えも持っています。

1.初代が知りえた大霊界はすべてなのか、初代はまだ探求中であり、霊界通信として聖二郎会長に新しい事を享受されているのでは、だから変化している。
2.大霊界そのものは何億光年も不変であった、しかしその普遍性が変化しているかもしれない。

これらから、過去の日神会も受け入れ可能、現在の日神会も受け入れ可能。
要するに、自ら受ける霊流の変化から、推測し、経験値高める。
おそらく我が肉体が滅びた後、超神霊がおられる場所を、初代のお導きと、自らの魂が探し当てる。

私の魂が超神霊と融合するまでには果てしない時間が必要と思っています。
ですから、会の変化の時などは一瞬にしか過ぎないのではないでしょうか。

今現在、私が思うところです。
ありがとうございました。
[5] Re: 無題 一農家 投稿日:2019年02月13日 08:56:35 No.1454
おはようございます。

私は、希来里さんの様には、気がつけていない無いようです。
今の聖師教の方針に、それほど違和感は無いです。 聖地に行って思ったのは、過渡期とは言え、聖地が閑散としてる感はありましたけど、エネルギーはしっかりと感じました。

神のエネルギーは強くなってると感じます、でも、流行るかどうかは別の問題だとも思ってます、どこの宗教も信者は減っている時代ですしね。

私の要望は、以前の様に、聖師教自身で、各種の講演テープを作って、1日2回、流して欲しい、と思っています。

信仰のクオリティを下げない様に、電子書籍での著書の販売や、ネットでの間口を広げて行くとか?もあるかなあ?

本来は、会員が、他者浄霊を行い、救う事で信仰を広げて行くのが、一番だと思っていますけどね。

一会員としても、いろいろ模索はしています。
ありがとうございます、感謝いたします。
[6] Re: 無題 せいわ 投稿日:2019年02月15日 21:36:17 No.1473
こんばんは、せいわです。

スレ違いですが、輪廻転生のような現象があっても、やっぱり霊障ではないかと思います。
個人的な意見ですので、本当はわかりません。

私は、今は完全に初代会長先生のころの祈り方をしております。
そして、「大霊界」の御本を一巻から読み直しています。

希来里さんの11日の投稿に対しての、私の意見を書きたいと思います。

>事業のこと、身の回りのことをお祈りして功徳が得られる神は存在しません。
また、人間界のさまざまな問題を神にお願いするのは大変失礼なこと・・・
真実の神に祈るということは、自分自身が神から御力を頂き、頂いた御力で人間界の荒波を乗り越えていくこと、さらに神から頂いた御力で自身の御魂に新霊格向上の御力を頂くことが、神への祈りの正道なのです。

初代会長先生の時は、「病気は治してください、お願いします」と言って霊流を流しました。
でも、、事業のことや身の回りのことなど現実的な問題などは「この問題を解決する御力をください」とお願いをするように、と指導があったと思います。
私は、そのように受け取っていました。

だから、会報でのお話は、ちょっと強いお言葉の様でもありますが、根本ではそんなに違いはないのではないかと思います。
初代会長先生の頃のお教えと違うかどうかは、この辺は受け取り方でだいぶ違うかもしれませんが……
私個人では、この件に関しては、そんなに違いはないのではないかと思います。
ただ、「問題を解決するお力をください」とか「問題を解決するお知恵をください」というお祈り自体が、失礼だと言われるのでしたら、私も違和感があります。

私は、今は聖師教様のものは全く読んでおりませんので、あまりわかりませんが……
希来里さんの投稿の内容を読んだだけの感想ですので、違っていたらすみません。
[7] あら、せいわ さんのコメントが・・ 一農家 投稿日:2019年02月16日 19:20:08 No.1481
こんばんは。
せいわ さん、こんばんは、せいわさんのおっしゃる事、良く判ります。
私も同意します。

もちろん希来里さんのおっしゃる事も、判りますが・・
私としては、希来里さんの想いは、私が想ってるより
聖の親様を、高く持ち上げていて
愛する我が御守護神様〜と言う親しみを禁じている様にも感じます。

私は、最近の方針も、そんなに違和感を感じては、いません
改善要望が無い訳ではありませんけど・・・・



魂と進化、運命、生まれかわりと因縁 ムーンライト 投稿日:2019年02月12日 19:11:04 No.1449 【返信】

人間は、いきなり人間という存在が出来たのではなく、一つの生命が輪廻転生しながら進化して出来上がった存在だと思っています。
人間として進化した成長した生命が光の魂(神様の分霊)をいただくようになるのだと思います。
昔から「一寸の虫にも五分(ごぶ)の魂」と言われているように、生命を持つものにはすべて魂があるのだと思います。
人間の魂は他の生命体の魂とは違い、神様の子としてまで進化した「特別な魂」なのだと思います。


[1] Re: 魂と進化、運命、生まれかわりと因縁 聖の道オネスト 投稿日:2019年02月13日 05:38:01 No.1450
ムーンライトさん、おはようございます。オネストです。
スレッド立ち上げて頂きましてありがとうございます。

輪廻転生について私も考えていました。
多くの霊能者が「輪廻転生」を語ります。
その中で、初代ははっきり、「ない」としました。
私は、会に入会するまでは「ある」と考えており、多くの書籍を読みました。
この結果、ある仮説に至りました。

それは、人間が亡くなり、神界に到達するまでの、ある段階であり得るのではないか、という仮説です。

また輪廻は因縁と関わっています。これも一つのキーポイント、転生は同じ魂が再度生まれてくる。これももう一つのキーポイント。
つまりこれらの事を考えれば、同じ魂が移動して、他人に憑依したり、生まれたての赤ちゃんの中に入り込む、あるいは母体の中にいる状態で入り込む。
入り込んだか憑依した霊は、そのままその魂の性格を持っていることから、因縁として現れる。

この輪廻転生は、人間の魂が肉体を離れるか、離れようとしている世界で発生する。
つまり、幽界の中に段階があり、現実に近い世界から少し離れた世界、あるいはこの世の世界に隣接した幽界レベルの世界、大霊界の中では本当に低いレベル、
この段階で輪廻転生が起こるかも、です。

初代は、幽界に段階を設けず報告しましたが、この幽界にも段階があり、この中で最も現在生きている世界に近い世界で輪廻転生が起こるのではないかと予想しています。

初代は、生まれ変わりとされている事は、霊の憑依が関係していると報告されていました。
私も同じ考えを持っています。
輪廻転生は、低い幽界にいる魂の憑依であると考えます。

加えて憑依の仕方も多様、過去の人間に憑依したり、未来に憑依したり、
だから、過去の魂が〇〇様だったとか、言われる。

人間の魂は、幽体となると、時間が無くなる。
つまり私たちが生きている3次元のすぐそばに、5次元の世界があり、そこに移動し、自由に動けるようになる。

今のところ私が考えているところの推論の骨子です。
証明に至ることはないと思いますが、
論文を作成してみたいところです。
世にはだしませんがね。

また、投稿させていただきます。
有り難うございました。
[2] Re: 魂と進化、運命、生まれかわりと因縁 一農家 投稿日:2019年02月13日 08:17:04 No.1452
おはようございます。
ムーンライトさん、オネストさん、おはようございます。

私は、物心ついた時から、霊友会でした。 母方の祖母が支部長であり、母も霊友会に積極的でしたから、いろいろ参加していました。 霊友会は、先祖供養宗教です、ご先祖様を供養して、守ってもらうと言う発想ですね。 御釈迦様、弥勒様が霊界にいて、導いてくれると思っていました。

朝晩お経を上げて、霊界に功徳を積むという想いでした。 前世の因縁とか、生まれ変わりの話は、聞いて無いんです、死んだら霊界に行く、よく分からないけど、霊界で、御釈迦様とかいる世界に登って行くんだろうなあ? って思っていました。

日蓮宗の仏教だけど、霊友会では、輪廻転生の話は記憶にありません、だから前世の因縁では無く、先祖霊の因縁とか先祖霊に影響されると言う様な話は覚えています。

21歳で、大霊界の著書で自己浄霊に成功してからは、私は日神会一本です。 斎藤一人氏は、生まれ変わると言っていますが、私は斎藤一人氏の想念管理は学んでいますけど、神的な、お話は参考程度にしています。 占いも、知識がありません。

子供の頃から、死んだら霊界に行くんだって、洗脳されていましたからね (笑) 中学生の時から、星空を眺めながら、この世界の真実を知り、この宇宙の外に出てみたい? とか、思っていましたからね、すごい、変わり者ですね?

だから日神会にのめり込んでいった訳ですね。 これが、私なので、前世の因縁とか、分からないし、知らないんですよ、天理教の因縁の話も全然気持ちに入って来ないんですよね。

何というか? 私的には背後霊、守護霊、大霊界の神々、その他、物質宇宙に交錯するエネルギーからの影響とか、運気、気の流れ、これもエネルギーですが、そう言う動きを感じてはいますし、その流れを上手く受けるにはどうしたら良いのか? そう言う事は模索していますけど、そこに前世の因縁と言うのは、欠け落ちているんです。

前世の因縁が、どの様に、今世に影響を与えているのか? 少し解説して欲しいな?って、思います。

私的には輪廻転生は、背後霊の姿だと言う感じです。 大霊界シリーズにある、ある少女の霊と女性の交流の逸話のお話が、好きですね・・・・
[3] 心象風景の記憶とか・・ 一農家 投稿日:2019年02月13日 08:41:54 No.1453
前世の記憶か守護霊様の記憶か? と言う話ですが、自分の経験です。

30代の頃の事です、儀式に毎年参加できていた時代です。良くデジャヴとか言う現象がありました。 既視感ですね、心象風景とでも言いましょうか?

私の、心象風景は、稜線です・・幾重にも続く稜線、青い空、気持ちの良い空気・清々しい気持ちで、眺めている自分・・

建設業下請けの頃、毎日毎日、山奥で、林道工事をやってました、毎日、里から、一時間もかけて、林道を登って行くんです、山岳工事です・・現場から、稜線が見えてます、冬場の空気が澄んだ時なら、遠くの山の上に、海が見えたりするんです。

毎日、山で仕事していても、飽きないんですよね、現場の作業員と、話をするくらい、行き帰りに、コンビニ一件無いのに全然平気でした・・・・

今は、ハウスしか行かないんですけど、周りは、山です・・でも平気〜 田舎者ですからね

東京のゼネコン時代、恵比寿の本社勤めは、もし今なら、どうだろ? 私は、きっと、疲れ果ててると想像します・・常に緑に囲まれていたいし、その方が落ち着きます。

一農家の心象風景は、稜線、山、青い空 ・・・・
清々しい空気を吸いながら、生活したい・・・・

それと常に湧き上がるのは、人生は修行だ、修行なんだ・・と言う想い。
修験道か何かを連想します・・そう想うとしっくりくるんですよね。

当時、おそらく霊能者が私を見たら、あなたの前世の一つですよ? と言うか、あなたの守護霊様ですよ? と指摘された様な気がします。でも、45歳を超えた辺りで、それは、感じなくなりました・・

だから、私的には、当時は前世の記憶か? と思いましたが、今はそう言うのは無いんですよね、因縁とも違う気がします。

子供の頃は、心の中に常にもう一人誰かいて、私は自問自答をしていた記憶があります。

まあ、日神会にハマる下地は、子供の頃から、あったと思いますけど・・・
[4] ムーンライト 投稿日:2019年02月13日 10:59:15 No.1455
エドガー・ケイシーが語るカルマ(いんねん)について書かせていただきたいと思います。

15才の時に交通事故にあって、それ以来ずっと車椅子で生活しなければならなくなった人のライフリーディングです。

彼は、直前の前生では、アメリカ独立戦争の時に兵士として戦い、その時の人生では、困難な状況に遭遇しても、それを快活さと忍耐をもって最善の形で克服する能力を培ったと評価されました。それによって彼は、精神的にも霊的にも成長することができたようです。
彼が半身不随というハンディキャップを背負うことになった理由は、それよりもう一つ前の前生にありました。
リーディングは語ります。それは、初期キリスト教時代のローマで彼が作ってしまったカルマにありました。彼が捕らえれたキリスト教徒と闘技場で戦うことを楽しみとし、何の抵抗も示さずに屈してしまう人々に嘲笑を浴びせていたのだそうです。
それゆえに、今生では半身不随となり、その時に、なんのためらいもなく捕らえれたキリスト教徒を苦しめ嘲り笑ったという、嘲笑のカルマが原因だったそうです。

ここまで読まれて皆さんは、なんか不思議に思わないでしょうか?どうして、直前の前生ではなく、もう一つ前の前生のカルマが今生において出てきたのかを………。

なぜこのカルマ(いんねん)の話を書いたかと言いますと、大きな理由があるからです。

エドガー・ケイシーが語るのには、ローマの直後の人生にこのカルマが出てきていたとしたら、その重荷に耐えることができなかったからだと。それで、次の人生では、そのカルマの重荷に耐え、償うことができるだけの精神力を鍛えることに費やされたのだと………。

エドガー・ケイシーは言います。「たとえあなたがその重荷を引き受けて償おうとしたとしても、神は、それを許したまわないと………。」

魂が、それを背負い償い切れるまで成長していない場合は、カルマの負債は延期される場合があるようなのです。

すなわち、現在の人生において何らかの身体的な障害を持っている人達は、たとえそれが前生のカルマによるものであったとしても、それを背負うことを神に許されるほど、精神的にも霊的にも成長した魂であるということのようです。

また、エドガー・ケイシーは言います。そのハンディキャップを背負った人の両親にも同じことが言えると。
なぜなら、「宇宙は、高貴な魂を育てる役目を信頼して任せたのだと。そして、あなた達は、この暗い世の中において、人々に多くのものを与えるであろう偉大な魂の養育を任されたのだと………。」

(眠れる予言者エドガー・ケイシー 光田 秀著総合法令出版刊より)
[5] Re: 魂と進化、運命、生まれかわりと因縁 s 投稿日:2019年02月13日 14:26:13 No.1457
ムーンライトさん、こんにちは。

私もエドガー・ケイシーの書籍を読んでいます。どうしても作り話とは
思えないですよね。私は、これはこれで真実なのではないかと思っています。

エドガー・ケイシーは、特にハンディキャップを背負って生まれた人に
対して、その理由を説得力を持って語ってくれます。それによって、その人が
前向きに生きることができるようになっていますね。

このような方法でたくさんの方に精神的な治療(カウンセリング)を行って
います。
自分の持っているハンディキャップを、わけもなく受け入れろというよりは、
心の持ち方をずっと前向きにしてくれるのではないかと思います。
[6] ムーンライト 投稿日:2019年02月13日 18:09:41 No.1460
人々はきまって、その苦悩の究極の原因は自らのなかにあると諭されている。リーディングはこのことこそ、悩める人々の受け入れるべき第一の教訓であることを示している。すべての問題は結局は自分でひき起こしたものであり、自分でつぐなうべきものである。
これはごく単純な教訓ではあるが、受け入れることはなかなかむずかしい。人はとかく自分のことは是認しがちであって、自分の特性を自分の吸っている空気と同じように当然のこととしてしまいがちである。ごく特殊な例外は別として、われわれは自分の性格に自己満足している。無意識的本能は、自己の気質を完全な尺度として用いているのである。
不幸であったり不愉快だったりするのは、自分自身のなかに何かまちがったことがある証拠であるということが次第に理解されるようになれば、人は自己満足から眼をさますであろう。そして外的なことがらに罪をきせたり、外的なことがらを調整するのに汲々とすることをやめ、自分の心の中に目を向けて、どこに自分の欠点があるか、また学ばなければならぬ教訓があるかを研究するようになるであろう。
困難が何であろうと―――それが淋しさであろうと合い性のわるい夫であろうと、白痴の子供であろうと、劣等感であろうと、ままにならぬ環境であろうと〈自分自身の病気やあらゆる苦しみにおいても〔注:ムーンライト〕〉―――自分自身の改変によってのみ事態は変化することを悟らなければなるまい。自分の態度を〈心を〔注:ムーンライト〕〉変えることが第一なのである。批判的な、呪うような、復讐的な、高慢な、無関心で消極的な態度であってはならない。また、利己的な思いやりのない非社交的な行為であってはならない。外的な困難は、その人の心と霊に欠けている特性をひき出すことによってのみ解決されるのである。

………………

神は存在する。
すべての霊魂は神の一部である。(あなたは霊魂である。あなたは肉体に宿っている)〈肉体は神様からお借りしている魂の衣裳であり魂こそが自分自身の本体である。〔注:ムーンライト〕〉
人生は有目的的である。〈魂の成人〔注:ムーンライト〕〉
人生は連続的である。〈生まれ変わり〔注:ムーンライト〕〉
人生は法則の下に作用している。(カルマ、輪廻)〈善い種を蒔けば美しい花が咲き、悪い種を蒔けば醜い花が咲く。善因善果・悪因悪果。〔注:ムーンライト〕〉
この法則を成就するものは愛である。〈思いやり、慈悲、互いたすけあい。〔注:ムーンライト〕〉
人間の意志は運命を創造する。
人間の心は形成力を有する。
すべての問題に対する解答は自己の裡(うち)にある。〈我が身うらみである〔注:ムーンライト〕〉

右の公理を受け入れるとき、人間は次のように命令される。

まず宇宙の創造的エネルギー、すなわち神とあなたとの関係を理解しなさい。(親子の関係〔注:ムーンライト〕)
人生におけるあなたの理想と目的を樹立しなさい。
それらの目的の達成に努力なさい。
積極的でありなさい。
忍耐づよくありなさい。
明るくありなさい。
結果は神にまかせなさい。
どんな問題もさけないようになさい。
他人に対して善の水路となりなさい。
(『転生の秘密』ジナ・サーミナラ著、多賀瑛訳 たま出版刊より)


エドガー・ケイシー氏は敬謙なクリスチャンでありながら、催眠状態において様々な難病の治療方法や個人の前生前々生を語り、悩み苦しみの原因を説き明かし多くの人々を救けられた希有の超能力者として知られている方であります。

僕自身は、ケイシー氏のリーディングをすべて信じているわけではありませんが、『魂』や『霊魂』、『生まれ変わり』などについてを語るには、決して無視できない素晴らしい教えを説かれた方であると思っています。

僕自身が最もびっくりし、なるほど!!とうなずいたのは、「私利私欲のために他人を妨害することは下肢の麻痺を招く」ということでした。
[7] Re: 魂と進化、運命、生まれかわりと因縁 聖の道オネスト 投稿日:2019年02月13日 19:23:59 No.1462
ムーンライトさん、オネストです。

荘厳な詩集である投稿、深く読みました。
私の見解として、よく理解されているなあ。

ご自分をしっかり理解されている。

以下、私個人の見解です。

自分の魂を向上させるために、生まれ変わる。これがカルマ。

なぜ数代前の霊が生まれ変わるのか?

私は考えました。

この世は3次元と時間の経過で構成されている4次元。
しかしこの時間が無視する事ができるものであれば、過去も未来も行けます。
時間事態、時計のように過去から未来へ、当たり前に時を刻むものではない。
つまり、時間は時として不安定であり、0に著しく近い。
だから4次元では、過去も未来も現在も同時に存在できる。
この次元の中で、自分の魂がまだ十分な神の波動を満たしていないと魂が判断する場合、
未来の自分や、同調する他人に入り込む、また、過去の自分や、やり直すべき過去の自分に入り込む。
この中で神の波動を向上させ、何回かやっている内に、神と同様の波動、波長をもつ。
この時はじめて、高度な全体意識の中に飲み込まれ5次元へと移行する。
おそらく、5次元は意識の世界、仏界に入る手前と考えています。

この5次元は私たちのすぐそばにあり、4次元とも関連している。
何を言っているかというと、

生まれ変わりは、低い次元であり得る、しかし、この繰り返しにより次の次元、神の道に移行する。
そこからは生まれ変わりなどない、
ひたすら超神霊の道へと向かうだけ。
日神会は、己の魂を、いきなり神界へ導かせ、そこで修行となる。

こう考えています。
あくまで私個人の見解、気にしないでください。

エドガーケーシーよく読んでいました。
これにつてはまた別な機会に投稿させてください。

有り難うございました。
[8] Re: 魂と進化、運命、生まれかわりと因縁 せいわ 投稿日:2019年02月13日 22:17:42 No.1463
ムーンライトさん、こんばんは、お久しぶりです、せいわです。

エドガー・ケイシー氏という名前は知っていましたが、クリスチャンで輪廻転生を説いている人とは、知りませんでした。

私の実家は仏教で、輪廻転生の話は幼いころによく聞かされました。
そして、私の弟が普通の仏教とは違う、お経を元に説いている仏教を信じているのですが、その宗教でも輪廻転生はあると言っているようです。

私の考えは、ムーンライトさんとは反対になりますが、少し書かせてください。
こんな考えもあるのだと流していただいてかまいません。
輪廻転生に対しての考え方は、以前の掲示板にも書いたことはあるのですが、また同じようなことを書きます。

私の次男は以前にも書きましたが、発達障害です。
私のすぐ上の姉は、小児麻痺だと言われましたが、実際ははっきりわかりません。
障がい者であることは、事実です。
20代半ばで亡くなりました。
そんなわけで、わりと障がい者が身近にいることが多かったので、障害があるという事には意識はあったほうだと思います。

子どもの頃、母が知人に不幸あったり、祖母の娘が8人のうち4人が亡くなっていることを、原因が前世によほど悪いことをしたのだろうと言っていました。
障がいがある人のこともも、前世のせいにしていたと思います。
母や姉も相当つらい思いをしていましたが、母や姉のことは前世のせいだとは言いませんでした。
母は人としては、良い人です。
意地の悪い人でもありませんでしたが、普通にそういうことを言っていました。

ムーンライトさんが前世のカルマを信じて納得していらっしゃるなら、それで良いと思います。

私が何を言いたいかというと、私は小さい頃に、母がよく言っていた前世にあまり良い感じを持っていなかったのです。
今現在大変つらい思いをして生きていらっしゃる人に、本人にも記憶にない罪をきせているような気がしていたからです。
ある意味冤罪です。

東南アジアのある国では、障がい者がその前世のために、差別にあっているそうです。
新たな差別が生まれています。

だから、「大霊界」のご本に前世はないと書かれていたのを読んで、私はとっても嬉しかったことを覚えています。

障がいがあることに、意味は分からないけれど、神様の意味があると思っています。

次男にそういうことを言ったら、「神様の意味はいらないから、普通に生まれたかった」と、言われました。
私は、何も言えませんでした。
たぶん、私に障害があったら、同じように思ったと思います。
[9] モノローグからのダイアローグをしましょう! 一農家 投稿日:2019年02月14日 09:38:54 No.1465
おはようございます。
皆さん、おはようございます。

日神会の筋を通せば、輪廻転生は、無いと言う事になりますし、大霊界の世界観でも、魂がもう一度肉体に入り直すのは無理がありますけども。 私達でも、確先生が触れている、幽体のみの生命体の存在、いわゆる宇宙人とか、新しい会報に書いてあった、幽体を持たない霊体世界? のお話など、並みの霊能者では知り得ない世界が、まだ大霊界には存在する訳ですよ。 異種霊的生命体の事だって、全て判ってる訳では無いですしね。

ここで、輪廻転生は、ある、無しの話をして、決着つける事は必要ないと考えています。 それこそ、ムーンライトさんの自己重要感を奪うだけですからね。 前の秘密掲示板の炎上と同じになりますよね。

だから、そう言う決着は、要らないと思っています。 ムーンライトさんは、それに寄って立ってるのなら、それで良いんです。 そう言う話をして下されば、へえ〜 ムーンライトさんは、そう考えているんだ? って見て下されば良い話です。

私も世界観があるし、エピソードもあるので、書きます。 それで、へえ〜一農家さんはそんな風に捉えているんだって、見てもらえたら、それで良いんですよね。

それぞれの世界の見方を、見て、理解する事で、それぞれの模索を深めて行けたら良いと思います。 掲示板はその様に機能したら、楽しいと思います。

またそのうち過去の秘密掲示板の炎上も総括しますが、この掲示板は炎上させたくはありませんよね。 書くのが楽しくなる様にしたいです。

皆さん、否定しないで、へえ〜って見て、いや私はこう思うって、自分の意見を書かれたら、それをまた他の人が見て、いや、私はって・・つなげたら良いですよね。

モノローグからのダイアローグを行いブレインストーミングする事を願っています。 横文字ばかりですみません (笑) 私の希望です。

私も、輪廻転生では説明しようの無いエピソードを、続けて書きます。 ムーンライトさんは、どうぞ、自分のエピソードを続けて下さい、私はまだ、ムーンライトさんの言いたい内容が良く判らないのですよ、もうちょっと噛み砕いてお願いしたいです。

ありがとうございます、感謝いたします。
[10] ムーンライト 投稿日:2019年02月14日 11:24:07 No.1466
僕は、前生(前世)があるかないか?の決着をつけるとか、そんなんじゃなく、こういうこともあるんですよというつもりで書かせていただいています。

隈本 確先生は、そういう霊をあつかったことがない、子供が前生のことを語ったりするのは、違う霊が憑依してしゃべっているだけで前生はない、というふうにおっしゃっておられたと思います。
僕は生まれかわりをする霊は、霊障などおこさないので、隈本 先生が触れることはないと思っています。
小さな子供が、前生だと言ってまるで当人のように話しをするのは、本人ではない霊が憑依してしゃべっているのだと思っています。
[11] ムーンライト 投稿日:2019年02月14日 11:32:56 No.1467
こういう話もあります。

ちょっと長くてすみません。僕自身のブログから引っ張って来ました。


<よみがえった前生(前世)>

1982年、ブライアン・L・ワイス博士(元マイアミ大学医学部精神科教授)が、キャサリンという被験者に退行催眠を行っていた時のことでした。………。それまで、キャサリンの「水」に対する恐怖心の原因をさぐろうと、幼いころにまで記憶をさかのぼらせても原因が見あたらなかったため、ワイス博士は、「症状の原因となった時にまで戻りなさい」という、漠然とした指示を行ってみました。
ワイス博士は、その時のできごとを、次のように記しています。

――――――――――――――

「あなたの症状の原因となった時にまで戻りなさい」

その後に起こったことに対して、私(ワイス博士)は、まったく心の用意ができていなかった。

「建物に向かって白い階段が見えます。柱のたくさんある白い建物で、前の方は開いています。入口はありません。私は長いドレスを来ています。ごわごわした布でできた袋のような服です。私の髪は長い金髪で編んでいます。」

私は、何が何だか、わからなかった。いったい何が起こっているのだろうか。それは、いつのことであなたの名前は何というのか、と彼女に質問した。
「アロンダ………、私は18歳。建物の前に市場が見えます。かごがあります………かごを肩にのせて運んでいます。私たちは谷間に住んでいます………水はありません………時代は、紀元前1863年です。その地域は不毛で、暑くて、砂地です。井戸があって、川はありません。水は山の方から谷間に来ています。」

彼女はさらに、地形について話した。私は、彼女に何年か先に進むように指示し、見えるようなものについて話すように、言った。

「木が何本かと、石だたみの道があります。料理のための火が見えます。私の髪は金髪です。茶色の粗布でできた長いドレスを着ています。足にはサンダルをはいています。私は25才です。私にはクレアストラという名前の女の子がいます。………彼女はレイチェルだわ(レイチェルは現在の彼女の姪です。二人はとても親密な関係にあった)。とても暑いです。」

私は、びっくりした。胃がキュッとちぢみ、部屋の中が寒く感じられた。
彼女の見ているビジョンや思い出は、ひじょうにはっきりしているようだった。あやふやな所はまったくなかった。名前、時代、着ているもの、木、すべてがありありとしていた。何が起こっているのだろう? その時の彼女の子供が現在の姪だなんてことがあり得るのだろうか? 私は、ますます訳がわからなくなった。それまで何千人も精神病の患者を診てきたし、催眠療法も数え切れないほど行ったが、こんなに見事な幻想には、夢の中の場合でさえ、一度も出会ったことはなかった。
時をもっと先に進めて、死ぬ場面に行くようにと、私は彼女に指示した。こんなにはっきりした幻想(それとも思い出?)の中に浸っている人に、どう対処すればよいのかわからなかったが、私は、彼女の症状の原因になった事件を探していた。死ぬ時に起こった事件が、特別な傷になっているかもしれなかった。洪水か津波が、その村を襲ったようだった。

「大きな波が木を押し倒してゆきます。どこにも逃げ場はありません。冷たい。水がとても冷たい。子供を助けないと。でも、だめ………子供をしっかり抱きしめなければ、おぼれそう。水で息がつまってしまった。息ができない、飲み込めない、塩水で。赤ん坊が私の腕からもぎ取られていってしまった。」

キャサリンは、あえぎ、息ができなかった。突然、彼女の身体がぐったりして、呼吸が深く安らかになった。

「雲が見えます。………私の赤ん坊も一緒にいます。村の人たちも。私の兄もいます。」

彼女は休んでいた。その人生は終わったのだった。彼女はまだ深いトランス状態にいた。
私は、驚きあきれていた。前世だって? 輪廻転生だって? 彼女が幻想を見ているのでもなければ、物語を作っているのでもないことは、私の医者としての知識からも確かだった。彼女の考え方、表現の仕方、細部への注意の向け方などすべて、普段の彼女とは違っていた。精神医学のあらゆる事例が私の心をよぎったが、彼女の精神状態や、性格からは今起きたことを説明することはできなかった。

キャサリンが、過去生の中で姪を見つけ出したので、私は思わず、私も彼女の過去生の中にいるかどうか、たずねてしまった。彼女の過去生の中で私の役割があったとしたら、それが何だったのかを知りたかったのだ。それまではゆっくり一つずつ思い出すような話し方だったのとは対照的に、今度はすぐ答えが返ってきた。

「あなたは私の先生で、壇の上にすわっています。あなたは、本を使って、私たちに教えています。金の縁どりのついた白いトーガ(古代ローマの服)を着ています。………名前は、ディオジネス。人々にシンボルや三角形の意味について教えています。とても賢い人なのですが、私には理解できません。年代は、紀元前1568年です。(これは有名なキニク派の哲学者、ディオジネスより、およそ1200年も前のことになる。これは、ありふれた名前なのだ。)」

こうして、第一回目の催眠療法は終わった。しかし、もっと驚くことが、これ以後ぞくぞくと起こったのだった。
(『前世療法』 ブライアン・L・ワイス著 山川紘矢・亜希子訳 PHP研究所[文庫]刊)
[12] Re: 魂と進化、運命、生まれかわりと因縁 聖の道オネスト 投稿日:2019年02月14日 19:14:51 No.1468
皆さま、オネストです。

輪廻転生について、私の理論を他の方に押し付けることはしません。

私の理論は、全く個人的理論、
他の方の内容を見て、また参考にして、さらに自分の理論の裏付けを行いと思っています。

私の主な参考文献は、初代の著書、木内鶴彦さんの著書、ミッシェルデマルケさんの著書、コンノケンイチさんの著書が基本になっています。
6割がた、初代の著書がベースです。

+アルファとして、矢作直樹さんの講演動画、木村秋則さんの著書、天理教の時間(動画)、野口晴裁さんの著書、などを参考にしています。

ですから、オネストの理論はスルーしてください。
ただ、この機会だから報告したいだけです。

なんかすごい事を発見したな、と
自己満足してるだけで、皆さんに影響を与えるものではありません。
この理論はまだまだ未完成。

皆様のご意見も伺いたいだけ、
まだまだ探求したいのです。

人は必ず死期がきます。
その死に際がどうなっているのかも知りたい。
知ったからこうだよー、というものではありません。
おそらく、私の死に際にすべてが理解されると思いますが、
前知識として知りたいだけです。

ただただ、単純にそう思います。
だから、ムーンライトさんの考えていること、深く知りたいだけです。
否定するものではありません。

もっと多くの方から、色んな自己理論を聞きたいと思います。

それでは、
有り難うございました。
[13] 個人的な見解ですけども 一農家 投稿日:2019年02月15日 08:31:58 No.1469
おはようございます。 皆様おはようございます。

ムーンライトさんのコメントより
困難が何であろうと―――それが淋しさであろうと合い性のわるい夫であろうと、白痴の子供であろうと、劣等感であろうと、ままにならぬ環境であろうと〈自分自身の病気やあらゆる苦しみにおいても〔注:ムーンライト〕〉―――自分自身の改変によってのみ事態は変化することを悟らなければなるまい。自分の態度を〈心を〔注:ムーンライト〕〉変えることが第一なのである。批判的な、呪うような、復讐的な、高慢な、無関心で消極的な態度であってはならない。また、利己的な思いやりのない非社交的な行為であってはならない。外的な困難は、その人の心と霊に欠けている特性をひき出すことによってのみ解決されるのである。

前世の因縁だから、その欠けているものを模索しなさいって事でしょうか? それは私でも判ります。

例えば、私の友人に重度の障害児を持つ女性がいます。 20歳を過ぎても、介護無しには生きられない重度の体と知的障害を持っており、その子の事があるせいか?家庭崩壊で離婚してますし、女性は実家の両親を頼っていますが、実家もいろいろ崩壊してますし、兄弟もね・・・もうね・・どこから因縁なのか? 言いようが無いし、当人達の想念も、良く無いし、他人が手のつけようも無いんです。 同級生だから、会えば愚痴を聞いて、頑張れよって、励ますくらいしか言えないんです。

私は、少なくとも、重度の障害児であっても、親が必要以上に苦労をしない社会体制を目指したいし、身体障害者であっても、自立して生きられる社会体制とか、介護疲れで家族がまいってしまう、今の日本の福祉体制を、さらに家族に押し付ける政治には反対で、軍事よりも福祉! と言う政治を目指してる訳です。

これは、因縁とは逆になります、当人が受けなければならない苦労を、社会体制で緩和しようとしてるのですから。

件の女性に言わせると、息子は前世、極悪人だったのか? 私は、何か悪い事をしたのか? そんな前世の因縁で、今がこんなに辛いなら、いっそ罪を償って死んでやるわ!となりかね無いです。 とてもこれを超えて、受け入れて、明るく生きようね、なんて言えません・・・・明るく生きてこそ、前世のカルマが解消されるはずですから、辛い、辛いって言って、口にする女性に、前世の因縁だとは、言えた物ではありません。 自分に苦労を与える我が子は前世で逆だったのか? これではカルマを解消するどころか、ただの仕返しみたいに感じてしまいます。

社会体制を良くして、彼女の負担を減らしてあげたら、きっともっと、我が子に笑顔になれると、私は考えてますが、 それはカルマを解消すると言うのも違うように感じます。

大霊界の世界観で言うなら、肉体は不完全でも、その子の魂の親様は育っています、20歳過ぎですが、知能は子供です、でも表情の奥に、悪想念は持っていない、真っ直ぐな想念の存在は、感じます。 母親は、疲れはてていますが、それでも子供を捨てる事もせず、必死に生きています。外に女性を作って逃げた旦那さんの方が、徳が無いですよね・・・・

でも、徳の無い生き方してる人って世の中、大勢いますからね・・続きます。
[14] 何時、カルマが解消されるのか? 人生は波乱万丈ですよね。 一農家 投稿日:2019年02月15日 09:21:26 No.1470
ちょっと、日神会から、話が遠のきますが、世間話を書きます。

斎藤一人氏も、エドガー氏を読んでいるのでしょう、人生って、芝居の様に、入れ替わり立ち代わりながら、繰り返している、そう言う魂のグループがあると言います。

江原啓之氏も、大霊界の仕組みはまだよくわからないが、魂のグループ、コップの水の様な存在があって、そこから出てきて、またそこに戻って、グループ全体で経験を共有して積んでる様だとも、著書で言っていました。 オーラの泉でも、良く前世の縁で、解説してましたよね? あなたの娘は前世で、あなたの親だったとかありました。
でも、船越英一郎と松井一代の息子は前世で、戦で生き別れた親子だから、引き寄せられたと言っていましたが・・船越英一郎と松井一代は、来世にカルマを残す結果になってますよね (笑)

美輪明宏さんは、時に前世を持ち出して関連付けます。 瀬戸内寂聴さんの前世と天台寺の関係とかの例があります。 それ以外には、ある行者の除霊儀式に参加した時、ずっと霊界から呪ってる霊がいて、それは美輪明宏さんが天草四郎の生まれ変わりなのですが、その戦での裏切りから、400年間代々祟っている霊で、それが美輪明宏氏を見て、ああ大将じゃ大将じゃ・・っと言って、呪った相手の子孫が供養する代わりに、成仏すると言う事を承諾したお話です、その時、その霊の娘の霊も、処刑された姿のまま暗い霊界に一緒にいたそうです。 成仏できない霊のお話です、それは幽霊になって出てきたりすると言ってますよね。

成仏できない霊は、生まれ変わらない? でも、成仏できたらカルマは発生しないと言う風に思えます。 この世に悔いが無いのに、またカルマを背負わされて戻って来るのだろうか? それこそ試練だと思います。

繰り返し、繰り返し、何代も生まれ代わりながら、グループで、カルマを刈り取る為に、現世で芝居を繰り返すのは・・・ある意味、それ、辛いよね・・・・

前世でのカルマを背負って、生きて、今世でそのカルマを解消しながら、新たなカルマを背負って、また来世を生きるなら、終わらない修行と言う事になります。 そんな事を繰り返しながら、輪廻転生のスパイラルから抜け出せるのか? さっぱり見えません。 人生は波乱万丈です、生まれて3歳で直ぐに死んだり、親に殺されたりって、どんなカルマを背負わされているんだ! って、それで来世はどうなるの? って思います。 殺される事で解消されるカルマって、どう言う物なの?

疑問は尽きません・・・・
[15] カルマについて 聖の道オネスト 投稿日:2019年02月15日 18:59:09 No.1471
皆さま、おばんです。オネストです。

カルマについて、自己理論でお話したいと思います。

ムーンライトさんの紹介された、キャサリンさんの事例について、
催眠療法にて、検者は、被検者に「過去に遡りなさい」と指示をしています。
キャサリンさんは眠りの中で自分の前世の自分を見ています。

私の理論では、催眠療法により、キャサリンさんの幽体が自己を離れ、過去に存在した他人に入り込んだ、
これにはある法則があって、現在の自分の魂の振動数と同様の振動を思っていただろう、過去の人の中に同じ周波数で入り込む、
よって過去の人間の記憶や体験をそのまま味わう。

4次元では時間の経過が直線的であり、過去から現在、未来と一定の周期性で時刻を刻み、一定の時間で未来へと動いていく、と考えられていますが、

私の理論は、この時系列の経過は一定ではなく、直線的でもなく、大きく蛇行していると思っています。

ですから、100年前でも、1憶年前でも、自分の魂は幽界で移動できると考えています。

同じ波長や魂の振動を持った過去の存在の方に入り込む。
未来でも同様。
結果、過去に亡くなった魂に波長が合い、過去の事が話せる。
また、自分の周囲にいる人たちは、自分に影響されることが多い、また、他人の周波数にも影響される。
他人が意識して考えたことは、自分の意識として出てくる。
他人の中には自分が出てくる。
つまり世界の人々が関連しあっている。自分の近くはなおさら同調する振動が満ち溢れている。

だから、周囲環境も同じく影響されており、姪であったり、夫であったり、両親であったり、色々なものが現れる、現実に影響される。

と考えています。

話題は変わりますが、
一農家さんの投稿した、知り合いの不幸の話は、霊障の影響でしかないと考えています。

カルマは自分の魂の振動が作り出す。
他人の魂に影響を与える。または影響される。

以上、本当に個人的理論です。
スルー下さい。

有り難うございました。
[16] 追伸 聖の道オネスト 投稿日:2019年02月15日 19:08:18 No.1472
追伸です。

私の極限的自己理論では、当然、過去の自分に入り込むこともできる。
また未来の自分にも入り込むことができる。
だが、未来は無数に枝分かれしており、
または、無数の行列が組まれており、どこの未来に焦点を合わせるかは、現在の魂の振動次第。
と考えています。
[17] 何が元だか、判らへんのです。 一農家 投稿日:2019年02月15日 22:10:10 No.1475
オネストさん、こんばんは。
オネストさんの説明は、判りやすいですね・・・その説は、後で使わせて頂きますね。 まずは、私の世間話を続けますね・・・・

重度の障害児を持つ同級生のお父さんも、良く知っていますけど、人は良いけど、酒飲み、浮気といい加減なおじさんです、その息子も良く似ていて、浮気に借金で、とうとう自宅売却して、遠くに逃げています。 他の兄弟も、いろいろありますけど、友人の障害児の弟さんも良く似ているんです・・キャバクラ通いで借金作って、元旦那に出してもらったりとか、じじ、息子、孫って、三代なんだか似ている・・

私の他の友人の例は、お爺さんがDVな人で、私の友人である息子もDV、そして孫も、うちの子と同級生ですが、精神的に不安定です、自己重要感を奪う親子関係が、三代続いてる、これが外から見えます。 そこは、お婆さんはちょっと浮気性、で、娘も・・・これもねえ

何というか? 前世の因縁だとしても、カルマは解消どころか、増えているようにしか見えません。こう言うのは、カウンセリングを受けた方が良いですよね、性格に問題があると感じるし、それが受け継がれてしまっています。

なかなか、前世の行いからの説明は、特定しにくい話だと感じています。
[18] 全部実話で実体験の話です。 一農家 投稿日:2019年02月15日 22:22:15 No.1476
全部、実話で、私の身の回りからの引用ですから、ザックリ概論だけ書きます。

前にも書いたけど、私の母型の従兄弟、従姉妹も、外から見たら、私も含めて呪われていますよ。 お袋の兄弟の上3人は、長子の女性の従姉妹は50歳くらいで病死、男性は失踪、引きこもり、独身です、だから家が耐えてしまいます。 幸い、次男と次女、2人目は普通です。 お袋は4番目、私も、死ぬか、引きこもりか、独身か、可能性はありましたが、下の叔母のうちは大丈夫でした。祖母は霊友会支部長、お袋と叔母だけが、霊友会を信仰していたのです。 だから、私は無事なのかもしれません、これは前世の因縁じゃ無い、何かの呪いだと感じます。 私が浄霊を受けて、親族も浄霊しましたが、従兄弟の性格は変わらないし、何か変わった訳でも無いです。 呪いと言うより、性格的な遺伝かもしれませんよね?

余談があります、祖母と同居していた従兄弟が失踪した時、祖母が霊友会支部長だから、救われない、先祖がすがって集まって来てる・・・伯父伯母が、霊友会を熱心にやらないから、悪い事が起きるとか言われました・・一理あるけど、じゃあ、霊友会を辞めて、先祖を供養しない方が安全じゃん?と言う気持ちになります。

困ったいとこ達は、みんな性格に欠点があるんです、それは私もあった・・ただ、私は自分と向き合い、神を信じて自分を変えて来ただけです。 いとこ達は、流されているだけ、人のせいにしたりして、向上を目指していない・・困って無い次男次女のいとこは、性格がしっかりしているだけです。

正直言って、従姉妹の病死だって、アル中とか不摂生もあるんです、困ってる理由は、一番はその性格にある様に見えます。 体に障害は無くても、形成された性格に問題がある・・それぞれ片方の親は血縁でも、相方はみんな違いますしね、そこには霊障? 前世の因縁? 親の育てよう? それも因縁? それぞれ入り組み過ぎてて、証明は困難を極めます。

友人の重度の子供は何故、生まれたか? ちょっと遺伝的にも、友人は、兄弟全員、フワフワした性格なんです、育てようなのか遺伝子なのか、判らない。 だから生物学的に、生まれてしまったのか? 霊障がきっかけになってるのか? どちらもあり得ます。 前世の因縁と、言ったって、それを当人が理解も何もできないレベルなのですからね、それを、どう説明したらいいの? どうカルマが解消されるのだろう?

続いちゃいます・・・・
[19] ムーンライト 投稿日:2019年02月16日 02:58:24 No.1477
宇宙にはアカシックレコードというものがあり、元初からのすべての魂の記録装置のようなものがあり、すべての魂の因縁が刻まれているというふうにお聞きしています。
即ち、人間一人一人の魂の記録が『天の帳簿(帳面)』として記録されていて、それぞれの人生における“徳”と‘罪’の差し引き勘定が記されているようです。
しかし、ほとんどすべての人間は、‘借金’(罪)ばかりで、なかなか“預金”(徳)のある人はいないことになると思います。

隈本確先生もアカシックレコードのことは書かれていたように思うのですが、何故前生はないといわれるのか?なぜだかわかりません。もしかしたら、僕は方便として言われているように思うのです。(キリスト教は、初期の頃は、生まれかわりを説いていましたが、また次があると思うと人間はあまくなってしまうので、「人生はただ一度だけである。」ということにして生まれかわりはないというふうに決まったと聞いています。)

日神会の聖の道は、唯一、人間として生まれかわりをすることなく、一気に神の世界へ生まれかわれる道だから人間として生まれかわる必要がないからではないのかとも思います。
しかし、前生の因縁がわからないと反省、さんげするものがわからないので、なかなか難しいのではないかと思います。
[20] Re: 魂と進化、運命、生まれかわりと因縁 キャンペーン 投稿日:2019年02月16日 19:54:41 No.1482
ムーンライトさんのご意見をもっと聞きたいです。



無題 希来里 投稿日:2019年02月13日 14:18:39 No.1456 【返信】

一農家さんのコメントで

>私の要望は、以前の様に、聖師教自身で、各種の講演テープを作って、1日2回、流して>欲しい、と思っています。

全くの同意見です!
会員諸氏、大多数の方が同じ想いを持っていると思いますよ。
会長から直接のメッセージを、皆さん待っている訳ですからね。
私も、いつ出るのかいつ出るのか・・・と思って数年たっても出ないので・・・
参拝に行く楽しみも半減してしまいました。

輪廻転生ですが、これは存在しないと思っています。
全ては「波長一致」がキーワードだと思います。
憑依は一体ではありませんし、数百数千の憑依もありえる訳ですから、数百数千の霊の過去体験による因縁による作用が代々に渡って子や子孫の肉体上に影響してくると思っています。
また現在では、胎児や乳幼児に憑依が無い訳ではありません。
特殊な霊体に至っては、無垢なままの波長の霊体もいますので、胎児や乳幼児も憑依されエネルギー障害に至る可能性はあると思います。唯、人霊ではないので絶対的に少ないとは思いますが・・・将来はどうなるかわかりません。

神を信じていない家族の浄霊も、神霊格が急に上がり過ぎると弊害が発生してきます。
突然の怪我や事故・・・・肉体と魂のギャップから生じたものだと思っています。
魂が肉体想念に対して戒めを下し始める。ということなのでしょう。


[1] Re: 無題 一農家 投稿日:2019年02月13日 18:47:42 No.1461
こんばんは。
希来里さん、ですよね〜 。 今の説明ビデオだけは、ちょっとつまらない・・(笑) それに、特別儀式の時の音声テープは、確かに儀式の時と同じエネルギーが流れると、私は直ぐに理解しましたが・・・その場でその説明も無く、日の浅い会員なら、意味がわからないでしょうし、私も、どうせなら映像も欲しいな? って思いました。

ある意味、ホスピタリティが、全然足らない・・人材不足も垣間見えますが、そこは何とかして欲しいなって思いました。

手紙書きましょう! 会員として、お願いしますって言う、要望の手紙・・
私も、感想を長崎の方に出そうと思います。 もちろん記名しますし、感想要望を書いたからって、退会処分とか言うなら、会も終わりですからね。 言わないでしょう、クレーマーとか、苦情と罵詈雑言を書いたら、あるかもしれませんけども。

聖師教の講演テープを作って下さい! ぜひ見たいです! って聖地に要望をしましょう!

私も、家族浄霊をずっと行なっています。 幸い子供達は、みんな落ち着いており、優しい性格です。 個性も強く、自分も人も大事にしています。 それなりに想念も、向上している様ですが、20歳を超えましたから、この先、悪想念にまみえる様なら、魂親様からの戒めもあると思っています。

特に次女は私とつながりが強く、聖地にも同行し、私の直接浄霊を受けています、魂の親様に力をつけてもらって、想念も強化して導き、守ってくれる様に祈っています。 想念管理についても、良く話し、導く必要はあると思っています。

私が、家族、子供達の浄霊を行なっている以上、想念についても、私自身が見本となり、想念管理も、しっかりと導く義務はあると思っています、それぞれの魂の親様にも、想念にも、浄霊をしながら、お願いしています。

希来里さんの、お話から、私自身も気持ちを新たに、気をつけたいと思います。

ありがとうございます、感謝いたします。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する