掲示板「高知のナチュラリスト」v.2
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

お名前
Eメール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

無題 コガラくん 投稿日:2017年11月11日 12:27:59 No.2203 【返信】
チョウを見ました。

撮影場所  三谷(北山スカイライン)

撮影年月日 17年10月31日


Re: 無題 コガラくん 投稿日:2017年11月11日 12:30:02 No.2204
撮影日を間違えました。2017年11月5日でした
Re: 無題 nabe 投稿日:2017年11月20日 10:50:43 No.2208 【Home】
左はアサギマダラですね。
渡り鳥と同じ行動をする渡り蝶です。
秋は南方に向け海を渡って移動するのですが、これほど気温が下がるともう渡る体力は残っていないのではないでしょうか。
私は11月10日に土佐清水で見ましたが静止してくれず撮影はできませんでした。
右はアカタテハです。
成虫越冬で、11月2日に我が家の庭にも飛来し撮影しました。



無題 コガラくん 投稿日:2017年10月14日 11:25:54 No.2201 【返信】
ムシ(約15mm-20mm)を見ました。交尾でしょう

撮影場所  三嶺登山道

撮影年月日 17年10月8日


Re: 無題 コガラくん 投稿日:2017年11月11日 12:27:16 No.2202
ムシ(約10mm)を見ました。

撮影場所  林道西熊線

撮影年月日 17年10月31日


Re: 無題 nabe 投稿日:2017年11月20日 10:28:49 No.2206
上はツチハンミョウ科のヒメツチハンミョウでしょう。
幼虫はハナバチ類の巣に寄生し、卵、花粉、蜜を食べて成長し、10月頃成虫となり、土中で越冬して春になるとまた地表に現れます。
下はカメムシ科のアカスジキンカメムシの幼虫ですね。
成虫は幼虫とは全く異なるとても美しい色模様をしています。
これは以前別府峡で見つけて撮影したアカスジキンカメムシの成虫です。


Re: 無題 nabe 投稿日:2017年11月20日 10:31:49 No.2207 【Home】
アカスジキンカメムシ成虫の画像です。




無題 コガラくん 投稿日:2017年11月11日 12:31:30 No.2205 【返信】
11月5日柴巻-英志台間(北山スカイライン)で野鳥観察しました。
その中でジョウビタキの雌雄はオス2羽、メス7羽でした。やはりメスが多いです。

撮影場所 柴巻 弘瀬分岐 

撮影日 2017年11月5日





無題 コガラくん 投稿日:2017年10月12日 17:51:26 No.2200 【返信】
オオチドリ見ました。秋に見ましたのは1999年9月17日前浜1羽以来です。

撮影場所  南国市浜改田

撮影年月日 17年9月26日





無題 コガラくん 投稿日:2017年09月09日 14:15:12 No.2199 【返信】
ノビタキ見ました。例年より1か月早く観察しております。

撮影場所  南国市前浜

撮影年月日 17年8月29日






新堀川の魚観察会 Ladybird 投稿日:2017年08月12日 11:43:42 No.2192 【返信】
 高知市の新堀川に復活している自然.
 その1つがコアマモ群落です.

 コアマモ群落は,浦戸湾に生息するいろいろな魚類の「揺りかご」になっています.たとえば土佐の怪魚アカメの幼魚も,コアマモ群落に生息しています.

 新堀川の魚の観察会が実施されます.アカメの幼魚もきっと見つかるでしょう.ミニチュアの「土佐の怪魚」を観察する良い機会です.

 お近くの方は,気楽に出向いてみてはいかがでしょうか.


Re: 新堀川の魚観察会 Ladybird 投稿日:2017年08月12日 11:50:53 No.2193
 これがアカメだ.

Re: 新堀川の魚観察会 コガラくん 投稿日:2017年08月15日 16:01:19 No.2194
桜井町の西岡燃料様は、新堀川のそばで明治時代より燃料店を営まれております。戦前から新堀川をご覧になっています現在の社長様のお父様(先代の社長様)が残されました詩を添付します。ご覧ください。地元の方々に愛されている新堀川を暗渠にしてはいけないと改めて思いました。

Re: 新堀川の魚観察会 Ladybird 投稿日:2017年08月29日 07:35:23 No.2198
 人間は「境界」を大切にしないんですね.たとえばホタルの生息には,陸と水との「境界」が必要です.陸でも水でもない,または陸でもあり水でもある場所,両者の特性を兼ね備えた所,それが「境界」です.ホタルはそういう場所,水分が豊富だけれど水没はしない所,で蛹の時代を過ごします.

 新堀川も「境界」です.浦戸湾の海水と,江の口川の淡水とが混じり合い,交替する場所.つまり海水と淡水との「境界」.それが新堀川.こういう場所は,さまざまな魚の「天然の養殖場」になります.生物の発生源です.

 新堀川に蓋をすれば,この「発生源」の1つを潰すことになります.生物多様性の重要さが指摘されて久しい現在,高知県は今も「生物多様性」の啓蒙・広報活動に力を入れています.しかし「啓蒙」されないといけないのは,どうやら高知県の県民ではなく,お役人のほうですね.



無題 コガラくん 投稿日:2017年08月22日 12:16:30 No.2195 【返信】
大型の野鳥の羽が落ちていました。たぶんクマタカの尾羽ではないかと思います。
全長(羽軸+羽柄)約3150mm 最大幅 約70mm

撮影場所  三嶺登山道

撮影年月日 17年8月6日


Re: 無題 コガラくん 投稿日:2017年08月27日 18:24:52 No.2196
全長を間違えました。正しくは
全長(羽軸+羽柄)約315mmです。
Re: 無題 Ladybird 投稿日:2017年08月29日 07:23:39 No.2197
 大きいですね.それに,いかにもタカの羽根だし.



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -