白門鉄道会公式掲示板
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

CRC連絡ノートN2

活動報告・イベント告知・雑談他 

会員の活動報告等にご自由にお使いください。この掲示板ではパスワードはかけておりませんので、個人情報には十分ご注意ください。
カウンター:本日【1】、昨日【9】、累計【7517】


お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

理工学部写真展2018閉幕 坪井 庄治 投稿日:2018年02月19日 21:41:55 No.81 【返信】

各力作の応募によりご協力いただいた出展者の皆さん、寒い中を会場まで
足を運んでいただいたOBの皆さん、受付当番等の作業を分担していただいた
白鉄会幹事の皆さん、何よりも快くこの機会と場所を提供していただいた
現役生の皆さん、ありがとうございました。
立地のよいこと、空スペース利用の模型運転で眼をひくなどもあって、積極的な
宣伝もせずに1日半で来場者数が300名を超えました。この種の展示では
大盛況でした。これからも、より多くのOBの方々に参加していただけることを
願っています。まずはお礼まで。





2018年度 白門鉄道会交流会 宮本 邦彦 投稿日:2018年02月02日 11:55:34 No.80 【返信】


今年の白鉄会交流会の日程が確定しました。

 6月16日(土)、15:00から 駿河台記念館にて です。

 昨年までとの違いは、

 ・6月の第3土曜日である (例年 第2土曜日)

・開始時間が、15:00 (例年 14:00)

です。

内容は、これから幹事会で詰めてまいります。

今年もみなさまのご参加をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。






最後は大雪でした 坪井 庄治 投稿日:2018年01月26日 12:40:34 No.79 【返信】

グループ展「五大陸の煙・・」は盛況のうちに終了しました。
ご来場いただいた皆様に改めてお礼申し上げます。毎朝、開錠を担当していました
のでPM3~4に会場を後にしていました。この後、来場いただいた方々には充分な
ご案内ができずお詫びします。
いつの日か白門鉄道会会員でこのような写真展が開催できるよう願っています。





年頭のご挨拶 宮本 邦彦 投稿日:2018年01月03日 10:56:31 No.78 【返信】


白門鉄道会会員のみなさま

明けましておめでとうございます。
みなさま お健やかに新年をお迎えのことと存じます。

おかげさまで 昨年の交流会の後も 会員各氏の多数の
参加を得て 白門祭ツアーや模型運転会等 様々な活動を
盛大に実施することができました。

今年は鉄研創立55周年という節目の年です。
ついては6月初旬に開催予定の2018年度交流会では
55年間の歩みを記した年表を 皆様にお配りすべく鋭意
準備を進めております。他にも当日の内容も充実させるべく
熟慮中ですので 皆様におかれましては ぜひ今からご予定
頂き 奮ってご参加ください。

また2月に行われる理工学部鉄研主催の写真展への参加の
準備も現在しております。こちらも時間があれば ぜひ
会場へ足をお運び下さい。

このように我々幹事一同 今年も精力的に活動していく所存
ですので 会員各氏におかれましては 白門鉄道会の益々の
発展を支えるべく 時間が許す限りのご支援・ご鞭撻のほど
よろしくお願いいたします。

末筆ながら 今年が皆様にとって最良の年とならんことを
祈念しております。

白門鉄道会
幹事代表 
宮本 邦彦






「今週の1枚:謹賀新年」 坪井 庄治 投稿日:2018年01月01日 12:57:31 No.77 【返信】

新年明けましておめでとうございます。皆さんのご健康とご多幸を祈念しています。
今年は、鉄道研究会創立55周年の年、OBの輪が拡がり、交流が盛んになります
ようにご協力ご支援をお願いします。





あけましておめでとうございます Mc40073 投稿日:2018年01月01日 09:48:39 No.76 【Home】 【返信】

今年もよろしくお願いいたします。






新着順:1/18003 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》 【下町っ子】服トリ 投稿日:2017年12月08日 15:23:19 No.75 【返信】

今年も師走となりました。毎年続けているSLカレンダを今年も作りました。

2018年はC51とさせて頂きます。歳とともにスキルが落ちてきます。一所懸命描いてみましたが、
納得の行かないところばかりで、「見て下さい!」という代物ではありませんが、カレンダーに
仕立てました。よかったらお使い下さい。

 225号機を選んだのは、単に蒸気機関車の角度に写真が載っていた事、なかお・ゆたか氏の図面
が手元にあったからの2点に過ぎません。

 C51との出会いは昭和37年の晴海の見本市会場で180号機の展示があったときが初対面、1973年
に239号機を梅小路蒸気機関車館で、2008年に大宮の鉄道博物館で5号機に会った時の3度しか有り
ません。兎に角、資料不足でしたが誤魔化しながらの作図です。

 作図にあたって、坪井さん、C51190さん、荻野さんから写真や図面等の資料を頂戴しました。
有り難うございました。厚く御礼申し上げます。

なお、NIKON IMAGE SPACE の http://img.gg/AO9HNCj で原寸のデータをダウンロードする
ことが出来ますのでご利用下さい。








1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -