66.7‰ | 伝言板


| トップに戻る | ワード検索 | フォトアルバム | 管理用 | ▼掲示板作るならRara掲示板 |

66.7‰の掲示板です。
画像は3MBまでのものなら添付することができます。

今日 4
昨日 30
合計 43718
お名前
メール
タイトル
URL
画像添付
アイコン [イメージ参照]
削除キー ( 記事を削除する際に使用します )
文字色

夜汽車の残像に特別篇を公開 貫通扉 投稿日:2014年12月24日 03:33:45 No.234 【返信】

管理者用夜汽車の残像に、特別篇として「13番線のブルートレイン ~1レのための18分~」を公開しました。

これは、18時45分に上野駅13番線に入線し、19:03に発車する寝台特急「北斗星」の、入線から発車までの18分間に焦点を当てた特別篇です。
2015年3月のダイヤ改正で、北斗星号が定期列車としては廃止され、臨時列車になることが正式に発表されました。この特別篇は、そのことを記念して制作したもので、含まれている写真は、今年の11月25日~12月19日にかけて撮影されたものが中心です(その期間中、特定の曜日に13番線に通い続けました)。

夜汽車の残像は、夜行列車に関連する写真をひたすら公開するというコンテンツで、文章はほとんどありません(写真を拡大したときにその下にちょっと出るくらい)が、今回の特別篇は、その18分間をいわば「実況」したものであり、一種の物語形式になっています。
夜汽車の残像に公開するページとしては異例の形のものですが、お楽しみいただければ幸いです。

なお、私も何かと多忙であり、サイトの制作作業に割ける時間もそう多くはありません。また、今回公開した夜汽車の残像の特別篇は制作に時間がかかり、なかなかの労力を使いました。私としても、とりあえずここで一区切りをつけたいという思いが出てきました。
そのため、誠に勝手ながら、年内の更新はこれで終了とさせていただきます。次回の更新は年明け以降となります。

今回の更新も含めると、2014年は、計27回の更新を行いました。
サーバーの容量にはまだ余裕があるため、あるものを消して新しいものを公開するという「入れ替え」は行っていません。それゆえ、更新した回数の分だけ、このサイトがより充実したものになったという自負があります。

年末のご挨拶はまた別の機会に行いますが、今回のお知らせはここで終了させていただきます。ありがとうございました。


Re: 夜汽車の残像を読ませていただきました いちぽん 投稿日:2014年12月28日 12:06:09 No.235
タイトルの通り夜汽車の残像を読ませていただきました。
自分自身も貫通扉様と同様に15年以上早く、しかも関東地方に生まれていたら色々な寝台列車に乗ることができたのなあと思っています。また、もう少し早く寝台列車に目覚めていれば、トワイライトエクスプレスにも乗ることができたのではないかと後悔しています。ちなみに、4か月ほど前に札幌始発の北斗星に乗りました。
上野発の北斗星も乗れたらいいなと思っています。
Re: 夜汽車の残像に特別篇を公開 貫通扉 投稿日:2014年12月29日 21:44:03 No.236
管理者用私は何とかギリギリで「夜行列車を知らない世代」を回避していますが、あと5年でも早く生まれていれば、更に多くの寝台列車に乗ることができていただろうと思っています。
2008年に銀河号・なは号・あかつき号、2009年に富士号・はやぶさ号がそれぞれ廃止されていますが、あと5年早く生まれていれば、当時の私は17歳か18歳。少なくともそのうちの2つには乗っていたことでしょう。

トワイライトエクスプレス号は、その存在にはもちろん気がついていましたが、大阪~札幌という運転区間ということもあってか、切符の購入を試みることさえなかなかできませんでした。そもそも、初めて単身で北海道に乗り込んだのは、今年の1月のことです。
もっと早く1人で北海道に行けるようになっていれば、トワイライトエクスプレス号に乗る機会もあったのかもしれません。

北斗星号は上下両方に乗車経験がありますが、上野発、札幌発それぞれに魅力があります。札幌発と比較しての上野発の魅力は、長距離を走る夜行列車らしく、余裕をもって発車の18分前に入線する(札幌発では9分前ですね)という点、上野駅伝統の推進回送が見られる点、数多の長距離列車が使用してきた地上ホームから発車する点などがあるでしょうか。
始発駅を出発したときの雰囲気と気分は、私はやはり上野発の下り列車の方に分があると思います。

残された時間は多くはありませんが、是非上野発の下り列車にもご乗車いただければと思います。





北斗星号も・・ JANE 投稿日:2014年12月16日 18:01:28 No.232 【返信】

少し前に、北海道の旅日記をようやく読み終えました。いや~、読み応えありましたよ。本当に、いつも膨大な数の写真と資料を基に、あれだけの文を書き上げるのには、感心します。
旅日記を読んでいる間に、晩夏だった北海道は、いまや猛吹雪の真冬に(>_<)そして悲しいことに、トワイライトエクスプレス号に続き、北斗星号も来年3月での廃止が発表されました(T_T)
貫通扉さんの、北斗星号でお酒を飲みたいの願いは、残念ながらかなわないということですね。でも、今年は何度か旅行の際利用されたようで、やはり乗れるときに乗っておく!というのは本当にそのとおりですよ。



Re: 北斗星号も・・ 貫通扉 投稿日:2014年12月16日 23:38:31 No.233
管理者用今夏の北海道旅行の旅日記は、ページ数だけは無駄にあるので、読みごたえはあったのではないかと自負しています。もっとも、「読みごたえがある」ことと「長すぎる」ことは紙一重ですが・・・。

旅を終えてからまだ3か月ちょっとですが、北海道はすっかり冬になってしまいました。例えば5月→8月の3か月とは違い、9月→12月の3か月では、天候や環境は大きく変わってしまいます。北海道の長い冬が始まっています。

トワイライトエクスプレス号に続き、北斗星号の廃止も報道されたところですが、良くも悪くも、青天の霹靂という感じではありません。しかし、北海道新幹線の新函館北斗開業の1年前に廃止となるというのは、やや予想外であったのはたしかです。
北斗星号に関しては、夏ごろまでは臨時列車として走る・・・という噂もありますが、かつてのエルム号よろしく全車開放B寝台という編成になる可能性も否定できません。そうすれば、食堂車の連結はないということになります。
いずれにせよ、私の夢は叶いそうにありません。

ここ最近感じていることは、「やりたいと思ったことをやる」ということの重要性です。例えば、今夏の北海道旅行では、帰りにカシオペア号を1人で利用しましたが、常軌を逸しているとしか言えないような行為でも、「あのとき乗っておけば良かった」となるよりは、はるかにマシです。

いかにお金がかかろうとも、後悔のないように、したいことはしておく。廃止されてからでは、いくらお金を積んでも乗ることはできない。そう思えば、その場で消える数万円などは、実は大した問題ではないのです。



願いかなわず JANE 投稿日:2014年12月02日 10:01:39 No.230 【返信】

たくさんのトワイライトエクスプレス号の写真をアップされましたね。
トワイライトエクスプレスは、廃止が決まるずっと以前から 一度は乗りたいと思っていたのですが、大阪発ということで(私は関東在住)、なかなかチャンスがありませんでした。やはり数少ない北海道旅行には、上野発の北斗星とカシオペアを選択するからです。
結局、次はと思っているうちにいきなりの廃止発表で(>_<)、今となっては切符を手に入れることも容易ではありません。(前から難しかったですが)
自分で乗ることはできませんでしたが、今回札幌や長岡での写真を見て、私もそこにいたような気分になれました。よかったです(^^)v


Re: 願いかなわず 貫通扉 投稿日:2014年12月02日 23:39:12 No.231
管理者用最近、夜汽車の残像の更新をサボり気味だったので、今回のように、一度の更新で大量の画像を追加することとなりました。本当は、こまめに更新して、少しずつ画像を足していくのが理想的ではあるんですが・・・。

トワイライトエクスプレス号は、全国の鉄道ファンが一度は乗りたいと夢見る列車でした。関東圏の方でもそうでしょう。ただ、関東から札幌へ向かう夜行列車といえば、やはり北斗星号とカシオペア号です。乗りたいとは思いつつも、わざわざ大阪に出向く手間を考えると、大阪からトワイライトエクスプレス号で・・・とはいかない方も多かったのではないでしょうか。

とはいえ、トワイライトエクスプレス号は、他の一般的な夜行列車とは違い、廃止というものに当分縁のなさそうな列車でした。いつかは乗れるときが来る、と思いながらも、北海道新幹線の新函館北斗開業を待たずに廃止になるというのは、さすがに青天の霹靂でしたね。
普段から寝台券の入手が困難とされる列車ですが、廃止が発表されたとなれば、入手の難易度はことさらに上昇します。

