白門鉄道会公式掲示板
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

CRC連絡ノートN2

活動報告・イベント告知・雑談他 

会員の活動報告等にご自由にお使いください。この掲示板ではパスワードはかけておりませんので、個人情報には十分ご注意ください。
カウンター:本日【9】、昨日【10】、累計【1777】


お名前
Eメール
タイトル
URL
画像添付 ( 3MB以内 )
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

「今週の1枚:実験または冒険?(その2)」 坪井 庄治 投稿日:2017年05月20日 21:15:56 No.30 【返信】
今ではパソコン・ソフトで擬似夜景や夕景を創りだすことなど、それほど難しく
ありません。しかし、そのような手段がなかった時代には、モノクロ用フィルター
を利用してカラー撮影したこともあります。写真はYA2を使用、メルヘンチック
に仕上がりました。1995年12月:真岡線・寺内





「今週の1枚:実験または冒険?」 坪井 庄治 投稿日:2017年05月13日 16:38:10 No.29 【返信】
S字カーブの正面で超望遠レンズを構え、スロー・シャッターを切れば、
正面はほぼ静止し、曲線にかかった側面が流れて迫力ある写真が撮れる
のではないか。
場所は根府川の小さなカーブ、狙いを図体が大きい215系全2階建て
電車と定め、300㎜レンズにエクステンダー(x2)を装着、シャッター:
1/8で挑戦してみました。物事は必ずしも想定通りとはならないもの、
特に電線の影は全く計算外でした。2000年1月撮





「今週の1枚:小樽・手宮線跡」 坪井 庄治 投稿日:2017年05月05日 20:52:24 No.28 【返信】
まだ会社勤めをしていた頃、社員旅行で北海道へ行く機会がありました。
その折、自由時間を利用して小樽の街へ。ここは蒸機C62重連の撮影で
度々、基地とした懐かしい土地です。運河や古い建築物が整備されたり、
洒落たガラス工芸店が軒を並べるなど、人工的な観光地化が進みましたが、
一歩裏道には旧手宮線が線路もそのままに残っていました。1997年6月。





「今週の1枚:ドック・ノース」 坪井 庄治 投稿日:2017年04月23日 16:44:09 No.23 【返信】
今から25年前、「さらばDRC 惜別の四季(わかれのとき)」なる
小写真集を出版しました。その時に使用したフイルムが出てきたので早速、
スキャンしてみました。未使用のものも取込んで増補改訂版(自家用)を
作ろうかとも考えています。
東武鉄道・デラックス・ロマンスカーは、国鉄の<こだま>、<はつかり>
の流れをくむボンネット型で、真横のシルエットはまさにドック・ノース
です。
この頃、使用していたフイルムは褪色に強いと言われたコダック5032、
つまり外式現像のコダクローム64ディライト・タイプ。撮影から30年
以上経ちますが、まずまずの再現です。1985年8月東武・日光線:栗橋


Re: 「今週の1枚:ドック・ノース」 ビッグボス 投稿日:2017年04月29日 12:26:03 No.25
思わずクモロ・・・?と考え込んで、説明文を読みDRCと納得しました。
ボンネットが美しいですね。
Re: 「今週の1枚:ドック・ノース」 ビッグボス 投稿日:2017年04月30日 21:15:11 No.27
追伸です。

この写真、どこかで・・・と思いましたが、ついに思い当たりました。http://www.rail-magazine.jp/rm/rm297/index.html
Rail Magazine誌、297号の表紙がコレに近いんですね。
297号は489系ですが、確か撮影者は当会OBだったと記憶しています。

http://hokutosei2014.shop-pro.jp/?pid=77765895
拡大写真はこちらをご参照ください。



「今週の1枚:点景」 坪井 庄治 投稿日:2017年04月29日 21:10:48 No.26 【返信】
線路近くに季節の花を見つけると、つい撮りたくなってしまう。季節感を表すには
手っ取り早いからです。しかも私の場合は、点景のつもりの花にピントを合わせて
しまう。どちらが主役なのか、これも<鉄道写真>の内か、まぁ、見る方の好み、
判断に任せるとしましょう。 2006年5月・中央線:初狩





今週の1枚 坪井 庄治 投稿日:2017年04月16日 16:13:19 No.22 【返信】
満開の桜が散ってしまえば、次は新緑と青空に泳ぐ鯉幟の季節となります。
ところが、列車が所定の位置にきても風の具合で鯉幟が同期しないことも
あるから難しい。掲出の写真は西武・秩父線:芦ヶ久保(1996年5月撮)。

前回の書忘れ:東急・東横線:武蔵小杉(1995年12月撮)





変則スキャン:その2 坪井 庄治 投稿日:2017年04月08日 20:44:32 No.21 【返信】
原画は、マルチ・フォーマット機構があるマミヤ6(6x6)に135フイルムを
装填して撮影したもの。つまり24x60㎜のパノラマで、これを35㎜専用機で
左と右側に分けてスキャンし、合成した。
水平のパノラマ写真ならば歪みの少ないレンズで左右分けて撮影し、繋げれば、
また掲出のような図柄ならば6x6、広角レンズで撮影してトリミングしても結果
はほぼ同じ。ということで、このカメラは長く使用されずに処分となった。
因みに、廣田さんの「動止」(第2弾)は、横長の車輛を真横で撮るために、縦横
比を考慮して、6x7カメラに135フイルムを装着できるように改造して撮影
した、と推定している。





1 | 2 | 3 | 4 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -