Advectionfog Text BBS


| トップに戻る | ワード検索 | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

お名前
メール
タイトル
URL
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

『フェリーびざん』ドック入回航 せんとぽーりあ 投稿日:2018年12月23日 15:35:51 No.2846 【返信】

オーシャン東九フェリーの『フェリーびざん』がドック入り回航をしています。

FERRY BIZAN
Passenger
JP SMJ
JP ONX
ATD: 2018-12-23 10:27
ETA: 2018-12-23 18:00

管理人様「No2845」は投稿に失敗しました、
削除をお願いいたします。


[1] Re: 『フェリーびざん』ドック入回航 げんかい(管理人) 投稿日:2018年12月24日 11:38:33 No.2850
こんにちは。
今年も尾道造船に回航されましたね。



おれんじ8 現在の様子 せんとらる 投稿日:2018年12月22日 10:03:45 No.2842 【返信】

げんかいさん、おはようございます。

オレンジフェリー公式のお知らせに、「おれんじ8」の現在の様子が載っています。

現船主さんが船の塗装を気に入られているようで、基本現在の塗装を
ベースに、となる模様です。

ただ本当にそのままだとオレンジフェリーと同じになってしまうので
両側のカモメマークの色は変えてほしいとこちら(オレンジフェリー)
から要望を出した、とのことでした。

画像などの詳細はこちらのリンクから。
https://www.orange-ferry.co.jp/topics/?p=1082


[1] Re: おれんじ8 現在の様子 げんかい(管理人) 投稿日:2018年12月24日 11:38:05 No.2849
こんにちは。
海外に売船されたフェリーがそのままのカラーリングになることが時々ありますね。売船先の会社のカラーは無いのかなとも思いますが、そのままの姿があるのも嬉しいです。
インドネシアでは、名門大洋フェリーのカラーリングがそのままで使われた後定着して、その他の船も名門カラーになっています。オーシャン東九フェリーの船が名門カラーになっていることもあります。



2019年夏 瀬戸内海汽船に新造フェリー就航 せんとぽーりあ 投稿日:2018年12月10日 14:41:17 No.2823 【返信】

瀬戸内海汽船の新造船につきまして、ティザーサイトを公開いたしました。
http://setonaikaikisen.co.jp/newferry/


[1] Re: 2019年夏 瀬戸内海汽船に新造フェリー就航 げんかい(管理人) 投稿日:2018年12月16日 13:26:00 No.2826
外見からもエンターテイメント性のある船になりそうで楽しみです。
この航路は長く新造船の情報がなかったので、建造に進めたことが嬉しいです。
[2] Re: 2019年夏 瀬戸内海汽船に新造フェリー就航 石手川 投稿日:2018年12月17日 22:58:09 No.2831
管理人様、はじめましていつも楽しみに拝見させてもらってます。
瀬戸内海汽船のサイトが更新されまして新造船の概要が少し分かりました。総トン数が980トンで今のフェリーより大きくなります。
2020年夏には、石崎汽船共に全てが新造船になるみたいです。楽しみですね。
[3] Re: 2019年夏 瀬戸内海汽船に新造フェリー就航 げんかい(管理人) 投稿日:2018年12月24日 11:33:50 No.2848
石崎汽船側も代替をやるのですね。楽しみです。



ドック情報2019 『フェリーとしま2』 せんとぽーりあ 投稿日:2018年12月21日 14:06:52 No.2841 【返信】

十島村の『フェリーとしま2』は、2019年2月7日(木)~21日(木)はドック期間です。
期間中の
2月11日(月)鹿児島港発
2月18日(月)鹿児島港発
は代替船「みしま」の運航となります。
http://www.tokara.jp/wp/wp-content/uploads/2018/12/5d60b91b35f3a64b4e3a660a12a6cc1a.pdf





SHKライン新航路 太郎 投稿日:2018年12月18日 16:44:00 No.2833 【返信】

2021年春に横須賀港と北九州港を結ぶ新規フェリー航路が開設されるそうです。
オーシャン東九フェリーと似た航路ですが、リリースに『観光ニーズに対応』とあり、旅客にどれほど力を入れてくれるのか楽しみです。


https://ord.yahoo.co.jp/o/realtime/RV=1/RE=1545204599/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly90LmNvL0F3MjVPbzh6dFk-/RS=%5EADBXMw.roHvJ.2HE6KN9rsDzL6uq58-;_ylt=A2RimWD3oRhcnj0APAP3bAF8;_ylu=X3oDMTJhdWI0amhsBHBvcwMzBHNlYwNzcgRzbGsDdHdsdXJsBHR3aWQDMTA3NDkyNTcwMTY3MTc5MjY0MAR0d3VpZAMxMDQ0NTMwNTA0MzIwNTQwNjcz


[1] Re: SHKライン新航路 クロモリ丸 投稿日:2018年12月18日 21:12:16 No.2834
SNF舞鶴-小樽航路に新造船を投入の上、はまなす/あかしあをシフトでしょうかね…?
[2] Re: SHKライン新航路 げんかい(管理人) 投稿日:2018年12月18日 22:32:44 No.2836
年末に大きなニュースが飛び込んできましたね。
SHKラインが考えているということは、かなり確実な内容なのでしょうね。
オーシャン東九は設備面と2晩ということでなかなか利用することがないですが、20.5時間で旅客設備が整っているのであれば、ぜひとも利用したいです。
横須賀港での岸壁は、新港埠頭との情報もありますが、そこだとすると浦賀水道航路は通ることになりそうです。駅から徒歩圏内になるので、都心から仕事の後に乗船できるダイヤになるのかもきになります。
北九州側の港は発表になっていませんが、流れからすると新門司でしょうか。阪九のバース(夕方の出港後などに)を使ってコスト削減をするのでしょうか。
距離が長く余裕時間のない高速フェリーの航海になるかと思いますが、新日本海フェリーが関西〜北海道航路で同じような条件でのノウハウがあると思いますし期待したいです。

オーシャン東九フェリーも、元々はSHKラインのメンバーだった東九フェリーが合併してできたもので、その後王子海運とも合併して、今はSHKラインのメンバーに書かれていませんが、SHKラインの母体の関光汽船が株主には入っているようです。今回は、SHKラインとして新しい会社を用意して挑戦するのですね。

今後の情報に期待ですが、人の往来が多い大都市を結ぶ20時間の航路として、クルーズの文化を広げてほしいという気持ちと、横須賀〜苫小牧東もちょうどいい距離ではとさらに先にも期待したいです。

横須賀市の発表の中に、SHKラインの報道発表資料があります。
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/6620/nagekomi/20181218ferry.html
[3] Re: SHKライン新航路 izumi。 投稿日:2018年12月19日 07:00:35 No.2837
横須賀と言えばシャトルハイウェイラインの二の舞にならないことを祈りたいですねえ・・・

関東南部から長距離フェリーの旅が出来ることが、関東の人にはイメージがつきにくく
未だに雑魚寝難民船状態だと思われているので、個室メインの船室とリーズナブルな価格で新しい船旅を提案して欲しいです。



「さんふらわあ きりしま1」東京湾へ げんかい(管理人) 投稿日:2018年12月16日 12:48:37 No.2824 【返信】

今朝の志布志港到着で再度引退した「さんふらわあ きりしま1」は、志布志港から由良ではなく、東京湾の市原(千葉)向け回航を始めました。
東京マーチスには自動車運搬船として出ているため気づくのが遅れましたが、ここで引き渡すのか、市原のどこに行くのか気になります。


[1] Re: 「さんふらわあ きりしま1」東京湾へ げんかい(管理人) 投稿日:2018年12月16日 12:56:49 No.2825
市原航路ということは、三井造船あたりに行く可能性がありそうです。
[2] Re: 「さんふらわあ きりしま1」東京湾へ South_North 投稿日:2018年12月16日 19:18:29 No.2827
東京マーチスの「市原航路 入出航船舶情報」に

行先が「三井造船4」と表示されています。
[3] Re: 「さんふらわあ きりしま1」東京湾へ げんかい(管理人) 投稿日:2018年12月16日 21:23:25 No.2828
三井造船なんですね。この場所だと長期係船というよりは一時的な係船のようにも感じますね。
[4] Re: 「さんふらわあ きりしま1」東京湾へ Voyager 投稿日:2018年12月17日 10:49:54 No.2830
千葉に行くことは12月6日に知り、東京湾の予定を毎日チェックしていました。
当方の知る限りでは14日には予定に上がっているのは視認しました。

売却先のインドネシアが津波で受け入れ準備が遅れているのが幸いし代船運航できたようです。

なお、3月まで予備船として、係留のようです。

三井造船4は4号艤装岸壁のようです。

なお、三井の千葉と言えば。2代目「にっぽん丸」も引退後係留されていました。



ドック情報2019 げんかい(管理人) 投稿日:2018年10月28日 00:07:56 No.2746 【返信】

ドック情報2019を掲載しました。
http://advectionfog.net/voyage/dock2019.html
現時点の予定の特徴は、
・松山小倉フェリーが2隻とも1ヶ月を超える長期ドック
 →リニューアルか何か延命工事をやる?
・「さんふらわあさっぽろ」も1ヶ月半の長期ドック
 →就航以来続いているエンジントラブルの対応?


[1] Re: ドック情報2019 せんとぽーりあ 投稿日:2018年12月03日 20:17:02 No.2813
げんかい(管理人) 様
お世話になります。
『ドック情報2019』ありがとうございます。
定期ドックは、冬期の1~3月が大半ですね。
12月に入り、だいぶ運航会社からの情報も出てきました。

そこで、「2018年ドック情報」に出てこなかった、
『フェリーしまんと』2017年05/04〜05/17に実施、
『さんふらわ あいぼり』2017年10/12〜10/21に実施の2隻は、
どのように調整しているのですかね。
[2] Re: ドック情報2019 げんかい(管理人) 投稿日:2018年12月07日 15:32:33 No.2820
こんにちは。

中間検査の場合は、前回の定期検査から○年後の前後3ヶ月以内になるので大まかには時期がわかるとは思いますが、見落としているか、別の制度かでしょうか。
船体計画保全検査というのを使えば毎年のドックは不要なようですが、これをやるなら会社全体でやってそうにも思いますしよくわかりません。
http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/10/100329_.html
[3] Re: ドック情報2019 せんとぽーりあ 投稿日:2018年12月09日 18:59:06 No.2822
げんかい(管理人)様
ご解答ありがとうございます。

平成18年度から 「船体計画保全検査制度」が変更になり、必ずしも毎年のドック入りがなくなっていたんですね。

確かに一昼夜運航し続ける、日本海航路や太平洋航路がある反面、
瀬戸内海航路のように、日中は停泊している船舶もあります。
新しい制度の方が合理的ですね。
たぶん『フェリーしまんと』や『さんふらわ あいぼり』は、ドック入りの見直しをしたんでしょう。



<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する