画像掲示板~シネマ~
[トップに戻る] [ホーム] [ワード検索] [フォトアルバム] [管理用] [▼掲示板作るならRara掲示板]

カウンター

今日、昨日、合計:4、6、126

Let's enjoy movies together!(о´∀`о)


Name
E-Mail
Title
URL
FileUP
Key (英数字で8文字以内)
Color

Grace Kelly Blues Eels 投稿日:2017年11月22日 20:14:15 No.10 【返信】

The cut-rate mime walking through the dirty street
Of Paris in the hot august heat
Sun melting the fake smile away
Just looking for a place to stay

実入りの少ない芸人は、汚い通りを歩いてく
パリの街中、うだる熱気
愛想笑いも出来ない陽の下
居付く場所をただ探してる

The actress gave up all her old dreams
And traded up now she is a queen
Royal families don't have a time for that shit
Your crystal ball - you keep it hid

女優は夢を諦めて
代わりに女王になったけど
冗句も言わない宮廷暮らしじゃ
あなたの魅力は出せやしないね

The tractor-trailer driver radios:
Help me someone I'm out here all alone
Track driving the black night away
Praying for the light of day

大型トラックの運転手さんは、無線でみんなに呼びかける
「誰か助けてくれないか。一人っきりになっちまった」
暗い夜道を行くトラックは
日が差すことを祈ってる

The kid in the mall works at Hot Dog on a Stick
His hat is funny shape his heart is a brick
Taking your order he will look away
He doesn't have a thing to say

商店街の少年は、ホットドッグのお店でバイト
変な形の帽子を被り、愛想はなかなかいい感じ
けど注文を取るとなると、いつもその目は逸らしてる
本当は話すことは無いと思ってる

But me I'm feeling pretty good as of now
I'm not so sure when I got here or how
Sun melting the fake smile away
I think, you know, I'll be okay

世の中こんな感じだけれど、今は結構気分はいい
いつこうなったか、もう忘れたけど
愛想笑いもできない陽の下
うまくやっていける気がしてる








ダーティハリー ハリー・キャラハン 投稿日:2017年11月20日 12:58:26 No.9 【返信】

ダーティハリー(米国) 1971 北米興行収入4位

監督 ドン・シーゲル
脚本 ハリー・ジュリアン・フィンク、R・M・フィンク、ディーン・リーズナー、ジョン・ミリアス
主演 クリント・イーストウッド

サンフランシスコを舞台に、職務遂行のためには暴力的な手段も辞さないアイルランド系のハリー・キャラハン刑事が、ベトナム帰還兵の偏執狂的連続殺人犯との攻防を繰り広げるアクション映画。

組織と規律から逸脱していくアウトロー的、かつ直情径行で信念を貫徹する性格の主人公をクリント・イーストウッドが演じた。
1970年代のハリウッド・アクション映画を代表する作品の一つであり、その後に撮影されたアクション映画にも影響を及ぼした。

登場人物

ハリー・キャラハン サンフランシスコ市警察本部捜査課刑事
チコ・ゴンザレス 若手刑事
アル・ブレスラー 警部補 (キャラハン刑事の上司)
サンフランシスコ市長
スコルピオ 身代金目的銃器連続殺人犯

あらすじ

【起】
サンフランシスコ市でライフルのよる射殺事件が発生。その翌日、スコルピオと名乗る犯人から「無差別な銃撃と引き換えに10万ドルをサンフランシスコ市に支払うように」と市長の元に一通の脅迫状が届く。市長と市警上層部は犯人の出方を伺うため時間を稼ぐ一方で警官を屋上に配備し狙撃を警戒するためヘリで監視することにした。

【承】
一方市警のはみ出し刑事ハリー・キャラハンはこのスコルピオ捜査の担当を命じられたが、犯人を血祭りにあげるほどやり過ぎる彼を抑えるために、新人のチコ・ゴンザレスと組まされることになった。やがて市警のヘリが屋上で怪しい人影を発見したものの取り逃がし、予告されたキリスト教の司教の元へおびき寄せる作戦も失敗する。ついに黒人の少年が犠牲者となり、次は少女がスコルピオに誘拐されてしまった。ここに万策尽きた警察側は10万ドルを払うことになる。ハリーはその金の運び屋をかってでて市中を引っ張りまわされながらも犯人と接触する機会を伺う。しかし、ハリーを援護していたチコが銃撃され、スコルピオに痛めつけられてしまう。銃を突き付けられ絶体絶命な時に、隠しナイフで反撃しスコルピオに手傷を負わせことに成功。傷を負わされ逃走したスコルピオを追跡するハリーは、スコルピオが駆け込んだ病院で治療した医者の記憶からスコルピオの居場所を突き止め、スコルピオを追い詰めた。ハリーはスコルピオの傷つい足を痛めつけ、少女に居場所を自白させるが、既に少女は死んでいた。

【転】
翌日、検事に呼び出され令状もなしに違法な捜査をしたということでスコルピオは釈放されてしまう。ハリーはスコルピオがまた犯行を犯すのではと尾行する。スコルピオは尾行から逃れるために世間の同情を得ようと自らを傷つけハリーの尾行を上層部からやめさせるように仕向けた。監視の目を外れたスコルピオはスクールバスをハイジャックし再度、10万ドルと逃走用の飛行機を要求した。

【結】
金の運び屋を再度ハリーに依頼する市長。だが、ハリーはそれを断り飛行場に向かう。スクールバスを待ち伏せて橋の上からバスの屋根に飛び乗ったハリーに対して、スコルピオはバスを捨て採石場に逃げ込み銃撃戦となる。採石場を出て近くの池で釣りをしていた少年を人質に取ったスコルピオだったが、ハリーの撃った弾丸は少年をかすめて肩に命中。拳銃を落とし、ハリーはいよいよスコルピオを追い詰める。

スコルピオは落とした拳銃に一度手を伸ばすも躊躇する。それに対し挑発するハリー。結局、スコルピオは拳銃を取りハリーを狙うも、一瞬早く銃口を向けたハリーに胴体を撃ち抜かれ絶命。ハリーはポケットから警察バッジを取り出すと、川に放り投げるのだった。

The End









シークレットアイズ レイ・カステン 投稿日:2017年11月19日 20:11:17 No.8 【返信】



シークレットアイズ

あらすじ

2002年、ロサンゼルス。殺人事件の現場に駆け付けたFBI捜査官のレイは、若い女性の遺体を見て絶句する。その被害者は、テロ対策合同捜査班でのパートナーで、親友でもある検察局捜査官ジェスの最愛の娘だったのだ。レイはエリート検事補のクレアと共に捜査に乗り出し、一度は容疑者の男を捕まえるのだが、FBI組織内の事情により、上層部は男を釈放して自由も身にしてしまう。あれから13年、失意のもとにFBIを辞めたレイが、クレアとジェスの元に帰って来る。新たな手掛かりを見つけ、捜査を再開するために。容疑者を突きとめ、逮捕に乗り出した彼らを待ち受けていたのは、想像を絶する結末だった…






黒い家 菰田幸子 投稿日:2017年11月12日 16:06:28 No.7 【返信】

黒い家

あらすじ

大手生命保険会社「昭和生命」の京都支社で保険金の査定業務を担当する若槻慎二は、保険加入者である菰田重徳からの呼び出しにより菰田家を訪問するが、そこで菰田家の子供(妻の連れ子)が首を吊った状態で死亡しているのを発見してしまう。

事件の疑いが濃厚な事案であったことに加え、菰田家には以前にも自傷とも疑われる不可解な保険金請求があったことから、昭和生命は保険金の支払いを保留していたが、重徳は執拗に支払いを求める。疑念を抱いた若槻は、一連の事件の首謀者を重徳と推測し、妻の幸子宛に注意を促す匿名の手紙を送ってしまう。

そこから、若槻自身とその周囲の生命が脅かされる、恐怖の日々が始まった。まず、若槻の恋人である恵が勤務する大学の研究室の心理学助教授、金石がプロファイリングによって菰田夫妻はサイコパスだと判断を下した矢先に、金石が惨殺された・・・









プリズナーズ 妻鳥光家 投稿日:2017年11月03日 15:46:44 No.6 【返信】
 


プリズナーズ

あらすじ

ペンシルヴェニア州で小さな工務店を営むケラーの幸せに満ちた日常は、何の前触れもなく暗転した。
感謝祭の日、6歳の娘アナがひとつ年上の親友と一緒に外出したまま、忽然と消えてしまったのだ。

まもなく警察は青年アレックスを容疑者として拘束するが、自白も物証も得られず2日後に釈放。
刑事ロキの生ぬるい対応に不満を隠せないケラーは、アレックスがふと漏らしたひと言から、彼が犯人だと確信し、自らの手で口を割らせようとする。

最愛の娘を取り戻したい一心で、法律とモラルの一線を踏み越えていく父親。
粘り強い捜査によって、新たな容疑者の存在を突き止めていく刑事。

もがけばもがくほど混迷が深まるこの難事件の背後には、想像を絶する闇が広がっていた…






ステイ 祖承訓 投稿日:2017年10月28日 19:44:39 No.5 【返信】



ステイ 

あらすじ

精神科医のサムは、謎に満ちた若い男性患者ヘンリーを担当することになる。彼は、自分の誕生日に自殺するとサムに予告する。画家であり、サムと同棲しているライラはサムの元患者でかつて自殺未遂をおこしている。

ライラの不安定な精神状態はサムの精神的負荷でもあり、彼女を愛していて結婚指輪も買っているのに、渡せないままずっと握り締めていた。そして、ヘンリーが憧れている画家が、18歳の時にあと3年生きると言い残し、自分の作品を全部焼いて自殺した話をサムにする。サムが盲目のレオン博士と会っている時に、ふいにヘンリーが現れる。

博士を見たヘンリーは、博士が自分のせいで亡くなった父親だと主張するが、博士には子供がいなかった。その日を最後にヘンリーは行方不明になる。サムが彼のアパートを訪ねると、壁一面に「Forgive Me(許してくれ)」と書かれていた。ヘンリーの精神状態が尋常でないことが分かり、サムの不安はますます広がる。そこから、サムの身に不可解なことが起こり始める。

ヘンリーの母親に会うが彼女はすでに他界していることがわかり、ヘンリーの恋人を訪ねた後、螺旋階段を踏み外しどこまでも落ちていく…と思いきや、再びヘンリーの恋人の前でさっきと同じセリフが聞こえてくる。教えてもらった本屋には、ヘンリーが描いたという絵が飾ってあった。ブルックリン橋の絵。それは、サムのオフィスと自宅に飾ってあるライラが描いた絵と同じだった。サムはもはやヘンリーの潜在意識の迷路から抜け出せなくなっていた。サムはヘンリーに誘われるように、ブルックリン橋へと向かう……








オー・ブラザー! 武藤義増 投稿日:2017年10月26日 20:26:35 No.4 【返信】



オー・ブラザー! 

あらすじ

1930年代、ミシシッピー州の片田舎。
エヴェレットとピートとテルマーの3人は共に鎖で繋がれた囚人だった。
しかし、昔エヴェレットが隠しておいた120万ドルを手にすべく、3人で脱獄する。

金の隠し場所はダムの建設予定地で、後4日で湖の底に沈んでしまうという。
3人は脱走の途中、ギター名人のトミーと出会う。
そして、4人は小さなラジオ局で小遣い稼ぎに「ズブ濡れボーイズ」として歌を歌う。

しかし、「ズブ濡れボーイズ」は後に本人たちの知らないところで意外な好評を得て、レコードは大ヒットとなる。
3人が警察に追われると、トミーは逃げ出し、再び3人での旅となる。
しかし、ピートは途中行方不明になる。
警察に捕まってしまったのだ。
2人での脱走中、雑貨店でエヴェレットは別れた妻・ペニーに出会う。

しかし、ペニーには新しい婚約者がいた。
エヴェレットは店を追い出された。
2人が映画館で映画を見ていると、大勢の囚人たちが入ってくる。
その中にピートがいた。
そして、2人はピートを助け、再び3人での脱走が始まる。
ピートはエヴァレットのお宝のことを警察に吐いてしまったという。
しかし、エヴァレットは「宝物は実はなかった。脱走するための嘘だった。」と白状した。
ペニーの再婚を邪魔するために脱獄したというのだ。
3人があてもなく歩いていると、ある宗教の集会に出会う。

そこではなんとトミーが今まさに処刑されるところだった。
3人はトミーを助け出した、再び4人での旅をする。
4人は「ズブ濡れボーイズ」として、州知事選挙集会に出演し、演奏する。

そして、そこで見事な演奏を見せ、州知事パピーに3人は恩赦をもらう。
しかし、それを知らない警察は3人を捕まえた。

そのときエヴァレットが神に祈ると、ダムの水があふれ、洪水が起こり、3人は難を逃れる。
その後、エヴェレットはケンカ別れしていたペニーとめでたくよりを戻すのだった。

The End







1 | 2 | >>
記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
- 掲示板管理者へ連絡 - 新着投稿をメールで受け取る -