夜汽車の残像は、そこにこういう夜行列車があった、ということをお伝えすることを目的として発足させたコーナーです。乗ることはできなくとも、そこに自分がいたような気分になれた、ということであれば、制作している側としては、まさに自分の思っていた通りの効用を発揮しているということで、たいへんうれしく思います。




晩夏・北の大地、風に吹かれて の完成 貫通扉 投稿日:2014年11月16日 13:08:54 No.229 【返信】

管理者用たいへんお待たせいたしました。
本日、DISCOVER どこか「晩夏・北の大地、風に吹かれて」の42~48ページを公開し、これを以て完成の運びとなりました。

最初の公開(1~10ページ)が9月16日でしたから、ちょうど2カ月で完成させることができました。
旅の長さと製作期間の長さは基本的に比例するので、どうしても、このように時間をかけて作らざるを得ません。手を抜けば期間は短縮できますが、そうはいかないので・・・。
ただ、今日、ようやく全てのページを公開することができ、皆様に完成品をお届けできたことに関しては、安堵の思いがあります。

今回の旅日記では、過去に例がないほどに誤植や欠陥が発見されました。
そのようなものを検知できずに公開してしまったことも申し訳ないことですが、そのことの連絡のために皆様にお手数をおかけしてしまったことは、さらに申し訳ないことです。

今回の旅日記の完成は、皆様のお力添えもあってのことです。ご協力ありがとうございました。





37~41ページ 貫通扉 投稿日:2014年11月09日 00:35:59 No.228 【返信】

管理者用DISCOVER どこか「晩夏・北の大地、風に吹かれて」の37~41ページを公開しました。

今回の公開分は、道内7日目のカシオペア号に乗車する前までの部分です。
これまでの慣例に従えば、道内7日目分の記録とカシオペア号で上野駅に到着したところまでの記録をまとめて一度に公開していましたが、カシオペア号の乗車記はかなり長くなりそう=製作期間も長くなりそうなので、更新間隔がいやに開くことを避けるべく、カシオペア号に乗車する前までの部分だけを先行して公開しました。

間違ったことを記述しないように努めたつもりですが、全てを1人で行っている以上、情報の収集と校閲にも限界があるので、やはりどこかに間違いがあるかもしれません。
見つけられましたら、こちらの掲示板かメールでお知らせいただけると幸いです。





無題 自称鉄道マニア 投稿日:2014年11月04日 22:56:42 No.224 【Home】 【返信】

晩夏・北の大地、風に吹かれての35ページの下の方にキハ130とありますが、正しくはキハ150です。

Re: 無題 貫通扉 投稿日:2014年11月05日 00:00:19 No.227
管理者用すみません。修正いたしました。
これまでの旅日記では、このような間違いはあまりなかったように記憶していますが、今回の旅日記では、たびたび皆様からのご指摘を賜ることになりまして、本当に申し訳なく思うとともに、お恥ずかしい限りです。

このようにして後からご指摘をいただくと、そういえばキハ130は寿命の短かった日高本線用の車両だったということを思い出すことができるのですが、制作しているその当時は、なぜか間違ったものを正しいと思い込んでしまっています。

当サイトは、鉄道に関する詳細な情報を発信することが中心となっているサイトではありませんが、旅日記には、車両の形式をはじめとするさまざまな情報が含まれている以上、知識と情報の発信も行っていることは否定できません。
もし、あれでキハ150形のことをキハ130形であると思い込まれた方がいらっしゃったとしたら、それはつまるところ私の責任となるわけでして、申し訳ないというほかありません。

誤字脱字をなくし、間違った情報を載せず、分からないことは裏をとるまで調べ続けるという姿勢で制作に取り組んできましたが、どこかでその意識の欠如があるようです。
今一度気を引き締めなければと思っています。

他にもまだまだ間違いがあるような気がしてならないのですが、発見された場合は、どうかお知らせいただけると幸いです。



32~36ページ 貫通扉 投稿日:2014年11月03日 22:27:49 No.223 【返信】

管理者用DISCOVER どこか「晩夏・北の大地、風に吹かれて」の32~36ページを公開しました。

今回の更新分は道内6日目分にあたるものです。次は、いよいよ道内最終日の7日目です。実際の旅が終了してから2か月近くが経とうとしていますが、旅日記の制作も、ようやく終了に近づきつつあります。

と言って、本当に完成するのは、結構先のことだと思われるんですが・・・(笑)





<< | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | >>

記事No: 削除キー:

Powered by Rara掲示板
掲示板管理者へ連絡 | 新着投稿をメールで受け取る | この掲示板を支援する